試聴する

上弦の月

この曲の表示回数 33,381
歌手:

加藤和樹


作詞:

黒うさ


作曲:

黒うさ


花道を薄く照らして
寄せ木細工 音を奏でた

艶やかな上弦の月
雲に消えた 傘もないのに

朝がきてそれが春の霜解(しもど)けの様に
凍てついた恋がいつか 熱く流れるならば

終わらない雨の中で抱きしめて
貴方が答えを隠しているのなら

変わらない声でどうか囁いて
壊れた心をせめて包んで

傾いた気持ちはやがて
秘密ばかり増やしてたこと

また一つ「変わらないで」と
頬の紅を崩してたこと

降り続く雨がやがて洗い流した
鮮やかな色を付けた雪の椿の様に

仮初の夢がいつか覚めたなら
貴方を探して何処へと進むだろう

ささやかな願い事をしたことも
見渡す景色も忘れてくだろう

遥か遠く離れてそれはとても儚く

過去も現在(いま)も全てを
託していくなら

終わらない雨の中で抱きしめて
貴方が答えを探しているのなら

雪椿 紅く染まる花びらに
今宵を預けて迷い続けた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:上弦の月 歌手:加藤和樹

加藤和樹の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013-04-24
商品番号:AVCD-48563
avex trax

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP