試聴する

通り雨

この曲の表示回数 9,001
歌手:

LAST ALLIANCE


作詞:

MATSUMURA


作曲:

MATSUMURA


夢食い竜が飛び交う 満たされない夜空に
淋しげな顔した暁の背中を見た

通り雨はいつも何の気なしに 不条理と手を繋いで現れ
時をかけ乾かしたエナジー ご丁寧に濡らしては姿消すんだ

強気な僕と弱気な影
いつだってそうさ両者入り乱れの
乱反射するおとぎ話

かざした掌の隙間から溢れた一雫で
あっけなく奪われた泡沫の日々

横殴りの冷たい通り雨
相変わらず容赦してくれないようだ
やりきれずの舌打ち鳴らすなら
おくびにも見せずに鼓を打ち舞うさ

雨宿りなんて所詮小休止
どうせまた濡れるなら乾くのを
待つのはもう終わりとしよう

夢食い竜が飛び交う 満たされない夜空に
淋しげな顔した暁の背中を見た
それでも僕は君にもし出会わなければ…
うんざりする夜の終わりに 二つの影

その両手では抱えきれなくなって
思いもここに置いてくのかい?

夢食い竜は飛び立つ 雨上がりの朝靄
淋しげな顔した暁の背中を見た
それでも僕は君にもし出会わなければ…
水溜まりが映し出すのはあの日の影空風が頬の涙を優しく拭ってくれた日の
陽だまりは無様な僕をなぐさめてくれたんだ
変わり行くすげない景色に 変われないままの僕ら重ね
いつしか「優しさ」という名の「ズルさ」まとっていた

行かないでくれ ここに居たいんだ…
か細く生まれたわずかな灯を、僕ら…

怯えながら震えながら 消えてはなくならないように
ひたむきに灯して揺らして
「ここに居るんだよ」とあなたへの想い放つんだ

一秒が一日になり 一秒が一日を変えて
たやすく裏切る虹より 夕焼けを信じてた

沈む橙が昇る光へ望み託して
また立ち上がって、僕は…

霧がかった森を進み 振り返って足あと探し
動けずただ立ちすくんで
落としてきた言葉拾い集めてさまようんだ

燃やすんだ儚いストーリー 照らすんだ希うヒカリ

さぁ、迷えるこの森を抜け か細く消えそうな「優しさ」を
絶え間なく灯し続けよう すべてが消えてしまったって
あなたへの望み灯すんだ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:通り雨 歌手:LAST ALLIANCE

LAST ALLIANCEの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013/03/20
商品番号:VPCC-81764
バップ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP