試聴する

cycle time

この曲の表示回数 6,610
歌手:

Jeepta


作詞:

石井卓


作曲:

石井卓


淡い感情をずっとこの胸に抱いて くすぶった日々をやり過ごした
横を追い越していく人を見る度 欠けたままの苦いツメを噛んだ

それでも僕を待っている未来があるとして
何を知って 何を持って 胸を張って行けるかな

探しながら行くよ 迷い込んだって やがて輝き出すカケラを集めて

「YES」も「NO」も全部引き連れて行く 道なき道ってやつは怖くもあるけど
誰かの足跡の終わりを越えて 新しい世界に踏み込むんだ

ときには響くサイレンのなか足を止めて
過去にそっと教えてもらう 手放しちゃいけないものを

抱えながら行くよ 遅くなったって いつか君に全て伝えたいから
メロディーを添えて

どこかで君を待っている未来があるとして
もう一度 止めていた時計の針を進めよう
今になって そう ぼんやりと 見えたものがあるだろう?
意味を知って 手を握りしめて 胸を張って行く

探しながら行くよ 迷い込んだって
抱えながら行くよ 遅くなったって
回り道の中で掴み取ったもの いつか君に全て伝えたいから
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:cycle time 歌手:Jeepta

Jeeptaの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-09-29
商品番号:JBCP-9001
pure infinity

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP