絆

作詞:阿久悠
作曲:五木ひろし
発売日:1989/01/25
この曲の表示回数:33,598回

絆
花咲けば 花の憂いを知って
雪降れば 雪の嘆きを知らされる
うつりゆく季節こころに感じ
なおさらに 人のぬくもり想い出す

あなたをもう この手に抱く
しあわせなど 望めなくて
わたし ひとりで 口ずさむ

かごめ かごめ
籠の中の鳥は
いつ いつ 出やる
女が泣いて
雨降る夜に
こっそり出やる……

寄りそって 生きる明日もあれば
とこしえの 夢を求めることもある
さびしさも 愛の証しと思い
消え残る 肌の匂いに酔いしれる

ふるえる手で 書きつづける
終わりのない 手紙に似て
わたし 今でも 恋しがる

かごめ かごめ
籠の中の鳥は
いつ いつ 出やる
女が泣いて
雨降る夜に
こっそり出やる……

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません