妖精といた夏

この曲の表示回数 6,234
歌手:

長澤知之


作詞:

山崎将義


作曲:

山崎将義


瓦礫の山に妖精を見つけた
壊れたテレビで遊んでる

無邪気な声がどこまでも響いた
月に一度の燃えないゴミの日

忘れかけてる優しいメロディ
あの日拾ったオルゴール

幼い胸が確かに躍った
永遠の空の下で

頼りない小さな手が 触れたものは
もうここには帰らない

あの時と同じ空なのに オルゴールの音は聞こえない
あの時と同じ風なのに 僕らの歌声はとどかない

縁石の上の背くらべは
プールからの帰り道

夕日ににじむ長い影法師
アスファルトになる前の道で

少しずつ失ってゆく
かけがえのないあの頃の宝物

あの時と同じ空なのに オルゴールの音は聞こえない
あの時と同じ風なのに 僕らの歌声はとどかない

瓦礫の山はいつしか消えた
運び去られた夢の跡

妖精達は翼をたたんだ 僕といっしょに帰れなかった
僕といっしょに帰れなかった
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:妖精といた夏 歌手:長澤知之

長澤知之の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-09-29
商品番号:UPCH-20209
NAYUTAWAVE RECORDS

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP