試聴する

ひとり十六夜

この曲の表示回数 8,566
歌手:

伊藤美裕


作詞:

吉元由美


作曲:

川口真


行くあて知らずの心を残して
真夜中の街をただ歩いていたわ
ファミレスのコーヒー
本の一冊も持ってたら
様になるけど

あなたの嘘が 胸に痛いの
目を合わせずに
会えない言い訳して

別れ言葉が 愛したしるしと
古い歌みたいで笑っちゃうわね
いざよいながら 昇る月のよう
泣けたなら 夜明けが来るかしら

男と女の恋の行く先に
勝ち負けがあるのなら教えてほしい
好きでしょうがない
ただそれだけで幸せと言えないのかと

心変わりはとめられないね
あなたは少し
正直すぎただけよ

コートをはらり 軽く脱ぐように
さよならを言えたらかっこいいね
十六夜月が私を見ていた
泣けるまで 思い出が滲むまで

別れ言葉が 愛したしるしと
古い歌みたいで笑っちゃうわね
ひとり十六夜 夜明けの気配に
まだ残る月影 滲んでる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ひとり十六夜 歌手:伊藤美裕

伊藤美裕の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011/04/20
商品番号:COCA-16463
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP