GOLD LYLIC 

アスパラ

この曲の表示回数 142,533
歌手:

aiko


作詞:

AIKO


作曲:

AIKO


あの子の前を上手に通る癖覚えたのは
もうずいぶん前の事長いなぁ
あなたの視線追うと必ずいるあの子の前を
通り過ぎてる事であたしに気付いて欲しくて

すぐそこの曲がり角で聞こえてきたんだあたしの耳には
あの子を想う気持ち声になって
その先は言わないで聞きたくない

アイスは溶けてただまずいだけ
あたしの心もおいしくないわ
指の方まで流れてしまってもう誰も振り向いてくれない

折れた鉛筆の先はどこへ飛んで行くのだろう
あなたに宛てた手紙いつも渡せないまま
昼すぎの教室から聞こえてきたんだあたしの耳には
あの子の笑い声と一つになって
走り去るこの廊下とても遠い

喉が乾いてただ痛いだけ照りつける陽射しかわいくないわ
泣きたかったのにあたしの顔は 「認めるしかない」と笑った

アイスは溶けてただまずいだけあたしの心もおいしくないわ
指の方まで流れてしまってもう誰も振り向いてくれない
今年もまた思い出すなぁ あの空あの道あなたの顔
汗の止まらない1時の廊下
思わず目を閉じた夏の日
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:アスパラ 歌手:aiko

aikoの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001-02-21
商品番号:PCCA-01525
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP