entreat

この曲の表示回数 6,316
歌手:

夏川陽子


作詞:

三澤秋


作曲:

onoken


幸せを閉じ込めた ガラス越しの幻影
開く瞳に映るのは 遠い遠い思い出語り

乾いた地面にたった一粒
落ちた涙 影も残さず

跡形もなく吸い込まれて 笑顔も言葉も零れてくだけよ
心を無くし 私はまだ 何も知らなくて

絶え間なく聞こえてた 胸に秘めた慟哭
凍てつくような風の中 闇に投げた体捨てて

乾いた地面にたった一枚
落ちた翼 時を貫く

長い眠りは終わりを告げ 錆びて歪んだ真実を砕く
全てを取り戻すため 今 ひとり闘うよ

甘い霧に囲まれた そこはあなたの居場所じゃない
ずっと呼んでいた声が 聞こえるでしょう?

届くことない指先でも 私が望んだ真実を見せて
焼け付くような痛みだけが 明日を切り開くなら
全てを無くしても構わないから お願い

どうか帰ってきて きっと私のもとに
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:entreat 歌手:夏川陽子

夏川陽子の新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-12-23
商品番号:FCCM-0297
フロンティアワークス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP