それを青春と呼ぶ日

この曲の表示回数 16,873
歌手:

旅立ち卒業組(SKE48)


作詞:

秋元康


作曲:

毛塚雄太


誰もいない劇場(シアター)
灯りの消えた狭いステージ
客席の真ん中で
私は別れを告げる

同(おんな)じ夢を目指して
仲間と歌い踊り続けた
あの日の汗や
ひたむきさを
思うだけで胸が締め付けられる

ありがとう
過ぎ去った日々よ
私のすべて
振り向けば
つらかったことさえ
輝いてる
大切なその記憶を
ずっと この胸に抱いて
何も後悔ない足跡
それを青春と呼ぶ日が来た

客席から見えた
私は頑張っていたのかな?
ステージのその姿
誰かに誉めて欲しかった

自分の道が見えずに
何度も辞めようと思ったけど
他のメンバーの頑張りを見て
自分に足りないもの気づかされた

ありがとう
新しい道よ
私の未来
どこまでも
太陽がその先を
照らしている
ゆっくりと目を閉じれば
きっと 思い出すでしょう
いつか帰って来るこの場所を
それを青春と呼ぶ日が来た

ありがとう
多くの仲間よ
見守る人よ
なぜだろう
この頬を濡らすのは
寂しいから
ゆっくりと上を向いて
涙 我慢して笑う
もっと素敵になって会おうね
それを青春と呼ぶ日が来た
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:それを青春と呼ぶ日 歌手:旅立ち卒業組(SKE48)

旅立ち卒業組(SKE48)の新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013-01-30
商品番号:AVCD-48655
avex trax

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP