試聴する

BAND GIRL'S SPIRAL DAYS

この曲の表示回数 19,230
歌手:

Base Ball Bear


作詞:

小出祐介


作曲:

小出祐介


また弦を切ったあの子が寂しそうな顔して 始まった夏は蒼 音楽室は空っぽで
波立ってるカーテン抜けて 龍の巣まで行けそうな気分

ステッカー張りまくって飽きた このギター弾き殺したい
アゴタ・クリストフ閉じて 夢現つの電車で
ギターケースが十字架みたい 背負って帰る 住宅街

バンド組んだ彼女の憂鬱が この都市を染め上げていく
“ただ哀しみが弾けただけ 心が弾け跳んだだけ”

何もかもが嫌いになってしまう どうか時間を止めないで 絶対

世界の終わりには 紅茶飲めないから サイダー飲んで 過ごしたい

バンド組んだ彼女の憂鬱が この都市を染め上げてく
バンド組んだ彼女の季節が この都市を彩っていく
“ただ哀しみが弾けただけ 心が弾け跳んだだけ”

(SPIRAL)また弦を切ったあの子が寂しそうな顔して
始まった夏は蒼 音楽室は空っぽで 涙ってる…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:BAND GIRL'S SPIRAL DAYS 歌手:Base Ball Bear

Base Ball Bearの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-09-29
商品番号:TOCT-26995
EMIミュージックジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP