歌詞を

ヘルプ

やなわらばー120曲中 1-120曲を表示
2018年11月15日(木)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
いちごいちえやなわらばーRYOJIRYOJI・NAOKI-T笑い続けてこれた出会いに愛を
でもね…やなわらばー松井五郎BOUNCEBACKねぇわたしいけない人
サクラやなわらばーりおりおあぁ桜色の時を歩こう
「拝啓○○さん」やなわらばーRYOJIRYOJI辛い時を過ごしたからこそ
ありの歌やなわらばーりおりおありは今日も働いているありは
夢を見たやなわらばーゆうゆう夢を見た君がいなくなった夢だった
空をこえて 海をこえてやなわらばーゆうゆう小さい頃よく通った青い海に続く道
愛してるやなわらばーゆうゆうこんなに近くにいるのに
大好きな人やなわらばーやなわらばーやなわらばーずっとずっと私の大好きな人
花キラキラやなわらばーゆうゆう風が吹き抜ける坂道ガードレール
思い出のアルバムやなわらばー増子とし本多鉄磨いつのことだか思い出して
唄の島やなわらばーRYOJIRYOJI冷たい雨が降る季節も君は
聞いてほしいことやなわらばーやなわらばーやなわらばー受話器の向こうから聞こえる
心音やなわらばーゆうゆう心に刻まれた沢山の傷
ぷれぜんとやなわらばー白川英司白川英司初めて出会ってからいくつもの
君にサヨナラやなわらばーりおりお本当ならこんな晴れた日は
島唄やなわらばー宮沢和史宮沢和史でいごの花が咲き風を呼び
きっと大丈夫やなわらばーやなわらばー浅利進吾涙をこらえすぎるとうまく
青い宝やなわらばーやなわらばーやなわらばー青い空青い海蒼い風がある
平和の歌やなわらばーやなわらばーやなわらばー幾千もの時を越えて来た
島人ぬ宝やなわらばーBEGINBEGIN僕が生まれたこの島の空を
やなわらばー中島みゆき中島みゆきなぜめぐり逢うのかを
ワダツミの木やなわらばー上田現上田現赤く錆びた月の夜に小さな船を
卒業アルバムやなわらばーやなわらばーやなわらばー何気なく開いた卒業アルバム
部屋とYシャツと私やなわらばー平松愛理平松愛理お願いがあるのよあなたの
木蘭の涙やなわらばー山田ひろし柿沼清史逢いたくて逢いたくて
ゆくいやなわらばーやなわらばーやなわらばーおつかれ今日はゆっくり
やなわらばー喜納昌吉喜納昌吉川は流れてどこどこ行くの
風になりたいやなわらばー宮沢和史宮沢和史大きな帆を立ててあなたの手を
はじめてのチュウやなわらばー実川俊晴実川俊晴眠れない夜君のせいだよ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
温かい手やなわらばーやなわらばーやなわらばーねえ温かいものはあなたの
今日という日を歌にしてやなわらばーRYOJIRYOJI夢を追う事を選んでみたけど
会いたいやなわらばー沢ちひろ財津和夫ビルが見える教室で
みんな空の下やなわらばー絢香絢香涙流さないどんなに辛くても
てぃんさぐぬ花やなわらばー沖縄県民謡沖縄県民謡てぃんさぐぬ花や爪先に染みてぃ
ひこうき雲やなわらばー荒井由実荒井由実白い坂道が空まで続いていた
ニライカナイ~理想郷~やなわらばーゆうゆう鳥の声で目が覚めて海から顔を
アカネ色 ~あなたの声がする~やなわらばーやなわらばーやなわらばー日溜まりの場所を離れた
変わらぬ「青」やなわらばーりおりお光る波と澄んだ風は
たからものやなわらばー白川英司白川英司いつだってママはあなた
イラヨイ月夜浜やなわらばー大島保克比嘉栄昇唄者達ぬ夜が更け
アカユラやなわらばーやなわらばーやなわらばー美しゃ田んぼに映る夕日
たしかなことやなわらばー小田和正小田和正雨上がりの空を見ていた
なんとかなるさやなわらばーやなわらばーやなわらばー今日もやって来た集え仲間達
浪漫飛行やなわらばー米米CLUB米米CLUB逢いたいと思うことが何よりも
TSUNAMIやなわらばー桑田佳祐桑田佳祐風に戸惑う弱気な僕通りすがる
ふるさとやなわらばー東里梨生東里梨生薄れてしまう気持ちもある
涙そうそうやなわらばー森山良子BEGIN古いアルバムめくり
やさしいキスをしてやなわらばー吉田美和中村正人あなたの一日が終わる時に
遠く遠くやなわらばー槇原敬之槇原敬之遠く遠く離れていても
向日葵やなわらばーやなわらばーやなわらばー窓から入り込む8月の風に
チェリーやなわらばー草野正宗草野正宗君を忘れない曲がりくねった
カーチバイ~夏の風~やなわらばーやなわらばーやなわらばー夏が来たよと南風吹いた
さくら(独唱)やなわらばー森山直太朗・御徒町凧森山直太朗僕らはきっと待ってる
Mやなわらばー富田京子奥居香いつも一緒にいたかった
ガジュマルの樹やなわらばーりおりおまぶたに焼き付いている眩しい
鳳仙花やなわらばー西脇唯やなわらばーずっと離れることがないように
少年時代やなわらばー井上陽水井上陽水・平井夏美夏が過ぎ風あざみ
曇りのち晴れやなわらばーやなわらばーやなわらばー曇りのち晴れやさしい雨が
木綿のハンカチーフやなわらばー松本隆筒美京平恋人よ僕は旅立つ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
こころやなわらばーやなわらばーやなわらばー今日という日に出逢えたこと
旅の途中やなわらばー東里梨生L-m-T行き先も決めずに乗り込んだ
キムガナサやなわらばーゆうゆう僕の生まれたふるさとには
太陽の下でやなわらばーゆうゆう光る太陽の下に広がる
やなわらばーやなわらばーやなわらばー月よ悲しみや孤独に打ちのめ
夏空やなわらばーやなわらばーやなわらばーセミの声影法師ゆらゆら
22才の別れやなわらばー伊勢正三伊勢正三あなたにさようならって
星のラブレターやなわらばーMIYAMIYA庭に出て月あかりであたたかい
贈る言葉やなわらばー武田鉄矢千葉和臣暮れなずむ町の光と影の中
何もしなくていいよやなわらばー浅利進吾浅利進吾そっと想い起こす過ぎた日々の
TRAIN-TRAINやなわらばー真島昌利真島昌利栄光に向かって走るあの列車
童神-ヤマトグチ-やなわらばー古謝美佐子佐原一哉天からの恵み受けて
言葉にできないやなわらばー小田和正小田和正終わる筈のない愛が途絶えた
サンゴの道やなわらばーりおりおまっすぐに続く白い道すじ
赤い実やなわらばーやなわらばーやなわらばー街角で赤い実をかじる女の子
雪の華やなわらばーSatomi松本良喜のびた人陰を舗道に並べ
やなわらばー小渕健太郎小渕健太郎涙こぼしても汗にまみれた
秋桜やなわらばーさだまさしさだまさしうす紅の秋桜が秋の日の
人魚やなわらばーNOKKO筒美京平アカシアの雨にうたれて
悲しみよ 風になれやなわらばーRYOJIRYOJI悲しみはいつかは消えてく忘れは
やさしさに包まれたならやなわらばー荒井由実荒井由実小さい頃は神さまがいて
渋谷川やなわらばー伊勢正三伊勢正三どこまでもどこまでも青い海を
少年やなわらばーやなわらばーやなわらばー少年はいつも果てない空を
卒業写真やなわらばー荒井由実荒井由実悲しいことがあると
夢をあきらめないでやなわらばー岡村孝子岡村孝子乾いた空に続く坂道後姿が
やなわらばーゆうゆう風の中輝いていた君が流した涙
帰り道やなわらばーやなわらばーやなわらばー学校が終わって冒険が始まる
まばたきやなわらばー加藤哉子・宮崎誠宮崎誠もしも君が泣くのなら
雨の物語やなわらばー伊勢正三伊勢正三化粧する君のその背中が
First LoveやなわらばーUtada HikaruUtada Hikaru最後のキスはタバコのflavor
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
さよなら夏の日やなわらばー山下達郎山下達郎波打つ夕立のプールしぶきを
海岸通やなわらばー伊勢正三伊勢正三あなたが船を選んだのは
母さんのようになれるかなやなわらばー松井五郎BOUNCEBACKほんとにほんとに頑張ってきた
悲しくてやりきれないやなわらばーサトウハチロー加藤和彦胸にしみる空のかがやき
川の流れのようにやなわらばー秋元康見岳章知らず知らず歩いて来た
ママはフォークシンガーだったやなわらばーきたやまおさむ長谷川きよしママはフォークシンガーだった
涙のキセツやなわらばーRYOJIRYOJI・NAOKI-TCRY CRYサヨナラまた春に会い
日常の歌やなわらばーやなわらばー宮崎誠気が付いたらいっぱいに
あの素晴しい愛をもう一度やなわらばー北山修加藤和彦命かけてと誓った日から
ココロモヨウやなわらばーやなわらばーやなわらばー春の風と花びら手をつなぎ
LOVE LOVE LOVEやなわらばー吉田美和中村正人ねぇどうしてすっごくすごく
あなたのことが知りたくてやなわらばー簗瀬麻利簗瀬麻利海が見える電車に乗って
自由やなわらばーゆうゆう青いこの空見上げたら温かい涙
黄金の花やなわらばー岡本おさみ知名定男黄金の花が咲くという噂で
防波堤で見た景色やなわらばーBEGINBEGIN何があったか知らないけど
恋人もいないのにやなわらばー落合武司西岡たかし恋人もいないのにバラの花束
青春の影やなわらばー財津和夫財津和夫君の心へ続く長い一本道は
きっと、ずっとやなわらばー石垣優・伊勢正三石垣優窓の外は何にも見えない
忘れものやなわらばー伊勢正三伊勢正三よけいな電話したみたいね
「いちご白書」をもう一度やなわらばー荒井由実荒井由実いつか君といった映画がまた
やなわらばー喜多條忠南こうせつ妹よふすま一枚隔てて
いいんだよやなわらばー東里梨生・伊勢正三東里梨生・伊勢正三いいんだよそのままで
二人の目覚まし時計やなわらばー伊勢正三伊勢正三その目覚まし時計にやっと手を
遠い世界にやなわらばー西岡たかし西岡たかし遠い世界に旅に出ようか
ささやかなこの人生やなわらばー伊勢正三伊勢正三花びらが散ったあとの
ジュゴンの涙やなわらばー伊勢正三伊勢正三月夜に舟を漕げば
ねごとやなわらばー石垣優・伊勢正三石垣優少しのことは気にしない
この広い野原いっぱいやなわらばー小薗江圭子森山良子この広い野原いっぱい咲く花を
秋でもないのにやなわらばー細野敦子江波戸憲和秋でもないのにひとこいしくて
雨が空から降ればやなわらばー別役実小室等雨が空から降れば