ひとひらの雪

この曲の表示回数 30,061

可哀相だわ 一緒に泣かせて
密やかに散る ひとひらの恋ね

あなたは愛の巡礼ね
巡り巡る白い神殿は
大理石の肌両手で抱いて
溢れる泉に口づけをした

狂おしいほどに愛を囁き
夜明けになったら旅立つの
やさしい男は それだけで罪

可愛相だわ 男も女も
積もることない ひとひらの雪ね

女も愛の巡礼ね
祭壇の前に額づいて
一人を守ると誓ったあとに
ベールを脱ぎ去り体を開く

過ぎ去る月日は恋ゆえ早い
切ない吐息に急されて
移ろう女の それだけが愛

可愛相だわ 一緒に泣いてね
秘めやかに舞う ひとひらの夢よ

掬い上げたら 幻のように
消えてしまうの ひとひらの雪ね
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ひとひらの雪 歌手:ジュディ・オング

ジュディ・オングの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994/12/07
商品番号:TOCT-8640
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP