雨のむこうがわ

この曲の表示回数 12,420
歌手:

南野陽子


作詞:

浅岡智子


作曲:

木戸泰弘


ガラスのむこうは 濡れた街角
人波とけてく 背中を見てた
優しい瞳で 告げた さよなら
気づいていたのよ 彼女のこと

切なさを 止めて
イニシャル刻んだ 小さなペンダント
あなたが残した 冷めたアール・グレイに
沈めたけれど

あの日から心は ずっと雨降り
さしかける傘もない
窓をつたう 銀のしずくみたいに
おちてゆく 一人きり

恋人同志ね 夢の中だけ
まぶしい渚に ふたつのシルエット
とまどう素足に 打ち寄せる波
さらわれそうだと 抱きしめあった

ふいに目が覚めて
鳴らない電話に 想いをたくす
指でたどるナンバー 最後のひとつは
涙になった

あなたを想う時 いつも雨降り
寄り添える傘はない
静かに流れてく 季節みたいに
想い出を 溶かしたい

あの日から心は ずっと雨降り
さしかける傘もない
雨のむこうがわの 陽射しのように
いつの日か 微笑みに
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雨のむこうがわ 歌手:南野陽子

南野陽子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011/02/09
商品番号:MHCL-20122
ソニー・ミュージックダイレクト

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP