2100年の東京タワー

この曲の表示回数 3,767
歌手:

長谷川明子


作詞:

笹公人


作曲:

HIDE-AKI


いまこの瞬間に
未来がうごきだす

火曜日の理科室でひとり
フラスコをながめていたら
ふくらむ君の瞳

ぼくたちの未来はきっと
いまこの瞬間(とき)がつくるのさ
そう言って立ち去った

ほんとうは……
(未来の人ね?)
問い詰めれば
夏の非常ベルが鳴るよ

ねぇ 2100年の 東京タワーも
赤く炎(も)えているの?
いま 夕暮れのせまる廊下で
せつなく目を伏せた君

アスファルトに咲いた花を
見つけて 急に黙りこむ
深刻な顔はやめて

捨てられたテレビモニターに
映った未来の戦争(たたかい)
知らない君の姿

きらいだよ
(なんて嘘ついて)
気を引いたら
やさしく微笑んでくれたね

ねぇ 2100年の 少女たちにも
恋の悩みはあるの?
いま 流れゆく時の狭間で
だいすきって叫びたいよ

ふたりが迷いこむ
時間のラビリンス

ほんとうは……
(未来の人ね?)
問い詰めれば
夏の非常ベルが鳴るよ

ねぇ 2100年の 東京タワーも
赤く炎(も)えていたの?
いま 夕暮れのせまる廊下で
何かを言いかけた君

LaLaLaLaLa……
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:2100年の東京タワー 歌手:長谷川明子

長谷川明子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-07-07
商品番号:VGCD-1048
ジェネオン・ユニバーサル

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP