歌詞を

ヘルプ

竹川美子53曲中 1-53曲を表示
2021年3月4日(木)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
江釣子のおんな竹川美子池田充男叶弦大雨がね雪がね肩にふりかかる
雪の十日町竹川美子水木れいじ叶弦大泣き虫で弱虫なこんな私でも
下田慕情竹川美子我妻ゆき子河合英郎伊豆の下田で咲かせた恋を
五十鈴川竹川美子麻こよみ叶弦大あなたの優しさについて
恋しずく竹川美子佐野源左衛門一文叶弦大とどかぬ花に手をのばしとれぬと
居酒屋「みなと」竹川美子原文彦叶弦大入り船みたいにさ人が来て
雪の海峡 津軽竹川美子月光寺照行叶弦大波のしぶき冷たい風も震える
花しのぶ竹川美子麻こよみ叶弦大薄紫の夕暮れに小さく花びら
むらさき川竹川美子かず翼叶弦大たたく太鼓が聞こえれば帯で
ちぎれ雲竹川美子原文彦叶弦大寂しいだけならいいのです
はぐれコキリコ竹川美子もず唱平聖川湧立山に両の掌合わせ
浪花恋人情竹川美子水木れいじ・今中楓渓岡千秋・大村能章あんな権太と世間は言うが
三年椿竹川美子松井由利夫叶弦大涙は海に捨てては来たが
船頭さん竹川美子たきのえいじ叶弦大あなた私でいいのでしょうか
美子の花笠音頭竹川美子岬坊真明叶弦大花の山形もみじの天童
港は雨あがり竹川美子月光寺照行斎藤重男夢のようですあなたの腕に肩を
おんなの夜明け~第一章~竹川美子水木れいじ叶弦大窓のすきまから陽差しが
片恋おぼろ月竹川美子原文彦叶弦大月は朧であんたは野暮で
星空の下で北川大介・竹川美子紙中礼子叶弦大夕陽が西空染めてゆく
美子の真室川音頭竹川美子水木れいじ叶弦大アソレアヨイショ私ゃ真室川の
螢川竹川美子水木れいじ叶弦大燃えたらダメよと
新・東京音頭北川大介・竹川美子麻こよみ叶弦大ハァーーどんと開いた隅田の
伊豆の夕月竹川美子高畠じゅん子叶弦大北に流れる狩野川をゆけば
紅の舟唄竹川美子松井由利夫岡千秋この舟が酒田港に着くまでは
室津のあなた竹川美子池田充男叶弦大瀬戸の入り江を陽が染める頃
岬のおんな竹川美子星野哲郎叶弦大泣きたきゃ泣きなとつき放すように
美子のソーラン節竹川美子水木れいじ叶弦大ヤーレンソーランソーラン
越前かもめ竹川美子はち惣平・水木れいじ叶弦大カモメがカモメがカモメが飛んだ
おんなの夜明け~第二章~竹川美子水木れいじ叶弦大寒い寒いよひとりが寒いよ
父娘坂竹川美子臼井ひさし稲毛康人山に山風野原に野風
お蝶次郎長恋姿竹川美子・岡千秋たかたかし岡千秋清水次郎長女房がえらい
美子の八木節竹川美子かず翼叶弦大ハアーチョイト出ました三角
河内おとこ節竹川美子石本美由起岡千秋河内生まれの風来坊は
茶摘歌竹川美子・岡千秋たかたかし岡千秋茶摘みごろには藪うぐいすが
伊豆の国音頭北川大介・竹川美子喜多條忠叶弦大どんな国こんな国伊豆の国
美子のノーエ節竹川美子津田雅道叶弦大富士の白雪ァノーエ
最北航路竹川美子池田充男あらい玉英北の最はて船追いかけて
美子のおはら節竹川美子麻こよみ叶弦大ハヨイヨイヨイヤサット
美子のデカンショ節竹川美子水木れいじ叶弦大デカンショデカンショで
日本列島華舞台竹川美子さとの深花叶弦大西へ東へ日本列島唄の旅
花火竹川美子石倉俊文叶弦大悔しいけれどひと目で惚れた
新・東京音頭叶弦大・竹川美子麻こよみ叶弦大ハァーーどんと開いた
竹川美子・叶弦大石本美由起叶弦大俺と苦労をする気なら
美子の佐渡おけさ竹川美子佐野源左衛門一文叶弦大ハァー佐渡へ佐渡へと草木も
美子の金比羅ブギウギ竹川美子水木れいじ叶弦大金比羅ブギウギ金比羅ブギウギ
ちゃっきり節竹川美子北原白秋町田嘉章唄はちゃっきり節
縄文炎祭竹川美子鈴木青児斎藤重男夢まぼろしかうつせみか
美子のダンチョネ節竹川美子菅麻貴子叶弦大三浦岬でドンと打つ波はネ
いのちの鎖竹川美子松井由利夫叶弦大あなたの前で泣きたくないの
おんなの花竹川美子高畠じゅん子叶弦大嵐に何度も叩かれて
伊豆すごろく竹川美子高畠じゅん子叶弦大ふりだしますヨー
金色夜叉竹川美子・六本木ヒロシ宮島郁芳・後藤紫雲宮島郁芳・後藤紫雲熱海の海岸散歩する
下田節竹川美子静岡県民謡静岡県民謡ハヨイトサーヨイトサーエー