冬が来る前に

この曲の表示回数 24,138
歌手:

amazarashi


作詞:

秋田ひろむ


作曲:

秋田ひろむ


冬が来る前に 夜半の波止場でビールを飲もう
星座の肩に腰掛けて 溜息も潮風も似たもんさ

冬が来る前に 三保野公園で草滑りしよう
水飲み場の横の柱にさ これまでの失敗も掘り刻もう

冬が来る前に 忌々しいこの街を踏み鳴らそう
池袋駅前中央分離帯 ずっとそこで待っている

冬が来る前に 冬以外の四季を縫い合わそう
そいつをコートに仕立てて襟立てて 凍えて僕は待っている

二度と来ないものを待っている 二度と来ないものを待っている
昨日が来るのを待っている ずっとそこで待っている
ずっと待っている
ずっと
ずっと
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:冬が来る前に 歌手:amazarashi

amazarashiの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-11-16
商品番号:AICL-2321
SMAR

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP