バッカスの夜

この曲の表示回数 4,003

あゝポセイドン 今夜は荒れないで
魚のように 水影で
はてしもなく抱きあう ふたりの海にだけ
白亜の村では 酒祭り
島からしのんで 逢いにきた
1,000すじに燃える髪 舟に乗せて
あなたのくちびるへ
遅れて覚えた いとしさは
ひとよりなまめく 熱が出て
てのひらのムール貝 もう女色

あゝポセイドン 今夜はそのままで
云いよる恋の 波の中
さだめを今 抱きあう ふたりの海にだけ
うっかりしてると 酒祭り
人目を残して 壜が空く
こみあげる胸のたけ ぶつけるには
みじかい夏一夜
乳房がもひとつ 欲しいほど
あなたにしぐさを 導かれ
てのひらのムール貝 もう女色

篝火(かがりび)の流れ木が つきるまで
見させて いい思い
白亜の村では 酒祭り
あなたの私は 恋祭り
またひとつムール貝 ほら女色
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:バッカスの夜 歌手:ジュディ・オング

ジュディ・オングの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-04-21
商品番号:MHCL-357
Sony Music Direct

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP