向日葵

この曲の表示回数 9,078
歌手:

うさ


作詞:

minato


作曲:

minato


掌から 伝う温度が切なく
あの日の影 笑顔と声
ぼやけて見えなくなってく

例えいつか想い出になるとしても
貴方と居た 季節はまた
形を変えて巡るよ

照らし出す光が 昨日を映し出す
あの日植えた向日葵が揺れている
夏の日の暑さが 頬を伝った何かを汗で
隠している

遠く離れるまで 言いたい事はまだ
何もかも全部声に出せないまま
湿った風の中 ひらり落ちた花を手に取って
集めていた

照らし出す光が 明日を映し出す
あの日植えた向日葵が咲いていた
貴方が居なくても 手を離しても
確かな存在(いま)を感じられる

今なら言えるのに何故か言葉にならない
涙が溢れていた事に 気付いた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:向日葵 歌手:うさ

うさの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011/03/09
商品番号:AVCD-38194
avex trax

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP