試聴する

黒衣の放浪者

この曲の表示回数 7,662
歌手:

少女病


作詞:

少女病


作曲:

ピクセルビー


「幾つもの国々を見て回る旅を続ける、
どこか影のある憂いを背負った青年。
黒衣の青年は、不死なる魔女の一人、
アイリーンの影響下にある街を睥睨していた」

疲弊する 寒々しい雑踏
酷く重苦しい街は 夜に蝕まれ
歪に滲んだ 粛清に風はさざめき
幻想に終止符を刻んだ無辺の爛れた闇

風説の真偽など荒廃した
この風景をみたなら 疑うこともできはしない

キミの名をその欠片を 白夜の果てにまで連れていこう
どこにもそんな場所はないのだとわかっていても
罅割れたその欠片に 虚勢ではない無傷の姿を
いつか示し探そう 未来の物語――――

忘れえぬ あの日起きた過ち
大切な絆 存在を失った過去
その影は重く 今は絆というモノに
途方もない憧れ 抱きながら踏み出せずにいた

他人との距離を置き 関わらない
それは逃げでしかないと 自責の念を内に秘めて

『キミならばどう言うだろう?』 そんなことばかりを考えては
成長しない自分に 嘆息し拳を握る
隔たれた星の欠片 孤高の旅路に終わりは見えず
空虚に巡り彷徨う、そんな物語――――

「この国から得るものは何もないと、旅を急ごうとする青年。
そんなとき、魔女が黒狼という種族の動物達を捕らえ、
無理矢理に使役しているという話を耳にしてしまう」

熱量が奥底から 膨れ上がるようなその感覚
どこにもそんな感情はないのだと思ってたのに
罅割れたこの心を 虚勢でしかない傷ついた瞳を
今は隠して踏み出そう 闇を屠り

かつての親友の遺品 黒狼の牙での首飾り(collier)
俯き握り締めて 切り拓くは未来の物語――――

「孤高の旅を続けるその黒衣の放浪者の名は、ルクセイン。
その眼光はまるで獣の牙のように鋭く。
過去を恨みながら、遠く先を見据えて……」

「もう道を違えることはしない。俺は――――」
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:黒衣の放浪者 歌手:少女病

少女病の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-12-08
商品番号:LACA-15071
ランティス

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP