少年の風

この曲の表示回数 5,484
歌手:

西島三重子


作詞:

門谷憲二


作曲:

西島三重子


昔はずいぶん話したね
どこにいこうかと地図なんか広げ
Jasmine-tea さえ冷めてしまう
二人してもの静か

電話もならない日曜日は
どことなくあなた淋し気な風情
少年の羽を広げたくて
ぼんやりと空を見て

穴をあけた新聞
顔にあててみれば
なるほどねあなたの瞳に
いたずらな少年の風たち

しばりつけたのはどちら
ひとめぼれなんかして

男の勝手は昔からよ
用事もないのに女を残して
七つの海からお呼びですと
偉そうに船出する

たとえば私が男ならば
いろんな女を泣かせてもみたい
愛がひとつなら淋しすぎる
なぜか今あなただけ

シャツの胸をあけて
刺激的なポーズ
それさえも気づかないはずね
その目には少年の風たち

旅に出かけてもいつか
ここに帰るなら O.K.
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:少年の風 歌手:西島三重子

西島三重子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-09-01
商品番号:TECE-1033
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP