タグチハナ作詞の歌詞一覧リスト  11曲中 1-11曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
11曲中 1-11曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
酸いも甘いもLilubayLilubayタグチハナタグチハナふたり 歩幅がいつしか 優しく揃う 気づいていたよ 暮らしはつづく つづき、重なる ぬくもりがある きみを見つめる  酸いも甘いも苦いも辛いも 分けあいっこしようよ、ねえ しあわせのチャイム 思い出すたびまた つよくなれるね  キャンドルひとつ 買って来たのよ グラス傾け たまにはいいね 喜びがある 悲しみもある 訳を話さず 泣いてもいいんだよ  変わらないだろうなあって思う日々と ものすごいスピードで駆けてゆく衝動が打ち寄せる波みたい 鮮やかであることがとても大切なんだよ いつもはっきりと君を感じているよ  酸いも甘いも苦いも辛いも 分けあいっこしようよ、ねえ ささやかなdaysでも 惜しまない愛の言葉が…  もっと知りたい 温かい眠りの中で 手を繋いでみようよ、ねえ 口づけは合図 広げた白地図 まだここがはじまり  いとおし日々の歌
FAITHLilubayLilubayタグチハナタグチハナ同じ目に映ったものなのに こんなにも変わってしまう It's just glowing  深い永い夜から 抜け出せない いつまで 褒めて欲しくて 涙は出るの? Could I save you?  どうしたってあなたを 失って、知りたくて もがいてみるけどさ 決まって何かを 正解や間違いに しなくたって良いんだよ  ヘッドライトが窓をすり抜けて ここじゃないどこか照らす Nobody calls me…  生まれた時から 決まっていたことから 壊したくなる 心はともに I have faith in you  孤独ばかりが 目について 虚しくて 終わりたくなるけどさ 忘れられない あの顔やあの声が 私を生かすの  あの時私 笑えていたなら あの時優しい 声をかけられたら その繰り返し 生きてゆくほどに ただ繰り返し 思い出すばかり  飛べないけれど 羽がついている 果てないけれど 空を掴んでいる 泣きたいけれど 胸が燃えている 見えないけれど ちゃんと感じている
舌鼓addaddタグチハナタグチハナジョーク飛ばして ビールもあけたなら 今日をたたむ前に ささやかな舌鼓を 鳴らそうよ  パーフェクトなんてないけど 明日も早いけど きみがさ 嬉しそう それが僕の、全部だよ  蚊取り線香 出してくれたのね 窓開け放てば ちっぽけな憂いは 遠い夜空になる  頼りないと思うけど ばかみたいって笑うけど 愛しくって どうしようもない 日々があるんだよ  流れるうららかなきみの声は 今夜も光を宿して だいじなものの在り処照らすよ 僕はそれにいつも 痛いほどの愛を見て 驚いてしまうんだ  ふたつをひとつに ひとつをふたつに 余すことなく手を 重ね合った  パーフェクトなんてないけど 明日も早いけど きみがさ 嬉しそう それが僕の、全部だよ
ニヒルな月addaddタグチハナタグチハナ期待しないようにずっと 生きるの、と決めて gone by Why? 優しさでは 越えられないものがあるさ  いつだって悲しみや喜びの主人公は 私だったのにね 空っぽにもなれない 心から泣ける日が来たとしたら “take me faraway”  ..ニヒルな月は見ている  俯瞰して冷めた顔で 強がりの 要はbad girl Why? 素直さでは やりきれない日々があるさ  いつだって心臓の音だけを頼りにして 帰る場所なんて 無いと思っていたんだよ 目の前に差し出された手の残像は “Let'go faraway”  今も ニヒルな月に問いかける  感じることから 始まる明日に 私の一つしかない心を連れて 知らないうちに 遠ざけた光 間に合わないだろうか いつかは私も  苦くて甘い 愛の明日を 今からでも 今からでも..?
kaerimichiaddaddタグチハナタグチハナBy my side 目を細めた 微睡む癖 最終の電車だから 気をつけないとね  特別な日じゃないけれど ねぇ わかる? 夜の匂いがさ また今年も変わってきたよ  欲しいものは君の視線と、キス そして少しのインパルス いつまでも無邪気な愛かもな そうかもな  Say love me 湿度の高い 帰り道は 少し 酔っ払うのが早くなるね  ご機嫌な虫の鳴き声が ねぇ わかる? 夜のBGM 手を離して 駆け出してみたら  走るわたしを君はキャッチして 2人かたまりになる 息がまつ毛に降り注いだなら 注いだなら…  溢れ出す気持ちを伝えるべく しがみついた左腕 「どこも行かないよ」と笑うけれど 笑うけれど  欲しいものは君の視線と、キス 言葉は後回しで いつまでもこんな風にして…  くるり翻したセントラル 芳しく踊っていた 涙の線は隠しながら  いつだってロンリー baby love 満たされても 足りなくって baby どうかさ してるのさ  
日和addaddタグチハナタグチハナこんな日を私、待っていた 珍しく目覚めが良くて シャワーを浴びれば最後 新しくなってしまった  あぁ ほんと うってつけだ 今日なら 万々歳だ 流しきった身体 私が綺麗  どうしてこんなところに居るのだろう 大して優しくも 逞しくもない 君のことは、 少し 好きだった  与え合う美学ばかりで つまらない君はもがいた 私は自由の中で 踊るような愛に飢えた  そうきっと 最重要事項の 横着 怠惰が 身に染みるわね さよならだよね  でも今日はまるで 祝祭のような快晴 大した約束も 居る理由も無い 君はまだ 夢の中だけど  君らしさのステップ 置いてゆく遺伝子 かろやかなターン さようなら 日和
ローレンスaddaddタグチハナタグチハナLo-Fiな君に 有り余る愛の洗礼 明日もこうしてようよ ひたむきさが秘訣だって知ってるよ  私は君の日々が 正直 今は愛せないし 思い出しても涙が 出てきそうなことがあるけれども  ぼんやりわかる 幸せのシルエットは あまりにかけがえのない  Please keep holding my hands とても優しい人 生きるのもlike a heaven 間違いばかりでもtruth is always here  Lo-Fiな君が 無意識に避けるfinding 頭にくるわローレンス 2人の未来の話をしてるのよ  私は君の日々が 脳みそ溶けるようなものじゃないことは 重々承知だけど せめて優しさの匂いがする方へ  ぼんやり抱く幸せと 美味しいご飯の時間を守りたい  Please keep holding my hands 頼りない君のword それでもlike a heaven 間違い無いのはtruth is always here  Please keep holding my hands とても優しい人 続く日々の愛は 壊れやすく そしてちゃんと 強いのよ
もっともっとみたいな気持ちになってよaddaddタグチハナタグチハナ私だってそんな 1人じゃ何も..みたいな タイプじゃないわ 寂しいも言えない  身体のずっと 奥の方でいつも 震えるやつを抱きしめているだけ  だから間違えないで あなたの声や指先は 今や起爆剤  やさしさの上で もっともっとちゃんと 真実のこころが 見えますか 惹かれあっている? 切ない気持ち  開き直って見える 無理に仕舞った愛が 信じて待つわ なんて言わせないで..  たとえばそっと 触れた腕の熱も 加速してった脈拍 とめないで  だけど臆病になった 私の言葉はすこしも声にならない  あと少し肩を抱いて もっともっとみたいな気持ちになってよ あなたにはありふれている 一つの夜に  ねえ 存在がとてもとても分かるのは 幸せなことだって思うけど 追い越したその背中に 私 目を伏せた  恋じゃなきゃ何を以って もっともっと深い 理由を述べるの? あなたにはありふれている? やさしい仲に やさしい意味に
NAKED MINDaddaddタグチハナタグチハナ“心を使い分けるのが上手になったのね?”  何度も呼んだけど 気づかないふりをしてるの? 子供じゃあるまいし、と 言った君の肩が震えていたのは  oh baby yeah そう、思いついて love me now yeah キスとかしようよ  ネイキッド・マインド 地球はたぶん ときめきで 回っているから 最短は要らない ノウハウなんて無い! yeah yeah! 漲るものを 信じないの?  必要なものばかり 手に入れたってつまらないよ 止め処ない ラヴ・アンド・ピースの 湿った身体に 素直に飛び込んでおいでよ  oh baby yeah 今夜星屑に hide-and-seek yeah 見つからぬ場所で  ネイキッド・マインド 果てしがない この気持ち くだらない言い訳で 大人しくならない! ベイベ 信じるわ.. yeah yeah! いとしい君を 感じたいの..  ネイキッド・マインド 地球はたぶん ときめきで 回っているから 完全は要らない ノウハウなんて無い! yeah yeah! 漲るものを 信じないの?
永遠のこどもaddaddタグチハナタグチハナ今となっては 遠い昔の話 君に贈る、と約束した月の欠片 氷点下の風に揺れる クリスマスツリー それはまるで お伽話のような夜  君は天使になって きっと天使になって 僕が見せたかった あげたかった 月や星たちと一緒になった  全部じゃなくて 君の全部じゃなくていいから 今夜だけ 少しだけ 君のこと感じたい  今となっては 遠い昔の話 なのにどうして 鮮明でどうしようもないな  1.2.3で魔法がとけたら 何を歌えば良いんだろう  君は天使になって きっと天使になって この頼りのない 不甲斐のない 僕を笑い 見守ってるけど  ずっとじゃなくて 決してずっとじゃなくて良いから 今夜だけ 少しだけ 君にただ 会いたい  君は天使になって きっと天使になって 僕が見せたかった あげたかった 月や星たちと一緒になった  天使になって 君は天使になって 寒さなど忘れて 永遠のこどもへ
名のない日addaddタグチハナタグチハナもうほっといておくれ 今のあたしはあまりに卑屈だから どうしようもないことさ パタパタ 換気扇がうるさいなあ  窓を開けたら 知らぬ街へ続く 続く 列車も知らん顔 ねえ一体 そんなツラで どこへゆく? 何を見る? 何がある? 何になる..  とくに意味のない 悔し涙と 捨てるほど無い 推進力 誰も見てない 今日のあたし 誰も知らない 本当のはなし  もうほっといておくれよ カーテンの小さな焦げ穴から てんとう虫がのぞく 加湿器、壊れちゃって悲しいな あぁ  窓を開けたら 知らぬうちに季節が 少し 進んでいるようで ねえ一体 こんなツラで どこへゆく? 何を見る? 何を得る? 何になれる?  声にならない 感情がいつも いちばん深いところにあって それを真似したような言葉が 邪魔でならない もうみたくない  全力で走れ 全力で生きろ 全力で叫べ 全部にそう言われてる気がした  とくに意味のない 悔し涙と 捨てるほど無い 推進力 誰も見てない 今日のあたし 誰も知らない 本当のあたし
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 新時代
  2. Tot Musica
  3. ウタカタララバイ
  4. 風のゆくえ
  5. 逆光

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. ベルベットの詩
  2. BF is...
  3. Scream
  4. Move On
  5. 3636

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照