思い出を盗んで

この曲の表示回数 21,371
歌手:

オフコース


作詞:

小田和正


作曲:

小田和正


誰にでもやさしくするから
それだけ私が離れている

止めどなく押しよせてくる
不安な気持はあなたのせい

あなたの代わりに誰かを愛せない
行かないで

喋りすぎた冬の日の午後は
こぼれ落ちた愛の始まり

まるであなたは見知らぬひとのように
かけがえのない思い出を盗んで
眼の前で背を向けた
呼びとめても

すべて生命あるもののように
流れるままに身を任せれば

すべて生命あるもののように
やがて訪れる永遠の眠り

すべて生命あるもののように
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:思い出を盗んで 歌手:オフコース

オフコースの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-03-28
商品番号:TOCT-10250
iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP