カラオケ流し

この曲の表示回数 17,204
歌手:

三ツ橋けんじ


作詞:

木未野奈


作曲:

芽大介


函館を ふりだしに
一年 三百六十五日
カラオケ流しの夜がくる
今晩わ 演歌だけしか唄いませんが
夢にはぐれて 飲む人に
丁度いい歌 もってます
゛涙の酒″はいかがです

石狩を左手に
冬から春への 小樽の夜は
屋台のにおいがにあんだなァ
今晩わ 演歌だけしか唄いませんが
マイク片手に 薄野の
夜を流しに 着いたとこ
ちからいっぱい 唄います

雪の中 旭川(あさひかわ)
今夜の泊りは 赤ちょうちんの
おやじを相手に のみくらべ
今晩わ 演歌だけしか唄いませんが
亜紀に 美幸に はるみ節
釧路帯広苫小牧(とまこまい)
女こころが わかります
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:カラオケ流し 歌手:三ツ橋けんじ

三ツ橋けんじの新着情報

  • 漁師浜 / ♪俺が育ったこの荒海へ

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-06-05
商品番号:TOCT-9466
EMIミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP