希望の羽

この曲の表示回数 4,649
歌手:

霜月はるか


作詞:

霜月はるか


作曲:

myu


窓の外眺めてる僕に
(げんきがないの どうしたのかい?)
一羽の小鳥が舞い降り 不思議そうに訊ねた

ぐるぐる心は揺れて迷っている

ああ 僕には飛び立つ勇気がない
fly! だけどこの広い世界を見てみたいな
君の背中の羽が僕にもあればいいのに

小鳥は小さく頷いて
(だれもがみな おもうことさ)
僕のてのひらに飛び乗り tululu 一つわらった

ごらん君の手は何でも掴めるだろう

うらやむことばかりじゃ 何も始まらないから
出来るはずのことさえ 見失っていないかな?
tululu tululu みんなおんなじ
君だけの原石が君の中にもあるだろう

さあ 大きく息吸って 目を開けて
shine! 扉をひらけば 新しい出発のとき
行こうよ 自分を信じる心忘れずに
どこまでも続いてる空の向こう側まで
sky! 嵐の夜も越えてゆける力になる
僕に広がる希望の羽 ここから解き放とう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:希望の羽 歌手:霜月はるか

霜月はるかの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-09-22
商品番号:LHCA-5015
メロウヘッド

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP