TOKYOタワー

この曲の表示回数 4,819
歌手:

諫山実生


作詞:

夏野芹子


作曲:

諫山実生


今日もまた寄り道して歩いている
靴のつま先がすり切れてた

なにひとつ 忘れられない人がいるの
角を曲がるとき 逢えるかもと思う

胸騒ぎをくれる街 あなたは夢を叶えたころかな
取り戻したい未来へと 帰ろうよ 帰ろうよ

目が覚めて泣いてるのは 情けなくて
弱さ認めたら それが強さだった

別れるその日もわたし あなたの夢に素直になれずに
いつも空が憎かったよ 眩しくて遠すぎて

胸騒ぎは幻と 気づかないフリして笑ってたけど
受け入れたら変わるだろう サヨナラを サヨナラを
もう言える だから空を見せてよ東京タワー
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:TOKYOタワー 歌手:諫山実生

諫山実生の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007/03/07
商品番号:TOCT-26220
EMIミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP