螢駅

角川博

螢駅

作詞:たかたかし
作曲:望月吾郎
発売日:1998/05/21
この曲の表示回数:27,492回

螢駅
富士川(ふじがわ)沿いに 身延(みのぶ)線
螢の駅は むかしそのままに
久しぶりです
あなたの肩に寄り添えば
川の瀬音も なつかしく
あの日が駆け足 想い出つれてくる

木立の風も 闇にとけ
飛び交う螢が 水面(みなも)をそめる
すきといわれて
抱かれた夜も螢火が
雪見障子にゆれていた
おぼえてますか 二人のあの夜を

星降る風の 駅灯り
湯もやに霞む 下部(しもべ)の宿よ
あなた注(つ)ぎたす
しあわせ酒に しみじみと
酔ってあまえる 湯の町は
卯(う)の花月夜(はなづきよ)に 静かに晩(ふけ)てゆく

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

リアルタイムランキング更新:04:45

  1. みれん節
  2. 終電車
  3. Hello Again, JoJo
  4. 連載小説
  5. 哀愁の雨

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 僕らの季節
  2. We Alright
  3. Have a nice day
  4. 雲外憧憬
  5. 料理

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照