この曲の表示回数 9,352
歌手:

Hello Sleepwalkers


作詞:

シュンタロウ


作曲:

シュンタロウ


枯れない花が枯れて
終わらない歌が終わって
仕方なく僕は笑って
なんとなく日々を見限って

それもちょっと寂しくなって
叫んでみたけど虚しくて
再び無力を味わって
そうやって
そうやってここにいる

街の明かりがぼんやりと
映すよ心をぼんやりと
おかしいな空がこんなにも
遠くにあるのは

まだ僕は夢を見てる
誰かも解らない背中を追って

何もかも全部放り出してしまいたくなるような夜は
自転車飛ばして追っている
もう戻れない過去

錆びた車輪の泣き声は
冬の空によく響いて
本当の僕の泣き声を
掻き消してくれた

冷たい風が頬に当たる
胸の中に穴を空ける
君と裸で抱き合った
部屋はあの頃のままだ

何もかも全部放り出してしまいたくなるような夜は
自転車飛ばして追っている
もう戻れない過去

錆びた車輪の泣き声は
冬の空によく響いて
本当の僕の泣き声を
掻き消してくれた

君と裸で抱き合った部屋は
あの頃のままだ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:21 歌手:Hello Sleepwalkers

Hello Sleepwalkersの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2012-06-06
商品番号:AZCS-2019
A-Sketch

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP