shinto-arts

残暑が蔓延って濁る、心が回る、視界が踊る
染み付いていった

奥から橙と青のまたその間 空中浮遊した
ブランコの軋む音さえも反響してる 果てしない間で響く

澄み渡ってただけ 虚空にさようならして
また夏が終わって僕は風になることにして
曖昧なようなら 手、覚めずに固く閉じて
ここから放つもの 僕に穿つ 異能エッセイが浸透

夕方 汗ばんで帰る、足音たてる、果てしない間で響く

澄み渡ってただけ 虚空にさようならして
また夏が終わって僕は風になることにして
曖昧なようなら 手、覚めずに固く閉じて
ここから放つもの 僕に穿つ 異能エッセイが浸透