雨夢楼

作詞:ひとしずくP
作曲:ひとしずくP
発売日:2013/01/23
この曲の表示回数:12,635回

雨夢楼
儚い言葉ね
「迎えに行くよ…待っていて」
時を重ね 季節が巡っても、まだ
信じて 待ってる

はらり 雪が舞う夜空
綻びた着物を着て
震える肩を寄せ合う
貧しい孤独な幼子

明るく笑う瞳は
俯き憂う瞳は
互いの傷を映して
生きることを誓った

宵闇に誘うは 花魁草
甘い蜜に舞う夜の蝶
奇麗な着物 なびかせて
乱れて 咲かせて
誰より輝く
華になって魅せる

ねえ、儚い言葉ね
「ずっと、一緒にいようね」
季節が巡って 大人になってもまだ
信じていいの?

あの日から全て、始まった
夕暮れに染まる約束
寂しい心、
気付かれぬように
醒めない夢に溺れてる

黄昏に染まる街で
人知れずに恋をした
想いを告げることさえ
叶わずに ただ見つめる

優しく笑う瞳の先に
微笑むその華
密やかな 恋心は
音をたてて 崩れた

想い 想われが
常夜の調べ
色なき闇の幻想よ
“愛サレル”のが“シアワセ”ならば
ワタシは… アナタは…
誰よりずっと 幸せなはずなのに

ああ 儚い言葉ね
「迎えに行くよ…待っていて」
「アイシテイル」と
言われる度に
生きる価値、確かめて
「でも、それなら何故 今すぐに
攫っていってくれないの…?」
込み上げてきた 虚しい叫びは
言葉にできず 消えていった

夜明けとともに消えていく
偽物の愛の骸
全てが夢だったなら…
泣かないでいられたのに
「いつまでも待ってるから…」
宵闇に誓った約束は
儚い華とともに
消えた

遠い日の 夕暮れ
約束 覚えてる?
「二人で並んで歩こうね」
きっと、いつか…

ああ 儚く消えてった
可憐な華と初恋よ
季節が巡って 大人になっても
治らない傷跡残して
夕暮れの夏の日
叶わない約束を今
私は独り たった独りで
宛もなく 待ち続ける

夕暮れに誓ったまま
全てが夢だったなら…

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

この曲のフレーズを投稿する

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

RANKING

ひとしずくP[鏡音リン・初音ミク]の人気歌詞ランキング

ひとしずくP[鏡音リン・初音ミク]の新着歌詞

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

リアルタイムランキング更新:AM 12:30

  1. ツイてるねノッてるね
  2. ひとりで生きていたならば
  3. Cloudy Day
  4. さらば上海
  5. Kartell

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. U
  2. REAL
  3. 来年の夏。
  4. 夢醒めSunset
  5. Ordinary days

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照