この曲の表示回数 18,788
歌手:

hitomi


作詞:

hitomi


作曲:

hitomi


自分の探すスピードと 街の中に
ずっと迷い込んでたね
時計の針少しだけ ズラしておいたら
いつもと違う明日になるかな

傷つく事も恐れず話せたら
どれだけ早く前に進めたんだろう
自分らしくある為だけに

白いシャツを洗いざらしで
髪をなびかせ空みて歩いた
心残りはもう何も無いよね
ホラ今なら間に合う
青く晴れた空が好きで
遠く見える未来を集めて
風が髪をすりぬけて行くけど
ホラ今なら手が届く

思いどおりにならない長い道は
幾つもの輝きに出逢える

投げ出す勇気がもしあるとしたなら
僕らは何処へ向かっていたのかな
特別なすべも知らずに

熱く日差しが胸を開いて
忘れかけてた素直さ信じて
明日は明日の風が吹く何処かに
未来のレールはある
僕が見つめた星のように
小さく大きく自分の光で
傷負った心の羽を抱きしめ
果てしない空へつづく

白いシャツを洗いざらしで
髪をなびかせ空みて歩いた
心残りはもう何も無いよね
ホラ今なら間に合う
青く晴れた空が好きで
遠く見える未来を集めて
風が髪をすりぬけて行くけど
今ならまだ手が届く
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:空 歌手:hitomi

hitomiの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998/04/22
商品番号:AVDD-20243
エイベックス・トラックス

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP