女の始発駅

この曲の表示回数 7,243
歌手:

三船和子


作詞:

三園みよじ


作曲:

伊藤雪彦


凍りつきそな 指さきに
かける涙の 白い息
みおくる人も いないのに
ふり向きながら 汽車にのる
あなたを忘れる 女の始発駅

雪の灯りの 角館(かくのだて)
いつか歩いた 武家屋敷
夫婦茶わんを かいこんで
使えるその日 まっていた
一ツが終わった 女の始発駅

今度どこかで 逢う時は
かわい女で 逢いたいの
荷物をはこぶ おばあちゃんが
ほほえむ北の ローカル線
今日から出直す 女の始発駅
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:女の始発駅 歌手:三船和子

三船和子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-10-20
商品番号:TOCT-24214
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP