カラオケ流し

三ツ橋けんじ

カラオケ流し

作詞:木未野奈
作曲:芽大介
発売日:1996/06/05
この曲の表示回数:27,334回

カラオケ流し
函館を ふりだしに
一年 三百六十五日
カラオケ流しの夜がくる
今晩わ 演歌だけしか唄いませんが
夢にはぐれて 飲む人に
丁度いい歌 もってます
゛涙の酒″はいかがです

石狩を左手に
冬から春への 小樽の夜は
屋台のにおいがにあんだなァ
今晩わ 演歌だけしか唄いませんが
マイク片手に 薄野の
夜を流しに 着いたとこ
ちからいっぱい 唄います

雪の中 旭川(あさひかわ)
今夜の泊りは 赤ちょうちんの
おやじを相手に のみくらべ
今晩わ 演歌だけしか唄いませんが
亜紀に 美幸に はるみ節
釧路帯広苫小牧(とまこまい)
女こころが わかります

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

RANKING

三ツ橋けんじの人気歌詞ランキング

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません