試聴する

深海と空の駅

この曲の表示回数 9,422

一時五分の
遠いモノレールは
音もたてずに海の底から出る

曇らない窓ごしに額あてれば気づいた
きみも睫毛の先では孤独を感じてる

意味ある日を祈る僕の弱さを見て

走る流線形をえがく風に
きみは飛び乗る
声もなく ただ微笑んで手を振る

六時五分の
淡いモノレールが
こぼす刺激を今だけはその手がなだめて

走る流線形を照らす月は
きみの波打つ髪の先まで染めるだろう

ああ 沈んだ海の底 えがく波は
何も生まない そう思うほど
きみの影 触れては消えてく 光と
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:深海と空の駅 歌手:感傷ベクトル

感傷ベクトルの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2012-08-03
商品番号:VICL-63866
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP