月物語(アルバムバージョン)

この曲の表示回数 15,532

眉月(まゆづき)の舟に揺られ
流れ着く夢の果て
一度の逢瀬 許したら
二度が三度に続くもの

弦月(ゆみはり)の月の先が
よこしまな紅を引く
悪い女になったのは
ずるい男のせいでしょう

愛されたくて
愛されたくて
雨夜(あまよ)の月は満ちてゆく

愛されるほど
愛されるほど
ひとりの月は欠けてゆく

十六夜(いざよい)の空を拭う
ためらいの指の痕(あと)
誰か不幸にしなければ
恋は叶わぬものですか

愛されたくて
愛されたくて
真昼の月も覚悟して

愛されるほど
愛されるほど
ふたりの月は霞んでる

有明の月に濡れて
残り香に涙する
馬鹿な女で通すのは
好きな男のためでしょう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:月物語(アルバムバージョン) 歌手:五木ひろし

五木ひろしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP