酔いどれ女の流れ歌

この曲の表示回数 22,002

酔いどれ女が 今夜も一人
酒場でグラスを 抱いている 睫を濡らして
惚れた男に 生命を預けて
流れ流れた夜の川 男はもういない

酔いどれ女が ルージュを噛めば
さすらい暮らしの 流れ舟 まぶたをくだるよ
消えた男にゃ 未練はないが
冷たいグラスに故里(ふるさと)が 切なく揺れるのさ

酔いどれ女の 行き着く先は
知っちゃいないさ 夜鳴鳥 ねぐらもないのに
雨に濡れながら 口ずさむ歌は
酔いどれ女の流れ歌 巷の風の歌
酔いどれ女の流れ歌 巷の風の歌
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:酔いどれ女の流れ歌 歌手:森本和子

森本和子の新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999/08/04
商品番号:VICL-41081
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP