HOME

この曲の表示回数 3,090
歌手:

CHiYO


作詞:

CHiYO


作曲:

宗本康兵


故郷の声は聞こえてるどれだけ想い馳せて

甘えたり、泣いたり、戻りたいと願っても
自分の弱さ強さに変える術なくて

駅のホーム手を振っていた−本当は寂しかったよ−
福岡という街が私を見守っていてwarm and tender

都会の声が聞こえないどれだけ歩み寄せて

−誰も信じれるはずない−と自分の殻に籠った
独りよがりの我侭気づける日までは

落書き散りばめたレール
未来はまだ見えてない
後ろ向きに進むことだけはしたくないから just trust my heat

駅のホーム手を振っていた−本当は寂しかったよ−
福岡という街が私を見守っていてwarm and tender

落書き散りばめたレール
未来はまだ見えてない
後ろ向きに進むことだけはしたくないから just trust my heat
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:HOME 歌手:CHiYO

CHiYOの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-06-20
商品番号:TRAK-67
Tsubasa Records

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP