猫とハーブティと音楽と

この曲の表示回数 3,157
歌手:

Fairy Story


作詞:

森由里子


作曲:

羽岡佳


ハーブティ淹れて
頬杖ついて
ふと テレビを消したら
夜が黙る

音楽かけると
流れるあの日
そう 迷いと願いを
紡いだあの頃

幾つ失くして
幾つ叶えたかな?
まだ輪郭の
ぼんやりした夢でも

夢見る頃 過ぎても 夢を見て
歩きたい まだ見ぬ明日のために
眠りに就くその前 今日もまた
呟いてみる 昨日の悩みに
'おやすみ'

悔やんではいないの
彼と別れて
今 なにげにひとりで
働いてること

膝の子猫も
あくびしているから
もう 眠りましょう
ねえ日付が変わるよ

夢見る頃 過ぎても 夢を見て
生きてたい 新しい朝のために
明日の前 これから見る夢が
素敵になると 願って 今夜も
'おやすみ'

過ぎた日々に ありがとうと
いつも言う私になりたいから

夢見る頃 過ぎても 夢を見て
歩きたい まだ見ぬ明日のために
眠りに就くその前 今日もまた
呟いてみる 昨日の自分に
'おやすみ'
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:猫とハーブティと音楽と 歌手:Fairy Story

Fairy Storyの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-10-26
商品番号:MMCC-4293
ジェネオン・ユニバーサル

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP