この曲の表示回数 20,598
歌手:

五木ひろし


作詞:

阿久悠


作曲:

五木ひろし


花咲けば 花の憂いを知って
雪降れば 雪の嘆きを知らされる
うつりゆく季節こころに感じ
なおさらに 人のぬくもり想い出す
あなたをもう この手に抱く
しあわせなど 望めなくて
わたし ひとりで 口ずさむ
かごめ かごめ
篭の中の鳥は
いつ いつ 出やる
女が泣いて
雨降る夜に
こっそり出やる……

寄りそって 生きる明日もあれば
とこしえの 夢を求めることもある
さびしさも 愛の証しと思い
消え残る 肌の匂いに酔いしれる
ふるえる手で 書きつづける
終わりのない 手紙に似て
わたし 今でも 恋しがる
かごめ かごめ
篭の中の鳥は
いつ いつ 出やる
女が泣いて
雨降る夜に
こっそり出やる……
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:絆 歌手:五木ひろし

五木ひろしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1989-01-25
商品番号:32NT-147
徳間ジャパンコミュニケーションズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP