瀬尾公治作詞の歌詞一覧リスト  6曲中 1-6曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
6曲中 1-6曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
夏風KIMIKAKIMIKA瀬尾公治WEST GROUND少しだけ寒くなり 立ち止まり俯けば どこからか聴こえてる キミの好きだった歌  嫌なことだらけの日々に 全部投げ出したくなることばかり 何をしてても気が紛れないのは これじゃないって思ってるから 昨日までは同じことばかり 後悔し続けてきたけれど 立眩みするほど眩しい空が 照らすのは違う明日かな  別れを告げたいような 冷たい雪を温めれば 誰よりもワガママな夢 見てたその笑顔思い出すんだ  どんなに傷ついたとしても 泣きたくなる夜が続いても 深く深く沈み込むほど 高く高く飛べる 冷たい想いの欠片を この手に握り締めたら 前に前に踏み出そうほらもっと強く強く  少しだけ寒くなり 立ち止まり俯けば どこからか聴こえてる キミの好きだった歌 抑えきれない渇き 溢れて 声に出した叫びよ 奔れ 高鳴る鼓動が 風になる 今  見上げた碧い空の彼方 呼んでいる声がするんだよ 吹き抜ける夏の風のように  どんなに傷ついたとしても 泣きたくなる夜が続いても 深く深く沈み込むほど 高く高く飛べる 冷たい想いの欠片を この手に握り締めたら 前に前に踏み出そう ほらもっと強く強く
Climber's High! The fallen moon ver.秋月風夏(Lynn)/The fallen moon秋月風夏(Lynn)/The fallen moon瀬尾公治WEST GROUND辿り着けると信じてた場所は 高く遠く 現実味無くした約束 霞む君のコトバ  人波を外れていく影 歩幅合わせる気のない鼓動 ただ…無関係だ、って眺めてた  リピートされてく聴き飽きた日々に (乗り遅れないように更新しても) 溶け込めていない苛立ちが迫り来る箱の中 心が磨り減っていく 掻き消されていくなら 燃え尽きる覚悟で四角い空を叩き割るだけ  心に熱い風纏って 駆け上がって行こうぜ 繋ぎ止める鎖、引きちぎって 未完成を解き放て 終わりが来るその瞬間までは Climber's high! 誰も壊せない鋼の夢 届け 世界の果てまでも  瞳に宿る光のカケラが 暗闇を切り裂いてゆく open your eyes 湧き上がる衝動に従え もっともっと強く望めば きっときっと高く跳べるさ ずっとずっと求め続けた あの場所へ  リプレイされてく後悔の日々に (押し流されないように抗っても) 戻らない面影が誘(いざな)う記憶の中の心 失っていく 忘れ去っていくなら 降りしきる痛みを 受け止めたまま 走り出すだけ  今すぐ 熱い風纏って羽ばたいて行こうぜ 届かない空を 目指すための 不完全な翼で I believe I can fly to the sky if I try to reach my Climber's high! 僕しか見れない刹那の夢 響け世界の果てまでも  Seasons changing And memories fading Time is waiting For my heart to move on I look to the light With wings wide open The wind will take me To my place in the sky  極限に達した拍動 吹き飛ぶ恐怖心 永遠に思える距離を 加速して風を切り 絶望を越えて見えた景色は 無限に広がる白い世界と 終わらない空の青さだけ  心に 熱い風纏って駆け上がって行こうぜ 繋ぎ止める鎖引きちぎって 未完成を解き放て  終わりが来るその瞬間まで Climber's high! いつかキミと見た遥かな夢 追い続けてく Go one's way!
星の降る町 The fallen moon ver.秋月風夏(Lynn)/The fallen moon秋月風夏(Lynn)/The fallen moon瀬尾公治WEST GROUND遠く彼方 揺らめく町 記憶の中 薄れてく 輝いてた 理想なくし ただ歩くだけ  Like a shadow in the dark 形ないもの 消えかけた夢 疲れ果てて 立ち止まる時 見上げた空には 今もあの日の星  A starlight shining in the winter night I pray inside as I close my eyes tonight 風花(かざはな)のように 零れ落ちてゆく 幾千億の夢 星屑たち 再び忘れかけてた その場所今思い出すよ どんな果てしなくて 離れていても 帰ること願うよ 星の降る町 Someday and somewhere  In a fragile memory あの日見上げた 同じ空は 色を変え 積み上げてた 物は振り捨て また歩き出す 行く当てもなく 彷徨う僕らの 足元照らす ただその光が 映し出してく あの日の想いを だから I'm singing once again now  A moonlight waning deep into night I look above as I dry my tears tonight 煌めき続けて 降り注いでゆく 幾千億の光 流れ星たち 再び戻れる日まで その場所ずっと忘れないから 必ずいつかまた 逢いに行くから 覚えていて この星空  A starlight shining in the winter night I pray inside as I close my eyes tonight 風花(かざはな)のように 零れ落ちてゆく 幾千億の夢 星屑たち 再び戻れる日まで その場所ずっと忘れないよ 必ずいつか 迎えに行くよ 約束の場所へ 星の降る町 Forever and always
ワタシノセカイ中島愛中島愛瀬尾公治秋浦智裕夏色に輝く空も くすんでる気がしてたんだ いつの間にか 大切なものさえ しまい込んでる 気づかないフリしてること もう見透かされていたんだ キミの言葉 色づき始めてく 私の世界  深呼吸をして 狙いを定めて 覚悟を決めたら 走り出す その手に引かれて 今  キミに貰ったこの翼で 風を掴んでくの きっと どこまでだって一緒に 高く飛べそうで 重ねた想い描(えが)く軌道は 明日(あす)へ向かってくの ずっと 追い続けていたい この夢を Ah…Ah…  キミ色に染まる心が 高鳴って切なくなるの いつの間にか 抱えきれないほど たくさんのひとつ 少しだけ先行(ゆ)く背中 見ていると不安になるの その瞳に 私が映るまで 歩幅を詰める  一秒ごとに 変わっていくリズムを 二人で感じて 走り出す 新しい場所へ 今  キミの願ったその希望が 風を掴んでくの きっと どこまでだって一緒に 行ける気がしてた 重ねた想い描く軌道は 明日へ向かってくの ずっと 追い続けていてね その夢を  どうしてキミはそんなにも 泣きそうな顔してるの 振り返ってばかりじゃ 躓いちゃうよ? 踏み出す勇気の出し方 教えてくれたのはキミなんだよ ねぇ…ねぇ…笑っててよ 今  私の描いたキミの夢 色づき始めるの きっと すぐ傍にいるから ねぇ気づいてよ。 重ねた想い描く軌道は 未来(あす)へ向かってくの ずっと 聴かせて欲しいから その声を Ah…Ah…
Climber's High!沼倉愛美沼倉愛美瀬尾公治WEST GROUND辿り着けると信じてた場所は 高く遠く 現実味無くした約束 霞む君のコトバ  人波を外れていく影 歩幅合わせる気のない鼓動 ただ…無関係だ、って眺めてた  リピートされてく聴き飽きた日々に(乗り遅れないように更新しても) 溶け込めていない苛立ちが迫り来る箱の中 心が磨り減っていく 掻き消されていくなら 燃え尽きる覚悟で四角い空を叩き割るだけ  心に熱い風纏って 駆け上がって行こうぜ 繋ぎ止める鎖、引きちぎって 未完成を解き放て 終わりが来るその瞬間までは Climber's High! 誰も壊せない鋼の夢 届け 世界の果てまでも  瞳に宿る光のカケラが 暗闇を切り裂いてゆく open your eyes 湧き上がる衝動に従え もっともっと強く望めば きっときっと高く跳べるさ ずっとずっと求め続けた あの場所へ  リプレイされてく後悔の日々に(押し流されないように抗っても) 戻らない面影が誘(いざな)う記憶の中の心 失っていく 忘れ去っていくなら 降りしきる痛みを 受け止めたまま 走り出すだけ  今すぐ 熱い風纏って羽ばたいて行こうぜ 届かない空を 目指すための 不完全な翼で I believe I can fly to the sky if I try to reach my Climber's High! 僕しか見れない刹那の夢 響け世界の果てまでも  Seasons changing And memories fading Time is waiting For my heart to move on I look to the light With wings wide open The wind will take me To my place in the sky  極限に達した拍動 吹き飛ぶ恐怖心 永遠に思える距離を 加速して風を切り 絶望を越えて見えた景色は 無限に広がる白い世界と 終わらない空の青さだけ  心に熱い風纏って 駆け上がって行こうぜ 繋ぎ止める鎖引きちぎって 未完成を解き放て 終わりが来るその瞬間まで Climber's High! いつかキミと見た遥かな夢 追い続けてく Go one's way!
星の降る町沼倉愛美沼倉愛美瀬尾公治WEST GROUND遠く彼方 揺らめく町 記憶の中 薄れてく 輝いてた 理想なくし ただ歩くだけ  Like a shadow in the dark 形ないもの 消えかけた夢 疲れ果てて 立ち止まる時 見上げた空には 今もあの日の星  A starlight shining in the winter night I pray inside as I close my eyes tonight 風花(かざはな)のように 零れ落ちてゆく 幾千億の夢 星屑たち 再び忘れかけてた その場所今思い出すよ どんな果てしなくて 離れていても 帰ること願うよ 星の降る町 Someday and somewhere  In a fragile memory あの日見上げた 同じ空は 色を変え 積み上げてた 物は振り捨て また歩き出す 行く当てもなく 彷徨う僕らの 足元照らす ただその光が 映し出してく あの日の想いを だから I'm singing once again now  A moonlight waning deep into night I look above as I dry my tears tonight 煌めき続けて 降り注いでゆく 幾千億の光 流れ星たち 再び戻れる日まで その場所ずっと忘れないから 必ずいつかまた 逢いに行くから 覚えていて この星空  A starlight shining in the winter night I pray inside as I close my eyes tonight 風花(かざはな)のように 零れ落ちてゆく 幾千億の夢 星屑たち 再び戻れる日まで その場所ずっと忘れないよ 必ずいつか 迎えに行くよ 約束の場所へ 星の降る町 Forever and always
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 新時代
  2. BF is...
  3. ウタカタララバイ
  4. 世界のつづき
  5. Habit

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. ベルベットの詩
  2. Scream
  3. Beautiful
  4. Be Free
  5. Password

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照