ホームにて

この曲の表示回数 7,612
歌手:


作詞:

スガシカオ


作曲:

スガシカオ


また誰か 今日もギターをつま弾いてる
街の音に混じって オロロンと鳴いています
昨日 父親のインクの臭いがする手で
殴られたあとが グズグズと痛むのです

駅のホームの上 私の体 風が通り抜けていく時
春の魔法にかかってしまったみたい…
まるでこの世界が 私のことを 私のだらしない全部を
何もいわずに抱きしめてくれそうな夜

なんか日曜日の深夜の番組みたい
時々 誰のために私はいるんだろうと思う
古いエスカレーター くたびれた色してるベンチ
蛍光灯の下で ソワソワふるえています

やわらかい風 私の胸に 吸いこんだその瞬間
春の魔法にかかってしまったみたい…
誰にもいわず あの日私があきらめてしまった全部を
それでいいんだって 許せてしまいそうな夜

駅のホームの上 私の体 風が通り抜けていく時
春の魔法にかかってしまったみたい…
まるでこの世界が 私のことを 私のだらしない全部を
何もいわずに抱きしめてくれそうな夜
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ホームにて 歌手:松浦亜弥

松浦亜弥の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-11-24
商品番号:EPCE-5732
UP-FRONT WORKS

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP