LATE SUMMER LAKE

この曲の表示回数 18,020
歌手:

松任谷由実


作詞:

松任谷由実


作曲:

松任谷由実


すいたワインディングロード駆けおりると
鉛色したレイク
冷えてきた風がちぎってくシーズン
サングラスを走る雲

ああ 変わったね
もう どうだっていいけど

きみにとても会いたいよ
心が帰れないよ
鍵のおりたサマーハウスを
通りすぎても誰もいない

一夜限りのポロシャツ娘たち
今頃どうしてるだろう
お嫁に持ってゆかない思い出は
アルバムに貼りはしない

ねえ 恋しましょ
ねえ 誰だっていいから

きみにとてもききたいよ
若さは幻かと
堕落は虹の光に
哀しいほど似ているかと

きみにとても会いたいよ
心が帰れないよ
かすかに浮かんでたRainbow
消えてくようにやりきれない

きみにとてもききたいよ
若さは幻かと
堕落は虹の光に
哀しいほど似ているかと

きみにとても会いたいよ
心が帰れないよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:LATE SUMMER LAKE 歌手:松任谷由実

松任谷由実の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-02-24
商品番号:TOCT-10652
EMI Records Japan

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP