あそばれた男

この曲の表示回数 16,436
歌手:

吉幾三


作詞:

吉幾三


作曲:

吉幾三


悲しみのせて北へ走る 夜行列車は
去年もこんな事が あった気がする
夢が夢が こわれて行く
愛が愛が くずれて行く
これが五度目の 大失恋
年に一度の 行事なのか
ふられ男のみじめさを のせて奥羽線

くやしさ乗せて北へ向う れんらく船は
俺の泪も粉雪で こおりつくようだ
アホなアホな 男が泣く
腰が腰が くずれて行く
これが五度目の 大失恋
これが五度目の 里がえり
ふられ男のさみしさを のせて北斗号

アホなアホな 男が泣く
腰が腰が くずれて行く
これが五度目の 大失恋
これが五度目の 里がえり
ふられ男のさみしさを のせて札幌へ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:あそばれた男 歌手:吉幾三

吉幾三の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013-03-06
商品番号:TKCA-73877
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP