I Was Seventeen

この曲の表示回数 5,751
歌手:

柿原朱美


作詞:

柿原朱美


作曲:

柿原朱美


なんにも いらなかった
あふれる 陽ざしだけ
I was seventeen そして

大人のまねをして それでも真剣に
恋をしていた あの日

あのちっぽけだった 世界がすべてへと
つながっていることなど 知らずにいた

川辺にねころんで 時々 話した
特別だった 時間

心のいたみを わかりあえることが
彼女と私だけの ひみつだった

よろこびは 涙をあふれさせ
幸せは かたちにできなかった

みんながあつまった 通りで一日が
はじまっては おわる

やがて18に なる日がちかづいて
恋を失ったこと 知らされたの

かなしみは 胸のおくにとどき
泣くことは かくさなくてよかった

なんにも いらなかった
ただそこに いただけ
17才の 風の中に

よろこびは 涙をあふれさせ
幸せは かたちにできなかった

かなしみは 胸のおくにとどき
泣くことは かくさなくてよかった
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:I Was Seventeen 歌手:柿原朱美

柿原朱美の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-09-26
商品番号:PSCR-5051
ポリスター

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP