女の出発

この曲の表示回数 6,028
歌手:

斎藤恵子


作詞:

一倉宏


作曲:

三木たかし


肩にまわした 男の腕を
ごめんなさいと 振りほどく
結婚話は うれしいけれど
甘えられない 意地もある
ほれてほれぬく 仕事がしたい
いちど生まれて きたからは

なんどコケても すぐ立ちあがる
どうせ女のかすり傷
きれいと言われて よろこぶような
蝶よ花よのひとじゃない
生かす殺すも 自分のいのち
賭けて知りたい 可能性

それじゃさらばと 髪かき上げて
ひとり出てゆく エレベーター
はたらくだけなら 誰でもできる
燃やすいいのちは 何のため
現代社会の嵐にたえて
生きる手ごたえ つかむまで
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:女の出発 歌手:斎藤恵子

斎藤恵子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP