歌詞を

ヘルプ

岩本公水74曲中 1-74曲を表示
2019年3月18日(月)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
演歌はいいね岩本公水荒木とよひさ弦哲也演歌はいいね心にしみて
昭和えれじい岩本公水吉田旺船村徹憂き世しぐれの冷たさ
道の駅岩本公水さわだすずこ船村徹窓にひとすじ涙の雨が
こまくさ帰行岩本公水さくらちさと田尾将実あなた宛ての手紙駅で書いて
北の絶唱岩本公水いとう彩岡千秋これが最後すべて懸けた
片時雨岩本公水いとう彩岡千秋一人にさせてと呑む酒は
愛のせせらぎ岩本公水さくらちさと田尾将実涙の粒を集めたらあなたへと
面白山の滝岩本公水秋浩二秋浩二待っても帰らないあんたは
えんか坂岩本公水たかたかし弦哲也苦労積み荷の 荷車を
みちゆき舟岩本公水仁井谷俊也弦哲也貴方を失くして生きるのは
涙唱岩本公水佐藤順英相沢清ひとり海鳴り聞いている
文鳥岩本公水峰崎林二郎田尾将実可愛がってたあの文鳥が
絹の雨岩本公水たかたかし弦哲也濡れるじゃないかもっとお寄りよ
恋風岩本公水秋浩二田尾将実涙ポロポロ流れて落ちる
花筏岩本公水吉岡治弦哲也一途な恋ほど届かない
雪の絶唱岩本公水いとう彩岡千秋助けて下さい助けて下さい
千年桜岩本公水吉岡治岡千秋口が重くて世渡り下手で
涙の数岩本公水さくらちさと田尾将実鳥のように羽があれば
さいはて岬岩本公水吉岡治田尾将実遠くサハリンが見える
夜祭り岩本公水佐藤友紀岡千秋ばちのうまさに見とれて惚れた
矢車の花岩本公水水木れいじ市川昭介なにも言わずについて行く
泣きむし橋岩本公水喜多條忠四方章人生まれた時から決まってた
草枕岩本公水こはまかずえ田尾将実あなたと一緒にいる夜はなんにも
恋燦華岩本公水たかたかし浜圭介海鳴りないて荒れる夜は
紅葉伝説岩本公水吉岡治弦哲也風が重たく流れます
一生一度岩本公水星野哲郎弦哲也好きなあなたは近くて遠い人
蛍火の宿岩本公水喜多條忠四方章人我が身焦がして闇に舞う
冬陽炎岩本公水吉岡治弦哲也おんな一途な恋だから
心のふるさと岩本公水仁井谷俊也田尾将実夕暮れせまる北の空みれば
ふたり舟岩本公水中島健二原譲二怒涛渦巻くこの海峡に
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
恋螢岩本公水幸田龍馬岡千秋燃えろ螢火海山越えて
鶴への祈り岩本公水星野哲郎市川昭介愛と希望の二枚の翼
岩本公水石原信一浜圭介涙を赤く血に染めて
夕月岩本公水吉岡治市川昭介髪の毛を切りましたあの人が
紅しぐれ岩本公水麻こよみ岡千秋心変わりを疑いながら
花篝(はなかがり)岩本公水吉岡治弦哲也肩を並べりゃ肩先が
冬の華岩本公水吉田旺船村徹日本海から吹く潮風に
故郷にありがとう岩本公水吉岡治田尾将実電話しようか母さんに
細雪岩本公水吉岡治市川昭介泣いてあなたの背中に投げた
二日月岩本公水井上登美子あらい玉英世間に隠れて逢う恋は
火の舞、北の盆岩本公水東海林良弦哲也燃えろョオジャレ篝火
姫鏡台岩本公水さくらちさと田尾将実しあわせでしたかお母さん
汐鳴り岩本公水吉田旺船村徹海を濡らして雨が降る
秋桜だより岩本公水さわだすずこ蔦将包茜の空に飛行機雲が
ひとり奥入瀬岩本公水吉岡治弦哲也紅で染った奥入瀬川に
哀愁のからまつ林岩本公水西沢爽船村徹涙あふれてはり裂けそうな
さだめ川岩本公水石本美由起船村徹明日のゆくえさがしても
葉桜岩本公水東海林良三枝成彰鳥海下ろしは冷たくて
角館・想い人岩本公水喜多條忠田尾将実しんしんきらきら雪が舞う
紅とんぼ岩本公水吉田旺船村徹空にしてって酒も肴も今日で
裏町酒場岩本公水さいとう大三竜鉄也雨にぬれてる赤い灯が
贈りもの岩本公水吉幾三吉幾三母からの贈りもの切りつめた
哀愁波止場岩本公水石本美由起船村徹夜の波止場にゃ誰あれもいない
倖せになりたいなァ岩本公水水木れいじ三木たかし倖せになりたいなァ
母桜岩本公水秋浩二秋浩二おまえと一緒に育てる木だと
夢ひとつ岩本公水たかたかし弦哲也花をいちりん部屋に飾って
故郷をあげたい岩本公水東海林良三枝成彰春は菜の花朧月
漁歌岩本公水山田孝雄浜圭介俺が網を引っとはよ可愛い
家族岩本公水吉岡治弦哲也野には野の花山には山の木々
遠雷岩本公水田久保真見若草恵哀しくなると思い出す
他人船岩本公水遠藤実遠藤実別れてくれと云う前に死ねよと
ひとり恋唄岩本公水荒木とよひさ岡千秋死のうと思ったこともある岬に
辰子伝説岩本公水吉岡治蔦将包どうしていますか?あなた
君の名は岩本公水菊田一夫古関裕而君の名はとたずねし人あり
優しいやさしい嘘岩本公水田久保真見若草恵口紅ひとつつけもせずに
雪の紋岩本公水石原信一浜圭介サハリンおろしなぶるなら
ほたる岩本公水岡田冨美子四方章人洗い髪なら夜風に乾く
九段の母岩本公水石松秋二能代八郎上野駅から九段までかって
木洩れ日に包まれて岩本公水こはまかずえ蔦将包桜の花びら散る春も
ふるさと日和岩本公水杉紀彦森田公一あの人に逢いたくなって
未練の波止場岩本公水松井由利夫水時富士男もしもわたしが重荷になったら
回顧の滝岩本公水秋浩二三島大輔山の麓に流れる絹の
達者でナ岩本公水横井弘中野忠晴わらにまみれてヨー育てた栗毛
人生爛漫岩本公水鮫島琉星岡千秋春のおとずれ待ちきれず