試聴する

風酒場

この曲の表示回数 14,402
歌手:

美空ひばり


作詞:

吉田旺


作曲:

朴椿石


噫………
酒のやさしさ 苦っぽさ
いやというほど 滲みた夜は
背(せな)でしくしく 古賀メロディが
泣くな泣くなと 泣いてたなあ

噫………
暗いとまり木 折り鶴を
たたむ女の よこ顔に
別(き)れたあいつの 行方が何故か
ふっと気になる 夜更け頃

噫………
人のぬくもり 欲しさに
知らぬ同志が 肩ならべ
注いで注がれて 憂き世のうさを
もやい酒する 風酒場
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:風酒場 歌手:美空ひばり

美空ひばりの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1989-12-10
商品番号:CA-4125-6
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP