和嶋慎治作詞の歌詞一覧リスト  124曲中 1-124曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
124曲中 1-124曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
神々の行進人間椅子人間椅子和嶋慎治鈴木研一齢(よわい)億千万 宇宙開闢(かいびゃく)から 闘いを続ける 栄光の神々 善になり 悪になり 白になり 黒になる  鬨(とき)をつくれ えいえいおう えいえいおう 鬨をあげろ えいえいおう えいえいおう いざゆけ いざゆけ いざゆけ  神々の戦は 現し世の雛形(ひながた) 決着のつかない 永劫の争い 善が勝ち 悪が勝ち 光あり 闇がある  鬨(とき)をつくれ えいえいおう えいえいおう 鬨をあげろ えいえいおう えいえいおう いざゆけ いざゆけ いざゆけ  神々は遊(すさ)びに 人の子を操る 陣取りをさせては 博才を占う 善もない 悪もない 光あり 虚無がある  鬨(とき)をつくれ えいえいおう えいえいおう 鬨をあげろ えいえいおう えいえいおう いざゆけ いざゆけ いざゆけ
悪魔の処方箋人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治悪魔の計画 教えてあげよう 頸木(くびき)につなげて 自由をもぎ取る  奈落へ 叩き込まれぬように 堕落へ 誘い込まれぬように 地獄へ 放り込まれぬように  恐怖を逃れて 不安を離れて 誘惑退け  心に光を持つのだ  悪魔の目的 聞かせてあげよう 覚醒妨げ 常世に眠らす  奈落へ 叩き込まれる前に 堕落へ 誘い込まれる前に 地獄へ 放り込まれる前に  恐怖を逃れて 不安を離れて 誘惑退け  心に光を持つのだ  虚無の彼方より来たる輩 闇に生贄を捧ぐ奴ら  悪しき者 禍(まが)つ神  悪の教典を崇む輩 黄泉と災いを運ぶ奴ら  悪しき者 禍(まが)つ神  悪魔のやり口 知らせてあげよう 善人面して 無慈悲に吸い取る  奈落へ 叩き込まれはするな 堕落へ 誘い込まれはするな 地獄へ 放り込まれはするな  恐怖を逃れて 不安を離れて 誘惑退け  心に光を  恐怖を逃れて 不安を離れて 誘惑退け  心に光を 心に誓いを 心に誠を 心に光を持つのだ
暗黒王人間椅子人間椅子和嶋慎治鈴木研一残酷の血糊を浴びて 暗黒の王者が笑う 宮殿は豪奢にそびえ 民衆は貧苦にあえぐ 忠実な下僕(しもべ)が侍り 粛清の刃をかざす  暗い 暗い 暗闇の 黒い 黒い 暗黒王  残虐の血潮をすすり 漆黒に王座が光る 狡猾な搾取と圧制 偽りの自由と平和 揺り籠と墓場をこさえ 牙のない家畜を屠(ほふ)る  暗い 暗い 暗闇の 黒い 黒い 暗黒王  果てしのない 深い闇へ この世すべて 捧げるため 希望のない 常しえへと 総仕上げを 始めるのだ  やって来る やって来る やって来る 地獄がやって来る 冷酷な血統受けて 傲慢に玉座に座る 万世の邪悪な系譜 純血の非情の掟 魂を悪魔に渡し 悪徳の限りを尽くす  暗い 暗い 暗闇の 黒い 黒い 暗黒王
人間ロボット人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治同じ顔 同じ顔 同じ声 同じ声  夢の知らせがポストに届いたよ 永遠(とわ)の未来を約束するそうだ みんな笑顔で暮らせる明るい計画 誰も病にならずに健やか健康  ハイテクノロジー駆使して生まれたよ 駄目な体を脱皮できるそうだ みんな力がみなぎり明日も頑健 誰も百人力だよよろしく頑丈  不安は いらない 痛くは ないから 心を 静かに こちらに サインを 上着を 脱いだら ベッドで お眠り  ギイギイギイ ギイギイギイ 人間ロボットだ  同じ顔 同じ顔 同じ声 同じ声  ルサンチマンに朗報走ったよ 憧れの人スターになれるそうだ みんなダビデにモナリザ美貌に喝采 誰もプラトンニュートン無敵の天才  好みの 体を イメージ ください あなたの 代わりに 輝く ことでしょう 機械と 交わり ぐっすり お休み  ギイギイギイ ギイギイギイ 人間ロボットだ  もう 苦しまなくていい もう 悲しまなくていい 愛も 恋も なくていい  もう 働かなくていい もう 煩(わずら)わなくていい 夢も 希望も なくていい  同じ顔 同じ顔 同じ声 同じ声  この世の 天国 咲かせて あげます あなたは あなたを 卒業 しますよ 魂 差し出し ゆっくり お眠り  ギイギイギイ ギイギイギイ 人間ロボット 人間ロボット 人間ロボットだ
宇宙海賊人間椅子人間椅子和嶋慎治鈴木研一俺たちゃ宇宙海賊 ならず者らの集まり 果ても知れない宇宙を 財宝求め彷徨(さまよ)う  奪え 根こそぎ取れ もっと ヨーソロー 襲え 遠慮するな もっと ヨーソロー  銀河系 またにかけ 自由気ままに暴れる 十次元 飛び越えて 傍若無人ふるまう  盗賊  俺たちゃ宇宙海賊 札付き者の団体 帝国軍にゃ嫌われ 解放軍にゃ追われる  逃げろ 面舵(おもかじ)いっぱい もっと ヨーソロー 進め 取り舵いっぱい もっと ヨーソロー  銀河系 またにかけ 自由気ままに暴れる 十次元 飛び越えて 傍若無人ふるまう  盗賊  俺たちゃ宇宙海賊 はみ出し者の集団 故郷(ふるさと)なんてないのさ 略奪こそが生き甲斐  奪え もれなく取れ もっと ヨーソロー 襲え 容赦するな もっと ヨーソロー  銀河系 またにかけ 自由気ままに暴れる 十次元 飛び越えて 傍若無人ふるまう  大宇宙 またにかけ 勝手放題さすらう 時間軸 飛び越えて 放蕩無頼はたらく
疾れGT人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治夢に終わりが来ても 君よ忘るるなかれ 青春に輝いた日々を  時は戻らぬけれど 君よ思い出すのだ 熱風が駆け抜けたことを  エンジンオイルの 焼けつく匂い 天まで届け レブカウンター ブンブブン  疾(はし)れ GT 果てしなく GT 限りなく GT いつまでも GT どこまでも 浪漫を求めて  星の瞬き見上げ 君よ感じてほしい 熱情は美しいことを  ヒールアンドトゥ 華麗にきめて 夜空を焦がせ アフターファイア バンババン  疾(はし)れ GT 果てしなく GT 限りなく GT いつまでも GT どこまでも 浪漫を求めて  ガソリン 満タン 万端 用意どん 電源 満タン 万端 用意どん 睡眠 満タン 万端 用意どん 心身 満タン 万端 用意どん  夜が詩人であると 君よ気づいているか 郷愁の詩(うた)歌うことを  アウトインアウト 張りつくタイヤ 虚空に響け フルスロットル ギュンギュギュン  疾(はし)れ GT 果てしなく GT 限りなく GT いつまでも GT どこまでも 浪漫を求めて  夢を追い掛けて 時を追い越して 星を追い掛けて 夜を追い越して 疾れ
世紀末ジンタ人間椅子人間椅子和嶋慎治鈴木研一暗闇の帷(とばり)が落ち 世界中モノクローム 沈黙の街角には 道化師の影すらない  ジンタッタ ジンタッタ 人類の鎮魂歌 ジンタッタ ジンタッタ 人類の葬送歌 世紀末ジンタ  古(いにしえ)に預言された 災いと企み事 封印が解かれる度 木霊するラッパの音  ジンタッタ ジンタッタ 人類の鎮魂歌 ジンタッタ ジンタッタ 人類の葬送歌 世紀末ジンタ  慌てふためいたとて 賽は振られたのだ 震えおののいたとて 時は戻らぬのだ  ジンタッタ ジンタッタ ジンタッタ ジンタッタ  偽りの平和の下(もと) 号令が静寂(しじま)を切る 従順な市民たちは 我先に頭(こうべ)垂れる  ジンタッタ ジンタッタ 人類の鎮魂歌 ジンタッタ ジンタッタ 人類の葬送歌 世紀末ジンタ  語らう夢もない 捧げる愛もない 溢(こぼ)れる笑みもない 抗う声もない 未来
悩みをつき抜けて歓喜に到れ人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治絶望の淵にいて 泣きはらす人たちよ あなたのそばには幸せがある 野山咲く草花は 雨風が吹いてこそ 豊かな実りを結ぶのだから  くじけちゃいけない 泣いてちゃいけない 前見て歩こう 上見て歩こう 涙をふいたら 明日に向かって歩け  苦しみ越え 悲しみ越え 悩み越えて 歓喜へと到れ  暗闇の底にいて 天仰ぐ人たちよ あなたは光に包まれている ありふれた石ころも 幾重にも磨くなら 貴い宝に変わるのだから  いじけちゃいけない ふさいじゃいけない 笑って進もう 気張って進もう 扉を開けたら 脇目も振らずに進め  苦しみ越え 悲しみ越え 悩み越えて 歓喜へと到れ  心のカードと 財産のカード 試練のカードと 才能のカード  試練の 札引け 試練の 札取れ  試練の 札引け 試練の 札取れ  試練の 札引け 試練の 札取れ  運命の悪戯に かぶり振る人たちよ あなたは勝利のただ中にいる 雨水も雑草も 迷いない命なら 必ず岩をも穿(うが)つのだから  おじけちゃいけない 逃げてちゃいけない 胸張り生きよう 頑張り生きよう 驕(おご)りを捨てたら 裸の自分で生きろ  苦しみ越え 悲しみ越え 悩み越えて 歓喜へと到れ  苦しみ越え 悲しみ越え 苦しみ越え 悲しみ越え
至上の唇人間椅子人間椅子和嶋慎治鈴木研一世界中から集めた花を 並べてみても敵わないもの 紅や朱色に可憐に咲いた 汚れ知らないあなたの花弁  一目見かけただけでも 恋の虜になるだろう 一人占めなどできたら 天に昇れることだろう  今すぐ キッスをしたい 今すぐ 愛撫をしたい 今すぐ 接吻したい 今すぐ 口付けしたい  唇に  春の予感を諸手に孕む そよ風よりも 香(かぐわ)しいもの 甘い吐息と溢(こぼ)れる微笑 かけがえのないあなたの花唇(かしん)  一度目にしただけでも 恋の歓び知るだろう いつも一緒にいれたら 天に召されるほどだろう  今すぐ キッスをしたい 今すぐ 愛撫をしたい 今すぐ 接吻したい 今すぐ 口付けしたい  唇に  古今東西芸術品を 飾ってみても敵いはしない 赤い血潮で気高く咲いた 生命(いのち)溢(あふ)れるあなたの花弁  この目見られただけでも 生きる希望が湧くだろう 顔のベールをはいだら 天が待ってることだろう  今すぐ キッスをしたい 今すぐ 愛撫をしたい 今すぐ 接吻したい 今すぐ 口付けしたい  今すぐ キッスをしたい 今すぐ 愛撫をしたい 今すぐ 接吻したい 今すぐ 口付けしたい  唇に
肉体の亡霊人間椅子人間椅子和嶋慎治鈴木研一朝焼けの中不気味に蠢く影 灰褐色の腐臭を振りまく群れ 生きているようで生きてない 死んでいるようで死んでない 両手垂らして来る日も彷徨(さまよ)うだけ  歩くだけの 動くだけの にじるだけの 亡霊 しゃぶるだけの すするだけの 食らうだけの 亡霊 わめくだけの 呻くだけの 唸るだけの 亡霊 そは 肉体の亡霊  人の形の抜け殻生まれた理由(わけ) 悪の仕業と言うのはたやすいこと 生き抜こうにも知恵がない 死に往こうにも誇りない 沈む夕陽に粛々飲まれるだけ  歩くだけの 動くだけの にじるだけの 亡霊 しゃぶるだけの すするだけの 食らうだけの 亡霊 わめくだけの 呻くだけの 唸るだけの 亡霊 そは 肉体の亡霊  恐ろしや 恐ろしや 死人(しびと)の行進 恐ろしや 悍(おぞ)ましや 悍ましや 死人の行列 悍ましや  恨めしや 恨めしや 心の温もり 恨めしや 妬ましや 妬ましや 心の灯(ともしび) 妬ましや  夢も希望も潰えた砂漠の町 生きとし生けるもの皆立ち去りゆく 生きているようで死んでいる 死んでいるようで生きている 魂忘れ満たすは本能だけ  歩くだけの 動くだけの にじるだけの 亡霊 しゃぶるだけの すするだけの 食らうだけの 亡霊 わめくだけの 呻くだけの 唸るだけの 亡霊 そは 肉体の亡霊  生きているようで生きてない 死んでいるようで死んでない 生き抜こうにも知恵がない 死に往こうにも誇りない  蠢くだけの のたくるだけの 彷徨うだけの あはれ亡霊  蠢くだけの のたくるだけの 彷徨うだけの あはれ亡霊
夜明け前人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治夜の時代に 私たちは生まれた 牢につながれ 外の景色知らずに  人に 心あるのは愛のため 人に 形あるのは夢のため  暗さに耐え抜け耐え抜け 寒さに耐え抜け耐え抜け 朝は近い  時が満ちる 愛が満ちる 時が開く 夢が開く 夜明け前  夜の世界が 私たちを苛(さいな)む 岩屋閉じ込め 朝の光さえぎる  人に 笑顔あるのは誰のため 人に 涙あるのは人のため  辛さに負けるな負けるな 弱さに負けるな負けるな 朝は近い  時が満ちる 愛が満ちる 時が開く 夢が開く 夜明け前  燃えろ 燃えろ 日の光 燃えろ 燃えろ 赤々と 燃えろ 燃えろ 日の光 轟々(ごうごう)と  照らせ 照らせ 夜の闇 照らせ 照らせ 燦然(さんぜん)と 照らせ 照らせ 夜の闇 煌々(こうこう)と  朝の気配が 私たちに囁く 長い眠りを 覚める時が来たのだ  人に 希望あるのは明日のため 人に 正義あるのは皆のため  恐怖に打ち勝て打ち勝て 不安に打ち勝て打ち勝て 朝は近い  時が満ちる 愛が満ちる 時が開く 夢が開く 夜明け前  明けない闇夜はない 覚めない悪夢はない 解けない魔法はない もうすぐ夜が明ける
杜子春人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治お父さん 黄泉路の国でお達者でしょうか お母さん その後お体変わらずいますか  杜子春は辛いのです この世が暗いのです すべてがあべこべです 嘘が真(まこと) 真が嘘  杜子春 杜子春 杜子春 呼ばう心の声が 杜子春 杜子春 杜子春 諭す心の声が  道は己で選べと  お父さん 常世の国は住みよいでしょうか お母さん 季節折々ご自愛ください  杜子春は怖いのです 病が止まぬのです 災いが消えぬのです 生きるも地獄 死ぬるも地獄  杜子春 杜子春 杜子春 呼ばう心の声が 杜子春 杜子春 杜子春 諭す心の声が  道は己で進めと  空を舞う 鳥たちの 健やかさ 野を駆ける 獣らの 朗らかさ なぜに 我々は迷うのでしょう  お父さん いずれそちらに伺いますので お母さん お顔拝めずお許しください  杜子春は寒いのです 世界が冬なのです 争いが絶えぬのです 顔は菩薩 腹は阿修羅  杜子春 杜子春 杜子春 呼ばう心の声が 杜子春 杜子春 杜子春 諭す心の声が  道は己で掴(つか)めと
無限の住人 武闘編人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治懊(おう) 懊 懊 懊 懊 懊 懊 懊  斬(ざん)ッ 金坐金坐金坐斬(ざざざん)ッ 蛮(ばん)ッ 罵罵蛮(ばばばん)ッ 斬って斬って斬っても 刀剣(つるぎ)薙刀 断(だん)ッ 打打断(だだだん)ッ 岩(がん)ッ 峨峨岩(がががん)ッ 屠って屠って屠っても 刺客剣士剣客  いつまで闘う 己が罪の果つまで どこまで血を見る 人の恨み消ゆまで  愛を抱きしめて 背を震わせて 今日も刃抜く それが 無限の住人  懊(おう) 懊 懊 懊 懊 懊 懊 懊  惨(ざん)ッ 挫挫惨(ざざざん)ッ 挽(ばん)ッ 馬馬挽(ばばばん)ッ 突いて突いて突いても 血潮血反吐血飛沫(ちしぶき) 弾(だん)ッ 陀陀弾(だだだん)ッ 頑(がん)ッ 牙牙頑(がががん)ッ 払って払って払っても 骸(むくろ)髑髏(どくろ)屍(しかばね)  いつまで争う 己が業を絶つまで どこまで身を切る 人の無念晴るまで  愛を胸に秘め 肩をそびやかし 明日も刃抜く それが 無限の住人  手足をもがれても 胴体ちぎれても 阿修羅が誘う 戦いの火蓋  鏨(ざん)ッ 嵯嵯鏨(ざざざん)ッ 卍(ばん)ッ 魔魔卍(ばばばん)ッ 刺して刺して刺しても 遺恨怨嗟怨念 壇(だん)ッ 堕堕壇(だだだん)ッ 巌(がん)ッ 瓦瓦巌(がががん)ッ 倒して倒して倒しても 嗚咽悲鳴絶叫  いつまで諍(いさか)う 己が命あるまで どこまで見送る 人に涙あるまで  愛を噛みしめて 時を踏みしめて 月に刃抜く それが 無限の住人  懊(おう) 懊 懊 懊 懊 懊 懊 懊  懊
愛のニルヴァーナ人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治僕を愛して 骨まで愛して 熱い吐息で心 溶かすくらい 僕を抱いて 激しく抱いて 飢えた獣が獲物 食らうくらい  朝も 夜も 時間を忘れて 空に 鳥が 羽ばたくみたいに 薔薇を胸に 翼広げ 飛んでゆく  愛のニルヴァーナ 愛のニルヴァーナ  僕を愛して 死ぬまで愛して 果てぬ愛撫で体 焼けるくらい 僕を抱いて 優しく抱いて 胸で安らぐ赤子 あやすくらい  服も シャツも すべてを脱ぎ捨て 花に 蝶が 戯るみたいに 永遠を誓い 両手広げ 戻りゆく  愛のニルヴァーナ 愛のニルヴァーナ  エロスはタナトス タナトスはエロス  僕を愛して 死ぬほど愛して 強いキッスで呼吸 止まるくらい 僕を抱いて 淫らに抱いて 夜の娼婦が手管 尽くすくらい  知恵も 見栄も 体裁投げ捨て 海に 川が 流れるみたいに 夢に溺れ 手と手つなぎ 落ちてゆく  愛のニルヴァーナ 愛のニルヴァーナ
悪夢の序章人間椅子人間椅子和嶋慎治鈴木研一底知れぬ闇に 罪状が響く 原告席には 忘却の面子(めんつ) 時効のないのが ここでのしきたり 罪の数多(あまた)ゆえ 判決有罪  夢なら覚めてくれ 夢なら消えてくれ  寒々と広い 試験の会場 合否決めるのは 人間の資格 浅知恵出すたび 答案は消えて 嘘の多きゆえ 判定失格  夢から解いてくれ 夢から出してくれ  夢なら覚めてくれ まだまだ 終わりはせぬぞ 夢なら消えてくれ まだまだ 続きがあるぞ 夢から解いてくれ まだまだ これからなるぞ 夢から出してくれ
新青年まえがき人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治人間椅子新しい時代へ 新しい世界へ 新しい未来へ 新しい地平へ  愛も 恋も 夢も 歌も  人も 街も 君も 僕も  生まれ変わる  新しい頁へ 新しい扉へ 新しい暦へ 新しい歴史へ  空も 風も 夜も 星も  善も 悪も 君も 僕も  生まれ変わる  苦悩越え あゝ 試練越え あゝ 己れ越え あゝ いざ行かん あゝ  新青年
鏡地獄人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治人間椅子合わせ鏡に続く 白い横顔愛でる 男ひとり  広い世間を恐れ そっと背中を向ける 男ひとり  合鍵のない城をこさえ 機械仕掛けの影と暮らす 夢の世界を 映しやまない 万華鏡  鏡の中から 今も聞こえる 呪い声 鏡の中から 今もしている 呻き声 「地獄!」  恋の苦楽を厭(いと)い 硬い人形撫でる 男ひとり  窓すらもない砦こもり 独り善がりの意匠凝らす 夢の続きを 描きやまない 顕微鏡  鏡の中から 今も聞こえる 呪い声 鏡の中から 今もしている 呻き声 「地獄!」  鏡の中から 今も聞こえる 呪い声 鏡の中から 今もしている 呻き声 「地獄!」  「地獄!」  「地獄!」
涜神人間椅子人間椅子和嶋慎治鈴木研一人間椅子空に瞬く星が 我の故郷(ふるさと) 十億年の彼方 栄華極めた 征服こそが我の 我たる所以(ゆえん) 小惑星帯なら 爆発させた  我こそは亡びの神 我こそは破壊の神 我こそは悪の神なるぞ  地球を回る月は 我の別荘 六万年の昔 地上に降りた エジプトにバビロニア 司祭を騙(だま)し ピラミッドの秘密を 暴いてやった  我こそは亡びの神 我こそは破壊の神 我こそは悪の神なるぞ  自由という 名のもとに 娯楽与えてやるぞ 豊かという 名のもとに 貨幣授けてやるぞ  崇(あが)めよ 敬え 競えよ 争え  光届かぬ闇が 我の揺り籠 ハルマゲドンの末は 帰りもしよう 堕天使たちを連れて 最後の戦 教えてやろうそれが 亡びの美学  我こそは亡びの神 我こそは破壊の神 我こそは悪の神なるぞ  迫り来る その日まで 悪徳を ふりまくぞ やがて来る その日まで 縛り続けるぞ  こぞって 崇めよ こぞって 敬え こぞって 競えよ こぞって 争え  こぞりて  襲い来る その日まで 害毒を ばらまくぞ すぐに来る その日まで 支配止(や)めないぞ  こぞって 崇めよ こぞって 敬え こぞって 競えよ こぞって 争え  こぞって 崇めよ こぞって 敬え こぞって 競えよ こぞって 争え  こぞりて
屋根裏の散歩者人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治人間椅子生きてるふりに 疲れた男 死ぬことそれも いっそう怖い 退屈だけが 人生だよと 屋根裏部屋に 帷(とばり)を下ろす  愛する資格も 愛される素質も 恋する勇気も 厭(いと)われる覚悟も 何にも持たない 異邦人  夜の街を ただ流離(さすら)い 夢の中を ただ彷徨(さまよ)う たったひとり ひとり  生き抜くことを 恐れる男 猟奇な趣味で 書棚は埋まり 倦怠だけが 膨らむままに 小さな部屋の 扉を開ける  笑みする情緒も 涙する心も  捧げる矜持も 報われる才気も 一つも持てない ろくでなし  夜の街を ただ流離(さすら)い 夢の中を ただ彷徨(さまよ)う たったひとり ひとり  木枯らしに 肩すぼめ 口笛吹く 後ろ姿 足跡も 残さずに 夜の闇に 消えて行くよ  生き行くことを 忘れた男 路傍の草を むしってばかり  世界への狂気と 自然への呪いと 社会への嫌悪と 善意への皮肉と それしか持てない 局外者  夜の街を ただ流離(さすら)い 夢の中を ただ彷徨(さまよ)う たったひとり ひとり
巌窟王人間椅子人間椅子和嶋慎治鈴木研一人間椅子日差しの当たらぬ洞窟に 咎(とが)なく捕われ幾年(いくとせ)か 破戒の坊主を輩(ともがら)に 魔道の法力伝えらる  恨み晴らさずにはおくべきか 報い与えずにはおくべきか 願い果たさずにはおくべきか 念彼観音(ねんぴかんのん)  天誅下す 天罰下す 王様  汚水の滴る岩穴に 絶望数えて千早振る ぞべらぞべらした奴原(やつばら)に 目には目歯には歯知らすべし  いざいざ出陣の時来たり いよいよ復讐の日は来たり さあさあ宿願の刻来たり 因果応報  天誅下す 天罰下す 王様  嵐よ起これ 呪いの歌乗せて 雷(いかずち)落ちろ 嘆きの声合わせ  容赦するな 猛り狂え 遠慮するな 暴れ狂えよ  死臭の渦巻く洞穴(ほらあな)に 幽閉されたはいつの日か 仏の道から外るとも 鬼神の威を借り仇(あだ)討たん  ただこの恨みこそ晴らさんと ただこの報いこそ与えんと ただこの願いこそ果たさんと 盛者必衰(じょうしゃひっすい)  天誅下す 天罰下す 王様  嵐よ起これ 呪いの歌乗せて 雷落ちろ 嘆きの声合わせ 吹雪よ告げろ 裁きの日が来たと 山鳴り響け 終わりが始まると
いろはにほへと人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治人間椅子乙女の命は短くて 咲いては散りゆく定めなら 桜の色づく時のよに 艶(なまめ)く仕草で舞い踊れ  たまゆらの恋でもしよう  男の心は秋の空 晴れのち曇りのにわか雨 雨なら涙の真心を 降らすが男の意気地なり  うたかたの夢でも見よう  色は匂へど 散りぬるを 我が世誰ぞ 常ならむ  有為の奥山 今日越えて 浅き夢見じ 酔ひもせず  恋路の行方は獣道 鬼にも変われば阿修羅にも 尽きせぬ迷いの道ゆえに なおさら愛しく見えるもの  うつせみの歌でも歌おう うつしよの旅を続けよう
宇宙のディスクロージャー人間椅子人間椅子和嶋慎治鈴木研一人間椅子ごきげんよう 地球人 愛しあってるかい 土星での 会議なら 今も真っ最中  爬虫類人 いるぞ いるぞ まるで人間 いるぞ いるぞ バッタカマキリ いるぞ いるぞ 生き物だらけ  果ての知れない銀河の 数え切れない星々 一つ一つに知性が 尽きることなく瞬く  もうすぐすべてが明かされる  長いこと 働いた 謎の円盤乗り 遊星に 衛星に 時のポータル越え  火星の地下に あるぞ あるぞ 月の裏にも あるぞ あるぞ 南極だって あるぞ あるぞ 秘密基地なら  果ての知れない銀河の 数え切れない星々 一つ一つに知性が 尽きることなく瞬く  もうすぐすべてが明かされる  もうすぐ もうすぐ もうすぐ もうすぐ 作られてきた時代が 騙されてきた世界が 隠されてきた歴史が 覆われてきた宇宙が  ネガティブの 親玉は 爬虫類人たち ポジティブな 存在は 人の覚醒待つ  宇宙誘拐 あるぞ あるぞ 遺伝子操作 あるぞ あるぞ 奴隷貿易 あるぞ あるぞ 陰謀まみれ  果ての知れない銀河の 数え切れない星々 一つ一つに知性が 尽きることなく瞬く  もうすぐすべてが もうじきすべてが もうすぐ秘密が もうじき真実すべて 明かされる
あなたの知らない世界人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治人間椅子世界を闇が 包むとしたら 始まりの前の 終わりのしるし  戦のラッパが響くとて 希望の灯火(ともしび)絶やすまじ 数多の災い起こるとも 誇りを忘るることなかれ  自分に 帰れ 心に 戻れ  あなたの知らない世界へ 光に輝く世界へ あなたの知らない地平へ 光に輝く地平へ  世界を罪が 覆うとしたら 病の癒える 仄(ほの)かな兆し  悪事のきりなく続くとて 許しの気構えなくすまじ 偽善の仮面の割るるとも 屍鞭打つことなかれ  胸襟(きょうきん)開けろ 心を 開け  あなたの知らない世界へ 光に輝く世界へ あなたの知らない地平へ 光に輝く地平へ  古い書物の伝える 約束された王国 心描いた思念が すぐに形で現わる  地上に 花咲く 天国  広い宇宙を旅する 恒星たちの計画 病める人貧しい人 もはや影すら見えない  彼方に 仄めく 天国  世界の時が 止まるとしたら 次元の扉 開いた知らせ  火輪の巨大になったとて この世の終わりと嘆くまじ ラジオの電波の黙すとも 略奪凌辱するなかれ  カルマが 返る 報いが 戻る  あなたの知らない世界へ 光に輝く世界へ あなたの知らない地平へ 光に輝く地平へ  虚言の嵐が吹こうとも ゆめゆめ流さることなかれ  自分に 帰れ  豪奢な蓄え消ゆるとも みだりに命を捨つなかれ  心に 戻れ
地獄小僧人間椅子人間椅子和嶋慎治ナカジマノブ人間椅子オイラの生まれは 地獄の河原 罪業背負って 闇から闇へ  亡者の群れ 刈り取るのさ 恨めしや 恨めしや 怨霊たち 鎮めるのさ 口惜しや 口惜しや  地獄を見せよう 地獄はいやじゃ 奈落を見せよう 奈落はいやじゃ  オイラの行くとこ 惨事が起こる 血潮は飛び散り 悲鳴絶えない  幽鬼の影 成敗する 無念なり 無念なり 悪霊ども 討伐する 小癪(こしゃく)なり 小癪なり  地獄を見せよう 地獄はいやじゃ 奈落を見せよう 奈落はいやじゃ  これでもか  オイラの背中にゃ 地獄が見える 沸き立つ大釜 消えない業火  死霊ならば 観念しろ まだまだじゃ まだまだじゃ 亡霊なら 成仏しろ これしきか これしきか  地獄を見せよう 地獄はいやじゃ 奈落を見せよう 奈落はいやじゃ  あた あたた 「あたた地獄」 はは ははば 「かかば地獄」 ふふ ふふば 「虎虎婆(ここば)地獄」 八寒地獄
月のアペニン山人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治人間椅子幸せをつかむにはあまりに か細い指 喜びを抱くにはあまりに か弱い腕 ただ僕のかたわらで静かに 眠れる人  秋の夜の新月の空より か黒い髪 冬の夜の新雪の道より 白い素肌 ただ僕の目の前で幽かに 微笑む人  この星に生まれ 束の間に出会い 語り足りぬまま 愛し足りぬまま 遠ざかる人よ  悲しみを拒むにはあまりに 小さい背(せな) 優しさをもらうにはあまりに 冷たい頬 ただ僕の腕の中何かを 夢見る人  にび色の湖の底より 深い瞳 薄色のあじさいの花より 淡い化粧 ただ僕の肩ごしにどこかを 見つめる人  同じ時生まれ 同じ星見つめ 分かり合えぬまま 愛し合えぬまま 走り去る日々よ  月のアペニン山が遠くで 光っている 月のアペニン山が無言で そびえている
暗夜行路人間椅子人間椅子和嶋慎治鈴木研一人間椅子長の人生例うなら 後ろ戻れぬひとり旅 曲がりくねって枝分かれ 上り下りのいばら道  なんて険しいんだ なんて苦しいんだ なんて厳しいんだ さても暗い道のり  好いた人とは遂げられず くじけた途端行き止まり 傍若無人振る舞えば 天の仕打ちの雨が降る  なんて険しいんだ なんて苦しいんだ なんて厳しいんだ さても暗い道のり  明日見れば 今日が消える 昨日見れば 今日が終わる  喰いしばれ 起き上がれ 立ち上がれ 歩き出せ  幸せの待つ行先は 誰も教えちゃくれはせぬ 迷いながらもその足で 地べた踏みしめ進もうよ  なんて険しいんだ なんて苦しいんだ なんて厳しいんだ さても暗い道のり  まだまだ続く どこまで続く 死ぬまで続く  まだまだ続く どこまで続く 死ぬまで続く
無情のスキャット人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治人間椅子この世に天使がいるものなら 私の頬にも恵みをくれ 報わることない労苦背負い 日陰に佇むこの私に  天翔る日は来るだろか 陽の目を見る日あるだろか 天使様  シャバダバ‥‥  どこかに女神が潜むのなら 私の額(ぬか)にも微笑をくれ 勝利のワインの味も知らず 恋すら実らぬこの私に  美酒に酔う日は来るだろか 愛を抱く日あるだろか 女神様  シャバダバ‥‥  空に数多星が光る 誰も彼も星の御許(みもと) 千の願い胸に膨らませ  ルルル‥‥  いずこか仏が御座(おは)すのなら 私の元にもお慈悲をくれ めぼしい物など何も持たず 侘びしく 寂しく しくじりばかりのこの私に  満ち足りる日は来るだろか 夢の叶う日あるだろか 仏様  シャバダバ‥‥  私の命に光を 私の明日に光を すべての命に光を すべての明日に光を
命売ります人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治命の歌を聴かせておくれ 哀れな俺の鎮魂歌(レクイエム) 仮面を被り茶番を演じ 明日をも知れぬ世捨て人 世界に愛が満ちてるならば オイラを助けて  何故(なにゆえ)生まれて何故死に逝く 何故愛して何故争う 「命売ります」 バラババンバ バラババンバ バラババンバ バラババンバ バラババンバ バラババンバ  命の意味を教えておくれ 惨めな俺の弔いに 霞を喰らい死骸を抱いて 白けた顔の異邦人 この世に夢がまだあるならば オイラを救って  何故(なにゆえ)生まれて何故死に逝く 何故愛して何故争う 「命売ります」 バラババンバ バラババンバ バラババンバ バラババンバ バラババンバ バラババンバ  命の重さは 羽根より軽いか 山より重いか  命の灯りは 夜より暗いか 火より明るいか  天使の声で歌っておくれ 愚かな俺の餞(はなむけ)に 虚言を吐いて恰好をつけて 無頼の果ての放浪者(バガボンド) 地上を神が創ったならば オイラを諭して  何故生まれて何故死に逝く 何故愛して何故争う 「命売ります」
風神人間椅子人間椅子和嶋慎治鈴木研一生きてることを忘れたなら 死ぬぐらいの目遭ってみなよ ゾロアスターになれなくとも 自分自身に還れるだろ  荒れた大地に身を委ね 驕(おご)る心を壊すのだ  風よ 恐ろしい風よ 吹けよ 狂おしく吹くがいい  恋することに疲れたなら 恨んでばかり止してみなよ キリスト様といかなくとも 赦すぐらいは出来るだろう  焼けた砂漠に身を焦がし 腫れる瞼(まぶた)を開くのだ  風よ 恐ろしい風よ 吹けよ 狂おしく吹くがいい  尽きない 想いを 飛ばしておくれよ 果てない 迷いを なくしておくれよ  時化(しけ)た渚に身を晒(さら)し 惑う気持ちを捨てるのだ  思い煩(わずら)い苦しむなら 愚者のつもりで生きてみなよ ソクラテスまでいけなくとも 見栄を張るより気が楽だろ
超自然現象人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治悪の権化が地球を狙っているよ はるか昔の預言も叫んでいるよ  逃げないで 捨てないで 歓びを 神様を 信じれば あなたにも  来る 来る ミラクルパワー  偽の神話が世界を覆っているよ やせた羊が泥水すすっているよ  泣かないで 言わないで 諦めを 神様に 祈るなら みんなにも  来る 来る ミラクルパワー  闇の呪いが地上に掛かっているよ 口づけしても誰もが眠っているよ  はかないで つかないで ため息を 神様に 願うなら すぐにでも  来る 来る ミラクルパワー
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
月夜の鬼踊り人間椅子人間椅子和嶋慎治鈴木研一泣いだわらし そごいねが 何さ泣いだ ごんぼほり 思い通り いがねのは じょっぱりばし するがらだ  真ん丸 月夜の晩は 山がら 鬼が出やるぞ 手に手に 刃物を持って 村中 懲らしめでやれ  赤鬼は金棒で 青鬼は刺叉(さすまた)で 黄の鬼は鋸(のこぎり)で 緑鬼は薙刀(なぎなた)で 踊れ  寝れね大人 そごいねが 何さ悩む 倉の中 貯めで貯めで 足りねのは ほいど根性 あるがらだ  真っ赤な お月様見で でっかぐ 鬼が笑うぞ おのおの 肩怒らせで 夜中 懲らしめでやれ  赤鬼は金棒で 青鬼は刺叉(さすまた)で 黄の鬼は鋸(のこぎり)で 緑鬼は薙刀(なぎなた)で 踊れ  笑わね人 そごいねが 何さ呪う うらめしや 人が悪ぐ 見えるのは 己に悪 あるがらだ  満月 明るい夜は のっしど 鬼が歩ぐぞ めいめい 武器を片手に 朝まで 懲らしめでやれ  赤鬼は金棒で 青鬼は刺叉(さすまた)で 黄の鬼は鋸(のこぎり)で 緑鬼は薙刀(なぎなた)で 踊れ
もののけフィーバー人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治内緒のお話 オイラは化け物 零時の時報で 魔性がお目覚め  処女に悲鳴を吐かせたい たぎる血潮をすすりたい  仮面脱いで 爪を磨いで 闇の中へ  お化けフィーバー もののけフィーバー お化けフィーバー もののけフィーバー  まんまる月夜が オイラを呼んでる 獣の鼓動が 臓腑を震わす  地獄の釜を覗きたい 茹(う)でた眼球をしゃぶりたい  毛皮まとい 牙を生やし 夢の中へ  お化けフィーバー もののけフィーバー お化けフィーバー もののけフィーバー  恐怖をおひとつ 覚めない悪夢を  お化けフィーバー もののけフィーバー お化けフィーバー もののけフィーバー  お化けフィーバー もののけフィーバー お化けフィーバー もののけフィーバー
宇宙のシンフォニー人間椅子人間椅子和嶋慎治鈴木研一コンサートに出掛けようぜ 隣町じゃ聴けないやつ どこにもない響きだから 夢見心地お気に召すよ  シンフォニー 美しい 光に渦巻く シンフォニー 素晴しい 夜空に瞬く シンフォニー  チケットなら御無用だぜ 胸の奥を開けばいい 宇宙船を待つ間に 常識には鍵をしなよ  シンフォニー 芳(かぐわ)しい 音符の花咲く シンフォニー 香(かんば)しい 和音の煌(きら)めく シンフォニー  時間を越えて 次元を抜けて 姿を消して  月に人が立ったんだぜ いずれにしろかまやしない 僕らは皆旅の途中 世界はほら君の心  シンフォニー 新しい 時代に轟く シンフォニー 懐かしい 宇宙に輝く シンフォニー
太陽がいっぱい人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治真夏の陽射しが照りつける 揺らめく都会は蜃気楼 形も名前も消え失せて 昨日のワインのせいだろう  おお 生娘の肌に おお 淑女の背中に おお デカダンの肩に おお ブルジョアの頬に  太陽がいっぱい ルルル‥‥  太陽が地平の遠くで 太陽が時代の向こうで 太陽が世界の彼方で 笑ってる  酷暑の熱気が吹き荒れる 虚栄に微睡(まどろ)む摩天楼 野望も賛辞も色褪せて 胡蝶の見ていた夢だろう  おお マンションの上に おお 外車の後ろに おお デパートの横に おお 病院の空に  太陽がいっぱい ルルル‥‥  太陽が地平の遠くで 太陽が時代の向こうで 太陽が世界の彼方で 笑ってる  未曾有(みぞう)の熱波が押し寄せる 知識で固めた泥の城 ルールもモラルも溶け去って 頸木(くびき)はもとからないだろう  おお 牧師の聖書に おお 囚人の首に おお 娼婦の裸に おお 役人の椅子に  太陽がいっぱい 太陽がいっぱい  太陽が地平の遠くで 太陽が時代の向こうで 太陽が世界の彼方で 笑ってる
痴人のモノローグ人間椅子人間椅子和嶋慎治鈴木研一拗(す)ねちゃいけない 少年 挫(くじ)けちゃいけない 青年 君の若さは 永遠 胸を反らして 行進  失敗は試金石 絶望は突破口 明けない夜なんてない  惚れちゃいけない 奥さん 迷っちゃいけない お嬢さん 悪い虫なら 沢山 操通して 退散  愛情は宝物 微笑みは夏の空 誠でいっそう光る  泣いちゃいけない 壮年 怒っちゃいけない 老年 細(こま)い大人は 残念 富士の気持ちで 悠然  人生は夢の中 懊悩は朝の露 この世は己の鏡  気にするな 独り言 馬鹿者の モノローグ
悪魔祈祷書人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治俺に力をおくれ そう悪魔みたいな 別に誰かを騙す いやそんなのじゃない  嘘つく舌を 抜いてやりたい  俺の魂なんか そうくれてやるから  アブラカダブラ 悪魔祈祷書  俺に印をおくれ そう獣みたいな のべつ淫らに耽る いやそいつは御免  盗っ人たちを 喰らってやりたい  俺の良心なんぞ そう只でやるから  アブラカダブラ 悪魔祈祷書  悪魔が来たりて 祝福したもう  悪魔がこぞりて 福音のたもう  俺に翼をおくれ そう魔物みたいな 空を気ままに翔る いやそれなら無用  企みごとを 暴いてやりたい  俺の幸福なんて そう欲しいだけやる  アブラカダブラ 悪魔祈祷書
悪夢の添乗員人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治ようこそ夢の扉へ 不思議な旅の始まりです 今宵に向かいますのは 地の底はるか地獄の果て  三途の川 針の山 押さないで 落ちたなら 生きて帰れない  ナイトツアー ナイトナイトツアー 悪夢の添乗員 ナイトメア ナイトナイトメア 悪夢の添乗員 明日見る お日様は きっと素敵  いらっしゃい夢の時間へ とびきり怖くまいりましょう 今晩お乗せするのは 真っ赤に燃えた炎の車  閻魔大王 牛頭(ごず)と馬頭(めず) 触れないで つかまれば 二度と戻れない  ナイトツアー ナイトナイトツアー 悪夢の添乗員 ナイトメア ナイトナイトメア 悪夢の添乗員 明日見る お日様は きっと素敵  どうです夢のお味は 不快な汗が止まぬでしょう 今宵はブディズムでした アラーと耶蘇(やそ)は次週を待て  叫喚地獄 阿鼻地獄 止まらないで はぐれたら 夢を覚めれない  ナイトツアー ナイトナイトツアー 悪夢の添乗員 ナイトメア ナイトナイトメア 悪夢の添乗員 明日見る お日様は きっと素敵
異端者の悲しみ人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治流離いの魂が 街中に溢れている 諦めの家路就き 今日の日を嘆いている  僕は誰だ がんじがらめ 我が身体入れられて ここは何処(どこ)だ 誰も彼も 恨み辛み罵って  本当の世界は何処(いずこ) 懐かしい世界は何処 かつていた世界は何処 異端者の悲しみよ  慟哭の歌声が 星空に掛かっている 困窮を抱き抱え 絶望に悶えている  僕は誰だ 我見我執 朝な夕な縛られて ここは何処だ 右往左往 明日の糧に迫られて  本当の世界は何処(いずこ) 懐かしい世界は何処 かつていた世界は何処 異端者の悲しみよ  ああ 永遠に揺らぐ ああ 光の海 ああ 遠く越えて ああ 僕はやって来た  ああ 何もかもが ああ たった一つ ああ 君と僕の ああ 麗しい故郷  暗闇にうずくまり 悔恨に打ち震え 彷徨える精神が 夏の夜に凍えている 屈託の影を踏み 獣道歩いている  僕は誰だ ひとりぼっち 骨と皮を背負込(しょいこ)んで ここは何処だ 輪廻カルマ 悲鳴怒号木霊して  本当の世界は何処(いずこ) 懐かしい世界は何処 かつていた世界は何処 異端者の悲しみよ  泣くがいい 異端者よ 叫ぶがいい 異端者よ
虚無の声人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治地下室を出てみよう 世の中を見てみよう まっさらに  信じられないけど 僕たちの世界は幻 色即是空(しきそくぜくう) 色付きの眼鏡で 逆様に覗いたモザイク 空即是色(くうそくぜしき)  隙間だらけに浮かぶ 空 欠伸しながら寄せる 海 そして気付く 虚無のゆえに 愛おしい  世界が終わる この世が消える 虚空に響く 虚無の声  恋人の腕(かいな)の 温もりは一夜(ひとよ)の浮橋 色不異空(しきふいくう) ありふれた月日が 灰色の景色で遠のく 空不異色(くうふいしき)  砂塵まみれに霞む 街 月の光に滲む 夜 やがて分かる 空(くう)のゆえに 美しい  世界が終わる この世が消える 虚空に響く 虚無の声  色即是空 空即是色  生きるために生きる 僕たちは無常の嬰児(みどりご) 五蘊皆空(ごうんかいくう) 苦しみも涙も 過ぎ行く雨風と托生 諸法空相(しょほうくうそう)  すべて 愛おしい  世界が終わる この世が消える 虚空に響く 虚無の声
僕のポニーひめキュンフルーツ缶ひめキュンフルーツ缶和嶋慎治和嶋慎治井上卓也・和嶋慎治金色に輝く たてがみが 朝焼けを疾っているよ いたいけな仕草と つぶらな目 恋に落ちてしまいそうさ  寂しさも 侘しさも 虚しさも 君といるなら 夢に消える  僕と一緒に 明日へ向かって 遥か彼方へ 時を駆け抜けよう 僕と一緒に 未来向かって 遠い世界へ 風を駆け抜けよう  サラブレッドなんか 柄じゃない 愛敬が君にはあるよ 疲れなど知らない 後ろ脚 見飽きることなんてないよ  憂鬱も 心配も 後悔も 君に乗るなら 忘れちまう  森の褥を抜けて 夜の帷を越えて 街の灯りを過ぎて 海の香りを嗅いで 風になり 雲になり 星になり 歌になろう ポニー  人生はいつでも 素晴らしい 君がいたらもっといいね 艶やかな毛並みの 尻尾さえ お手入れは怠らないよ  悲しさも 悔しさも 切なさも 君にかかれば 笑みに変わる  僕と一緒に 明日へ向かって 遥か彼方へ 時を駆け抜けよう 僕と一緒に 未来向かって 遠い世界へ 風を駆け抜けよう ポニー  ポニー ポニー ポニー ポニー ポニー ポニー ポニー 風を駆け抜けよう
恐怖の大王人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治黙示録の時代 ラッパが鳴り響く 世界のおしまいが 近付いた  眠れる荒神が 時の静寂破り 馬頭星雲から 目を覚ます  宇宙の仕組みに 逆らうものども 神代の時代に 還してやるのぞ  生命の意味を悟るのじゃ 心の奥を覗くのじゃ 生命に明かり灯すのじゃ 心に光戻すのじゃ  恐怖の大王 永遠に幸あれ 恐怖の大王 永遠に栄えあれ  ダニエル エゼキエル ノストラダムスまで 預言された時が やって来た  荒ぶる凶星が 闇の呪縛解き 北斗七星から まろび出す  浮世の栄華に 驕れるものども 原初の地平に 戻してやるのぞ  怒りの杖を下すのじゃ 涙の雨を降らすのじゃ 怒りの慈悲で叩くのじゃ 涙の愛で包むのじゃ  恐怖の大王 永遠に幸あれ 恐怖の大王 永遠に栄えあれ  衆生を救うため この世を正すため 恐怖の大王[おおきみ]は 訪れる  猛々しい貌[かお]で 試練を伴って オリオンの果てから 現れる  自然の理[ことわり] 抗うものども 太古の常世に 直してやるのぞ  地上に楽土造るのじゃ 仏の国を建てるのじゃ 地上に夢を結ぶのじゃ 仏の花を咲かすのじゃ  恐怖の大王 永遠に幸あれ 恐怖の大王 永遠に栄えあれ
芳一受難人間椅子人間椅子和嶋慎治鈴木研一阿弥陀寺の 丑三つ刻 草木も皆 眠り落ちている 生ぬるい風 怪しい声 狐の火が 乱れ飛んでいる  巧みな調べ弾く お前がほしい 見事な音色出す お前がほしい  こっちへ来い 一緒に来い 恐れず来い 迷わず来い 芳一  琵琶の響く 夜の墓場 卒塔婆たちが すすり泣いている 精も根も 尽き果てんと 天を仰ぎ 撥[ばち]をかき鳴らす  優しい顔をした お前がほしい 綺麗な声をした お前がほしい  こっちへ来い 一緒に来い 恐れず来い 迷わず来い 芳一  観自在菩薩行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空度一切苦厄舎利子  色不異空空不異色色即是空空即是色 受想行識亦復如是舎利子是諸法空相  亡霊ども 取り憑かれた 命の灯が 風に揺れている お釈迦様の 般若の経 体中に 墨で敷き詰める  あはれを慰める お前がほしい 無念を紛らわす お前がほしい  こっちへ来い 一緒に来い 恐れず来い 迷わず来い 芳一  羯諦羯諦波羅羯諦 波羅僧羯諦菩提薩婆訶
菊花の数え唄人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治ひとつ 人なら情篤く ふたつ 武士なら義理堅く みっつ 身の程わきまえて よっつ 世のため人のため  いつつ 命は捨つ覚悟 むっつ 胸[むな]には誠の字 ななつ 名を遂げ功を成し やっつ 大和の男振り  ひとつ 鄙[ひな]咲く菊の花 ふたつ 富士より潔い みっつ 道なら武夫[もののふ]の よっつ 夜駆けの死出の旅
狼の黄昏人間椅子人間椅子和嶋慎治鈴木研一満月が泣いてる 昔を懐かしみ 断崖に佇む 狼と一緒に  月に吠えろ 愛なきものよ 夜を走れ 家なきものよ  オゥオゥオゥオゥオゥ 声の限りに オゥオゥオゥオゥオゥ  星々が流れる 命をたずさえて 一匹でさすらう 狼を照らして  月に吠えろ 飢えたるものよ 夜を走れ 寂しきものよ  オゥオゥオゥオゥオゥ 声の限りに オゥオゥオゥオゥオゥ  山肌が震える 夜露に濡れそぼち 真っ直ぐな眼[まなこ]の 狼を怖がり  月に吠えろ 荒ぶるものよ 夜を走れ 気高きものよ  オゥオゥオゥオゥオゥ 声の限りに オゥオゥオゥオゥオゥ
眠り男人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治見世物小屋が やって来る 今日は楽しい 酉の市 だるま女に 蛇女 トリに出でしは 黄泉の使者  幕が 上がる 夜が 叫ぶ  さあ 起きろ 棺を開けて 動け 呪いを吐いて 踊れ 血潮を浴び そして 眠れ  鎖国時代の 忘れ物 無知と野蛮の 夢を見る 物の怪どもに 狐憑き 畏怖をまとった 伝導師  蓋が 開く 闇が 笑う  さあ 起きろ 棺を開けて 動け 呪いを吐いて 踊れ 血潮を浴び そして 眠れ  おためごかしの 四つ辻に 猟奇の風が 吹き荒ぶ  夢が 歩く 空が 裂ける  さあ 起きろ 棺を開けて 動け 呪いを吐いて 踊れ 血潮を浴び そして 眠れ  さあ 起きろ さあ 動け さあ 踊れ そして 眠れ
黄泉がえりの街人間椅子人間椅子和嶋慎治鈴木研一正法[しょうぼう]も像法[ぞうぼう]も 徒らに終わった 観音の功徳なき 今はただ末法 法忘れ慈悲忘れ 我勝ちに争い 欲まみれ金まみれ 成仏はもうない  墓が持ち上がる 黴が舞い上がる 骨がぞめき出す 死者が蘇る街  伴天連の福音も 逆しまに伝わる 復讐と審判に 人はただ慄[おのの]く  笑みを捨て愛を捨て 略奪に勤[いそ]しみ 剣を取り銃を取り 魂はもうない  墓が持ち上がる 黴が舞い上がる 骨がぞめき出す 死者が蘇る街  死人[しびと]どもが街を練り歩く 地獄絵図が街を塗り潰す  文明の発条[ぜんまい]が 厳かに巻かれる 隷属と洗脳に 誰もただ従う 山を切り森を切り 獣[けだもの]を追いやり 家を建て蔵を建て 神の影とてない  墓が持ち上がる 黴が舞い上がる 骨がぞめき出す 死者が蘇る街
雪女人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治地吹雪の舞い散る夜道 流離いの旅人一人 白銀の迷宮呑まれ 一時の庵を叩く  寒気が 冷気が 怖気が  孤独が 不安が 恐怖が  魂の叫びに呼ばれ 音もなく扉が開く  雪のように冷たい心 冬のように閉ざした心 誰も溶かせはしない 雪女  しんしんと降り積む雪が 人は皆一人と語る かじかんだ手先でなぞる 過ぎ去った恋路の記憶  睦言 接吻 抱擁  苦悩が 悔悟が 懺悔が  凍てついた微笑と吐息 ゆっくりと囲炉裏が消える  雪のように冷たい心 冬のように閉ざした心 誰も溶かせはしない 雪女  白い 白い 雪が 積もる 寒い 寒い 夜が 更ける  こんこんと止まない雪は 煩悩も氷らすだろう とめどない火宅の人に 安らぎを持たらす女  吹雪が 嵐が 雪崩が  青春 情熱 失望  恐ろしい美貌の顔で 声立てず唇奪う  雪のように冷たい心 冬のように閉ざした心 誰も溶かせはしない 雪女
三途の川人間椅子人間椅子和嶋慎治鈴木研一みんな渡る この世別れ いつか渡る 旅立つ日に 心しよう 慌てぬよう 知っておこう 恐れぬよう  あの世に架かる はるかな流れ それが三途の川  渡る時は ひとりぼっち でも心は 清々しい 渡る先は どこでもない 君の望む 世界へ行く  あの世に架かる はるかな流れ それが三途の川  誰もが渡る ひとりっきりで  泣いた人は 涙が待つ 悔いた人は 苦渋が待つ 笑っておこう 終わりはない 生きておこう 旅立つまで  あの世に架かる はるかな流れ それが三途の川  みんな渡る この世別れ いつか渡る 旅立つ日に
泥の雨人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治僕の家に 黒い雨が降るよ 窓を叩き 黄泉の使者が来るよ  神様の摂理を外れ 物質が誠を語る 終わりの世界 狂気の時代  降りつみ やまない 泥の雨  遠い空に きのこ雲が湧くよ 父や母の むせび泣きがするよ  黄金に権威を与え 人間に首輪を付ける 奴隷の世界 闇夜の時代  降りつみ やまない 泥の雨  しとしと しとしと  天国の光を忘れ 純白を血潮に染める 悪魔の世界 地獄の時代  降りつみ やまない 泥の雨
超能力があったなら人間椅子人間椅子和嶋慎治ナカジマノブおいらに テレパシーを 授けて くれませんか あの娘の うるんだ目を 向けたり しませんから  戦を やめさせ 平和を ESP  超能力が あったなら 超能力が あったなら  おいらに 念動力[ねんどうりょく] 与えて くれませんか あの娘の スカートなど めくりは しませんから  原爆 水爆 不発に PSI  超能力が あったなら 超能力が あったなら  おいらに 予知能力 持たせて くれませんか あの娘の 旦那さんを 探りは しませんから  地震に 洪水 避難を ESP  超能力が あったなら 超能力が あったなら  超能力が あったなら 超能力が あったなら
マダム・エドワルダ人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治飾り窓から 涅槃が見える 虚無と脂粉の 曼陀羅絵巻  ベッドを脱けて 扉を開けて 車に乗って 夜露を抱いて 下着になって 淫らになって 突っ疾れ 絶望を  おぉ マダム・エドワルダ おぉ か弱き人よ おぉ マダム・エドワルダ おぉ か細き腕に 愛を抱け  月の砂漠に 後光が灯る 聖と俗との 金襴緞子  コートを脱いで 帽子を取って ワインを開けて 愛撫に酔って 裸になって 子供になって 駆け抜けろ 喧騒を  おぉ マダム・エドワルダ おぉ 寂しき人よ おぉ マダム・エドワルダ おぉ 乱れた髪で 夢に落ちろ  空を行く雲は 好きに変わるのよ 蝶になり 花になり 雨になり 風になり  空を飛ぶ鳥は 好きに行けるのよ 海を越え 山を越え 夜を越え 時を越え  ルージュを引いて 睫毛を巻いて 鏡に立って ポーズを取って 綺麗になって 女神になって 飛んで行け 暗闇を  おぉ マダム・エドワルダ おぉ 悲しき人よ おぉ マダム・エドワルダ おぉ 可憐な指に 明日を掴め
地獄への招待状人間椅子人間椅子和嶋慎治鈴木研一人間椅子まんず地獄はいいどごだ 飯(まんま)なんぼでも食(か)へでける 湯さ浸かれば真っ赤っか 糞(ばば)その辺さ垂れ流し  あずましじゃ おもしれじゃ あんだも来てみろ  まんず閻魔はいい奴だ えふりこぎはお呼びでない 首チョンパに鬼ごっこ 見(め)っけ女(あま)っこオッペケペー  あずましじゃ おもしれじゃ あんだも来てみろ  まんず鬼達いい人だ ぶった斬りして笑ってる なんぼ臓腑(はらわだ)取られでも 死んでいるがら死なねんだ  あずましじゃ おもしれじゃ あんだも来てみろ
悪徳の栄え人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治人間椅子悪の華など おひとついかが どぎつい色の 食虫花です 婦女子も惑う 爛れた匂い 働くなかれ 青年ならば  退屈こそを 愛しなさい 頽廃だけを 目指しなさい  ほらほら広がる みるみる広がる 果てなく広がる きりなく広がる 悪徳の栄え  毒の水など いっぱいいかが 天上色の アブサントです 絵描き好みの 鼻つく薫り 足は千鳥に 心は千代に  正直者を 蔑みなさい のらくら者に 憧れなさい  ほらほら広がる みるみる広がる 果てなく広がる きりなく広がる 悪徳の栄え  欲望の森を抜けて どうぞ 禁断の果実園へ 享楽の夜を越えて どうぞ 背徳の御神殿へ ふしだらな歌を歌い どうぞ 自堕落な舞踏会へ 冒涜の言葉吐いて どうぞ 悪徳の感謝祭へ 道徳などは 厭いなさい 道楽ならば 励みなさい  ほらほら広がる みるみる広がる 果てなく広がる きりなく広がる 悪徳の栄え  悪徳が忍び寄る 悪徳が迫り来る  悪徳が爪を磨ぐ 悪徳がほくそ笑む
悲しき図書館員人間椅子人間椅子和嶋慎治鈴木研一人間椅子本の虫とかいうのは 誰をおいても彼しかいない 娘の影を追うより 目録の中愉悦に浸る  寝ても覚めても 頁をめくり 朝な夕なに 栞(しおり)をはさみ 今日も今日とて 机で眠れる 悲しき図書館員  マルキ・ド・サドに溺れて シェイクスピアと人生語る 春夏秋の息吹は ワーズワースを読んだら足りる  寝ても覚めても 頁をめくり 朝な夕なに 栞(しおり)をはさみ 今日も今日とて 机で眠れる 悲しき図書館員  戦の声が聞こえる だけど彼奴(あいつ)は書棚にひとり 心配事といったら 読書眼鏡は割らないように  寝ても覚めても 頁をめくり 朝な夕なに 栞(しおり)をはさみ 今日も今日とて 机で眠れる 悲しき図書館員
宇宙からの色人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治人間椅子悍(おぞ)ましいほどの時空を閲(けみ)し 宇宙の果てから 忌まわしいまでの気配に満ちて 暗愚は訪(おとな)う  輪廻を抜けて 次元を越えて  恐怖を撒き散らす フォトンベルト乗って 地球を搦(から)め取る アセンション嘯(うそぶ)き 堕落を仄(ほの)めかす チャネリング装い 禁忌を 唆(そそのか)す テレパシー囁き  宇宙からの色 黄泉からの色  狂おしいほどの光芒放ち 破壊を嗜(たしな)む 呪わしいまでの冷気を湛(たた)え 血肉を貪る  倫理の外で 狂気の淵で  科学を嘲嗤う ワームホール潜り 希望を打ちのめす ダークマターすす啜り 病を蔓延(はびこ)らす オールトの雲から 死霊を呼び寄せる カイパーベルトから  宇宙からの色 黄泉からの色  形なき 代物 名前なき 化け物  黄泉 闇 黄泉 闇  姿なき 禍(わざわい) 救いなき 存在  黄泉 闇 黄泉 闇  邪悪を解き放つ ホロスコープ廻し 虚空を知ろし食(め)す スペクトル操り 銀河を弄(もてあそ)ぶ タキオンの海から 悪夢を差し招く ゲヘナの彼方から  宇宙からの色 黄泉からの色  宇宙からの色 闇からの色 宇宙からの色 黄泉からの色
神経症 I LOVE YOU人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治人間椅子不眠症の街に 帽子が飛べば 愛を確かめたいと 受話器が叫ぶ かかかかか勝手な女は ななななな泣きじゃくるばかり  拒食症の君は ベッドの上で 黴の生えた詩集を 眺めて暮らす ままままま待ってくれ僕は だだだだだダダイストなんかじゃない  だけどBaby トラウマの夢は やせた胸も つがいの鯨にするというね  神経症 I Love You 壊れたリビドー 神経症 I Need You 倒錯の恋  ててててて手首の傷は ぼぼぼぼぼ僕のせいなんかじゃない  だけどBaby パラノイアの朝は 星の王子が 黒犬またがりやって来るよ  神経症 I Love You 壊れたリビドー 神経症 I Need You 倒錯の恋
表徴の帝国人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治人間椅子達磨さんが転んだ 面壁九年どっこいしょ 仏法僧が鳴いちっち 三宝唱えあをによし 鎮守の杜の紫陽花(あじさい)は 夕べの雨とてんてまり  春夏秋冬 天然美(うるわ)し  ここは 日の本 ここは 日の国 ここは 日の本 ここは 日の国  鹿威(ししおど)しが滑った 諸行は無常とんからり  利休さんが茶(さ)のさっさ 一期は一会うつせみの 蛙飛びこむ水の音 昔も今もいとをかし  幽玄俳諧 侘び寂び芳(かんば)し  ここは 日の本 ここは 日の国 ここは 日の本 ここは 日の国  表徴の帝国  表徴の帝国  観音様が笑った 善男善女こちゃこちゃえ 袖振り合うも前世の 縁(えにし)と思えさざれいし 彼岸が来ればのし紙に 三つ指ついてあきづしま  謙譲婉曲 礼節尊し  ここは 日の本 ここは 日の国 ここは 日の本 ここは 日の国  ここは 日の本 ここは 日の国 ここは 日の本 ここは 日の国
なまはげ人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治人間椅子最果ての土地に 粉雪が舞えば 因習の村は 祝祭の季節 伝説の時を 幾年(いくとせ)も越えて 戒めのために 客人(まれびと)は来たる  山より重い 人の罪 海より深い 人の業  なまげものは いねが 泣いでるわらしは いねが  ざんばらの髪と わらしべの羽織 赤色(せきしょく)の顔に 憤怒だけが灯る 迷妄で惑う 輩(ともがら)を憂い 発願(ほつがん)の元に 鬼神(おにがみ)となれる  夜より暗い 人の性(さが) 火よりも熱い 人の欲  なまげものは いねが 泣いでるわらしは いねが  厳しさ それが愛じゃ 激しさ それが慈悲じゃ 手心 それが毒じゃ  なまげものは いねが 泣いでるわらしは いねが  なまげものは いねが 泣いでるわらしは いねが  なまげものは いねが 泣いでるわらしは いねが
迷信人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治人間椅子あなたは何を信じる 悪魔かそれとも神か 老獪な司祭は今日も 黴臭い呪(まじな)いをする  明日が無数のイメージならば 昨日はこぼれ落つ砂粒だろう  おお 旧い世が終わる おお 新しい夜が明ける  あなたは誰を信じる 学者かそれとも友か ビッグバンに進化論でも 苦悩の答えは出ない  未来が無限の可能性なら 過去は彷徨える亡霊だろう  おお 旧い世が終わる おお 新しい夜が明ける  迷信 それは怖れ 迷信 それは病 迷信 それは墓場 迷信 それは闇夜  こっちの水は甘いぞ 同じ明日にしてやるぞ  迷信 それは怖れ 迷信 それは病 迷信 それは墓場 迷信 それは闇夜  こっちの水は甘いぞ 眠ったままにしてやるぞ  迷信 それは怖れ 迷信 それは病 迷信 それは墓場 迷信 それは闇夜  時代がその度の選択肢なら 世界はありったけ作れるだろう  おお 旧い世が終わる おお 暗い灯が消える おお 旧い世が終わる おお 新しい夜が明ける
生まれ出づる魂人間椅子人間椅子和嶋慎治鈴木研一人間椅子気がついちまった 限界なんてないと 宇宙の果ても 死なんてものもないと 見えてるものは それぞれの夢 幻想 ないものを信じ 今日もまた右往左往  恐れるな 怖がるな 胸に手を 当てるだけでいい 悲しむな 苦しむな 胸の奥 生まれ出づる魂  目が覚めちまった 誰もが自由なのさ 不自由ってのは 名前や地位のことさ 迷ってる人 飢えてる人がいても 自由であれば 施しをあげられる  恐れるな 怖がるな 胸に手を 当てるだけでいい 悲しむな 苦しむな 胸の奥 生まれ出づる魂  誰も君にはなれない うらやむ気持ちは 捨てちまえ 何でも心は持ってる 欲しがる気持ちは 投げちまえ 愛はどこにもあるから モテたい気持ちは 放っちまえ 何にもしくじらないから 鬱な気持ちは 消しちまえ  心がそよぐ 身空が晴れる  捨てちまえ 投げちまえ 放っちまえ 消しちまえ  心がそよぐ 身空が晴れる  驚いちまった 何も手にしちゃいない 夢の中には どれも運べやしない あると思えば がんじがらめが生まれ ないと知ったら 永遠はすぐそこさ  恐れるな 怖がるな 胸に手を 当てるだけでいい  悲しむな 苦しむな ただ耳を 澄ますだけでいい  恐れるな 怖がるな 胸元に 帰るだけでいい  悲しむな 苦しむな 胸の奥 湧き上がる 立ち昇る  生まれ出づる魂
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
悉有仏性人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治人間椅子頭で煩悶しても 幸せ一つ見つからない 体は仮の宿りで 心の中に故郷がある  永遠 無限 何でもできる  天国の扉を開く鍵は 君の心 天国の地平へ至る道は 君の心  世界を探険しても 神や仏は見当たらない 時代を追うのは止して 自分自身を見つめてみる  悠久 無窮 どこでも行ける  天国の扉を開く鍵は 君の心 天国の地平へ至る道は 君の心  すべての自然に心が宿る 草木や小石やそよ風さえも すべての生命の心は一つ 宇宙は光  あゝ 極楽
宇宙船弥勒号人間椅子人間椅子和嶋慎治ナカジマノブ人間椅子旅行に出ようぜ ナイトフライトさ 街の果て 海の果て 地球の果てまで 月を越え 火星越え 太陽の彼方  五十六億 七千万の 時空の壁を ひとっとび  不思議に思うかい 君だって神秘的 誰でもが 持っている 無邪気なハートで 呼べばいい 彼のこと 衆生のカリスマ  五十六億 七千万の 時空の壁を ひとっとび  もうすぐ来る 弥勒が来る わくわくする 弥勒が来る  ピカピカの船だぜ ヴィマーナってやつだろ 唯識(ゆいしき)の 阿頼耶識(あらやしき) 末那識(まなしき)で動く 倶盧洲(くるしゅう)を 須弥山(しゅみせん)を アベック飛行さ  五十六億 七千万の 時空の壁を ひとっとび  good flight good night
リジイア人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治人間椅子地上に花咲いた 何より美しい 溢(こぼ)れる微笑みは 天使の調べ  夜空に瞬いた 星より懐かしい 夢から訪れた 光の子供 リジイア  リジイア リジイア すべてを 持ち得る人よ 悲しみ 苦しみ 優しさ そして喜び  水面(みなも)に描かれた 月より麗しい 気高い眼差しの 永遠の恋人 リジイア  リジイア リジイア すべてを 持ち得る人よ 悲しみ 苦しみ 優しさ そして喜び  誰のものでもない あなたはあなたの 生命を生きるのだから  誰のものでもない あなたはあなたの 心を生きるのだから
ミス・アンドロイド人間椅子人間椅子和嶋慎治鈴木研一人間椅子未開の森に守られ 静かに眠る美少女 有史以前の科学の 粋を集めたロボット  まだ 目が覚めない なぜ 目を開けない もし 目が覚めたら その 目は何見る  愛情を与えねば 魂を授けねば 起き上がれない 愛情が灯るまで 魂を宿すまで ミス・アンドロイド  ミイラの下僕(しもべ)従え 石の棺で夢見る 人の歴史の興亡 宇宙の果ての盛衰  まだ 目が覚めない なぜ 目を開けない もし 口開いたら その 声何言う  愛情を与えねば 魂を授けねば 起き上がれない 愛情が灯るまで 魂を宿すまで ミス・アンドロイド  フランケンシュタインでも 赤い唇奪えない 考古学者の論理は お髪(ぐし)ひとつも解けない  まだ 目が覚めない なぜ 目を開けない もし 手が動けば その 指何指す  愛情を与えねば 魂を授けねば 起き上がれない 愛情が灯るまで 魂を宿すまで ミス・アンドロイド
グスコーブドリ人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治人間椅子イーハトーヴが 彼の故郷 はるか遠くの ちっちゃな星座 光を越えて 輪廻を抜けて 人の形で 地上に降りた  さようここは地球  オーイオーイオーイ ブドリは泣いた オーイオーイオーイ 貧しい人に オーイオーイオーイ ブドリは泣いた オーイオーイオーイ 惨めな人に  イーハトーヴは 思念の世界 三次元では 辿り着けない みんなが一人 一人がみんな 言葉の前に すべてが分かる  そしてここは地球  オーイオーイオーイ ブドリは泣いた オーイオーイオーイ 貧しい人に オーイオーイオーイ ブドリは泣いた オーイオー  さてもここは地球  オーイオーイオーイ ブドリは泣いた オーイオーイオーイ 貧しい人に オーイオーイオーイ ブドリは泣いた オーイオー  オーイオーイオーイ ブドリは泣いた
がらんどうの地球人間椅子人間椅子和嶋慎治鈴木研一人間椅子夕焼け雲が 不穏に浮かんでいる 波打ち際は 異形の魚の群れ 真夏の雹と 真冬の大洪水 昨日の夢が 漸次(ぜんじ) 崩れてゆく  がらんどうの地球 ルールは何もない 吹きさらしの地平 モラルの影もない  時計の針が 終わりを刻んでいる パンの値打ちは 札束でも足らない 同じ色した 肌同士が争い 今日の友さえ 明日の敵(かたき)になる  がらんどうの地球 ルールは何もない 吹きさらしの地平 モラルの影もない  形あるもの それは皆まぼろし そう 形なきもの それだけが永遠 そう 手に取れるもの それは皆まやかし そう 手に取れぬもの それだけが真実 そう  砲火の声が 正義を叫んでいる 瓦礫の山は 誰をもねぎらわない たばかるだけの 歴史が閉じれたなら 新たな夢を 荒野に紡げるだろう  がらんどうの地球 ルールは何もない 吹きさらしの地平 モラルの影もない
結婚狂想曲人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治人間椅子神様を見かけたなら これだけは聞いたがいい つきまして私のダーリンはどこに  神様に会いたいなら 神殿に行くがいいが さしあたりそこにもいるかどうか  天にまします我らが父よ  新郎とご新婦の 馴れ初めいうにはまだまだ早い 花婿と花嫁の 永遠の愛はなかなか遠い  神様がいるかなんて 哲学も知っちゃいない とりあえず私のダーリンはどこに  神様がいるとしたら 先様の心の中 ありがたく私はダーリンと呼ぼう  地にもまします我らが父よ
隷従の叫び人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治人間椅子微睡(まどろみ)の中に 人生は過ぎる 幻燈のように  刻限に追われ 安寧を求め 目が覚めぬままに  僕は 奴隷なんかじゃない 僕は 自由を叫びたい  番号は振られ 選別がされる 畜生のように  限界が生まれ 坦懐は消える 隷従のままに  僕は 奴隷なんかじゃない 僕は 自由を叫びたい  この世に生まれて 何をつかむのか 他人の生涯 それとも己れか 思い出浸る時間はない  輪廻を出るには 何をすればいい 刹那の慰み それとも試練か 虚構に救う道などない  牢獄の中で 人生は閉じる 幻想のままに  僕は 奴隷なんかじゃない 僕は 自由を叫びたい
此岸御詠歌人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治果たしてここはどこなのか 果たしてそこはどこなのか どこでもあり どこでもない ここにもあり そこにもある  あぁ あぁ あぁ あぁ あぁ あぁ あぁ あぁ あぁ あぁ あぁ あぁ Om
黒百合日記人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治真っ暗闇に座り 日記を付けています 真っ逆様に落ちた 狂おしい恋の罠 たった独りで僕は 愛の嵐に呑まれ 待っても来ない日々に あなたを恨みました  花びら千切って 祈るのが恋 押し花こさえて 託すのが夢  黒百合の花言葉 恋しゅうて 呪います 黒百合の日記帳 苦しゅうて 綴ります  享楽だけの恋は どなたにもございます そんな火遊びをして 人は老いるのでしょう どんな慰みよりも 真心を欲すのは きっと空【うつ】けなのだと 己れを呪いました  星屑数えて 願うのが恋 星座を描いて 宿すのが夢  黒百合の花言葉 恋しゅうて 呪います 黒百合の日記帳 苦しゅうて 綴ります  一輪の花こそ美しい 一片【ひとひら】の夢こそ美しい 永遠の愛こそ美しい 明日を思って 記すのが恋 涙を零【こぼ】して 刻むのが夢  黒百合の花言葉 恋しゅうて 呪います 黒百合の日記帳 苦しゅうて 綴ります
地獄変人間椅子人間椅子和嶋慎治鈴木研一地獄の叫びを 聞いてみたくないか 悩み疲れた君に ふさわしい贈り物  後悔をする度 言い訳をする度 執着をする度 逆上をする度  真っ赤に染まる 責め苦の血潮 真っ赤に燃える 業火の炎  悪魔の狼煙を 垣間見たくないか 疑り深い君に ぴったりの絵巻物  陰険になる程 傲慢になる程
桜爛漫人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治花咲く卯月【うづき】は 誰の気持ちもそぞろ 恋の予感に柳が揺れる 過ぎ行く季節を 惜しみほころぶ桜 もののあはれと袂が濡れる  時間は徒らだと 思いに耽る人よ 刹那に歓びを 感じ取ってくれ  悲しみは 何ではかればいいんだろ 幸せは 誰がはこんでくるんだろ はらはら散りぬる桜爛漫  星降る皐月【さつき】は 夢見心地におぼろ 凪いだ水面に羽虫がそよぐ 行き来る月日を 妙に彩る木立 野辺の千鳥もをかしと歌う  世間は偽りだと 煩い悩む人よ 心に美しさを 抱いていてくれ  悲しみは 何ではかればいいんだろ 幸せは 誰がはこんでくるんだろ はらはら散りぬる桜爛漫  今宵お花見するわいな 花としっぽりするわいな 今宵お月見するわいな 月とかっぽれするわいな  風吹く弥生は 街もしとどにおどろ 忍ぶ逢瀬が霞に煙る 立ち去る気配を そっと匂わす褥【しとね】 夢は幽玄辿れば消える  この世は幻だと 悲嘆に暮れる人よ 生命【いのち】の永遠を 思い出してくれ  悲しみは 何ではかればいいんだろ 幸せは 誰がはこんでくるんだろ はらはら散りぬる桜爛漫
新調きゅらきゅきゅ節人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治男子たるもの 生まれたからにゃ (きゅっきゅきゅーきゅっきゅきゅー) きっと本懐 遂げなきゃならぬ (きゅっきゅきゅーきゅっきゅきゅー) たんと苦労の 荊【いばら】の道じゃ (きゅっきゅきゅーきゅっきゅきゅー)  ぶんがちゃっちゃぶんがちゃっちゃ ぶんがちゃっちゃぶんがちゃっちゃ ぶんがちゃっちゃぶんがちゃっちゃ  大人【たいじん】たるもの 短気は損気 (きゅっきゅきゅーきゅっきゅきゅー) でんと構えて 心で泣いて (きゅっきゅきゅーきゅっきゅきゅー) うんと笑えば 明日も晴れる (きゅっきゅきゅーきゅっきゅきゅー)  ぶんがちゃっちゃぶんがちゃっちゃ ぶんがちゃっちゃぶんがちゃっちゃ ぶんがちゃっちゃぶんがちゃっちゃ  恋路たるもの 長居は無用 (きゅっきゅきゅーきゅっきゅきゅー) ちょいと押したら 今度は引いて (きゅっきゅきゅーきゅっきゅきゅー) ぱっと散っても 花なら咲くよ (きゅっきゅきゅーきゅっきゅきゅー)  ぶんがちゃっちゃぶんがちゃっちゃ ぶんがちゃっちゃぶんがちゃっちゃ ぶんがちゃっちゃぶんがちゃっちゃ
猫じゃ猫じゃ人間椅子人間椅子和嶋慎治鈴木研一猫じゃ猫じゃとおっしゃるが 猫は下駄など履きやせぬ 二人水性【みずしょう】の忍び逢い 修羅の果てまでサンサノサ  お月さん沈むでないよ 恋の路照らしておくれ  下戸じゃ下戸じゃとおっしゃるが 下戸は銚子で飲みやせぬ 三味の調子で探り合い 差しつ差されつヨイヤサカ  お月さん沈むでないよ 恋の路照らしておくれ  明けの烏 鳴くのはおよし 夢の刻【とき】が 醒めるというに  デコじゃデコじゃとおっしゃるが デコで豆腐は断ちやせぬ 風邪の熱なら下がりょうが 想いは冷めぬションガイナ  お月さん沈むでないよ 恋の路照らしておくれ  さよう この世が苦しみなれば しよう 恋を こちゃえ こちゃえ  さよう あの世が安らぎなれば みよう 夢を こちゃえ こちゃえ
蜘蛛の糸人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治・鈴木研一・ナカジマノブここはどこじゃいな 硫黄華【はな】咲く徒【あだ】し野の 闇に木霊する 嗚咽【おえつ】慟哭【どうこく】すすり泣き  地獄ジャナイカ 助ケテオクレ 無体【むたい】ジャナイカ 打【ぶ】タズニオクレ  蜘蛛の糸 ぞろぞろり 蜘蛛の糸 ぞろぞろり  我身可愛さに 無頼【ぶらい】放蕩【ほうとう】し放題 イエスお釈迦様 神は存ぜぬ知りませぬ  地獄ジャナイカ 救ッテオクレ 後生ジャナイカ 堪忍シテオクレ  蜘蛛の糸 ぞろぞろり 蜘蛛の糸 ぞろぞろり  アア 痛イヨ アア 怖イヨ アア 暗イヨ アア 寒イヨ  地獄に仏じゃ 光一筋蜘蛛の糸 ここが天王山 くんずほぐれつ滝登り  来ルンジャナイヨ 切レルジャナイカ 登ルンジャナイヨ 落チルジャナイカ  蜘蛛の糸 ぞろぞろり 蜘蛛の糸 ぞろぞろり
十三世紀の花嫁人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治ルルル 心に灯【ともしび】を ルルル 面に微笑みを ああ なぜに 人は 迷う  ルルル 心に灯【ともしび】を ルルル 面に微笑みを ああ なぜに 人は 迷う  百万遍の 悔恨の涙 慟哭【どうこく】の果て 清浄の地平 誰もが無明で 誰もが光明  千万遍の 妄執の焔【ほむら】 恩讐の果て 寂滅の世界 全てが自由で 全てが豊饒【ほうじょう】  心に灯 面に微笑み 心に灯 面に微笑み
月のモナリザ人間椅子人間椅子和嶋慎治鈴木研一永久に 背を向けた 月の裏には 悠久を 閲【けみ】しきた 霊廟がある 人類の 曙の 遥けく昔 彼方より 飛来した 客人【まれびと】の墓  夜を 見守れよ 星を 光らせよ 永遠に 微笑めよ 月のモナリザ  平安と 創造の 銀河から来た 永遠の 生命を 知らしめるため 人々が 気付くまで 眠り続ける 死の姿 装って 眠り続ける  夜を 見守れよ 星を 光らせよ 永遠に 微笑めよ 月のモナリザ  伝説の神々が 栄光を仄めかす 常しえの天国の 階【きざはし】にいるのだと  導けよ 誘えよ 月のモナリザ  幾度も 滅んでは 歴史が出来る 争いに 明け暮れて 砂塵に帰る 月光は いつの世も 遍【あまね】く照らす 何事も もの言わず 優しく照らす  夜を 見守れよ 星を 光らせよ 永遠に 微笑めよ 月の女神  夜を 見守れよ 星を 光らせよ 永遠に 微笑めよ 月のモナリザ
時間からの影人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治星雲の静寂【しじま】には 無慈悲な神が御座【おは】すとか 黄金の玉座にて 銀河の夢を聞こし召す 悍【おぞ】ましい尊顔は 悪辣【あくらつ】に滾【たぎ】る  異次元の狭間【はざま】から 詰屈【きっくつ】な歌を嘯【うそぶ】けば 狂おしい旋律が 十方を冒す  現世【うつしよ】は夢 神々の夢  永劫の帳【とばり】から 未来と過去を認【したた】める 忌まわしい法則で 冥界を統【す】べる  現世は夢 神々の夢 現人【うつせみ】は影 神々の影
人生万歳人間椅子人間椅子和嶋慎治鈴木研一すべては君の思うまま すべては君のなすがまま 怒【いか】ればさらに怒られる 笑えば笑みに包まれる  単純明快 面白き哉 痛快千万 素晴らしき哉 人生万歳!  すべては君の願うまま すべては君のするがまま 恨めばさらに恨まれる 許せばもっと許される  単純明快 面白き哉 痛快千万 素晴らしき哉 人生万歳!  歩け 道ある限り 進め 道なき道を 挑め 野越え山越え  歩け 陽のある限り 進め 渇きを堪【こら】え 挑め お天道様へ  歩け 生ある限り 進め 命を懸けて 挑め 燃え尽きるまで  すべては君の望むまま すべては君のあるがまま 憎めばさらに憎まれる 愛せば愛に抱かれる  単純明快 面白き哉 痛快千万 素晴らしき哉 人生万歳!
衛星になった男人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治さあ 近付いた オールトの雲 ああ 呼んでいる 光の子供の調べ  出ようと思うんだ 広い世界へと まやかしのない エルドラドへと  人のためは 僕のためさ 空の果てへ いざ行かん  行こうと思うんだ 大きい宇宙へと 争いのない ユートピアへと  人の夢は 僕の夢さ 星の彼方 いざ行かん  君が悲しむ時は 僕も虚空で泣くよ 涙に濡れる星座 それが僕さ  君が喜ぶ時は 僕も夜空を舞うよ 歌い踊る彗星 それが僕さ  発とうと思うんだ 遠い銀河へと 憎しみのない ニルヴァーナへと  人の願いは 僕の願いさ 時を越えて いざ行かん
沸騰する宇宙人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治宇宙が回転する 新しい時代へ エホバの画策した 偉大なる円陣 大地は屹立する 天からの号令で 全地は覚醒する 生命の意味  ソドムとゴモラの 安らかにあれ 肉体(からだ)も名誉も 持てないがゆえ  (オープン) 扉が開く (セサミ) チャクラが開く (オープン) 無限へ開く (セサミ) 涅槃へ開く  宇宙  次元が開闢(かいびゃく)する 素晴らしい地平へ 時間の碇泊する 永えなる浄土 思念は横溢(おういつ)する 恒星を尻目に 秘密は開陳する 存在の意義  ヘヴンとヘルから 諸人が来る アポカリプスを 果たさんとして  (オープン) 扉が開く (セサミ) チャクラが開く (オープン) 無限へ開く (セサミ) 涅槃へ開く  宇宙  ああ 大空よ 我が 故郷よ ああ 星空よ 我が 兄弟よ  銀河が疾走する 懐かしい知性へ エーテルの充満する 全能の脈動 苦悩は散逸する 迷信の彼方に 光は招来する 創造の意図  ドグマとダルマが 抱擁をなす 仮想もリアルも 等しいがため  (オープン) 扉が開く (セサミ) チャクラが開く (オープン) 無限へ開く (セサミ) 涅槃へ開く  オープン セサミ  (オープン) 扉が開く (セサミ) チャクラが開く (オープン) 無限へ開く (セサミ) 涅槃へ開く  宇宙
阿呆陀羅経人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治炎がメラメラ 心はカラカラ 頭はグラグラ 体はフラフラ  六根清浄(ろっこんしょうじょう)針の山 修羅の道行く一人旅  にっちもさっちもいかない 煩悩  愛とはトキメキ 然してオウノウ 咲いてはシュウネン 散ってはオンネン  五蘊皆空(ごうんかいくう)秋の空 鳩摩(くま)の羅什(らじゅう)も泣いちっち  あっちもそっちもこっちも 煩悩  羯諦(ぎゃてい) 羯諦 羯諦 羯諦 羯諦 羯諦 羯諦 羯諦 羯諦 羯諦 羯諦 羯諦  桜がヒラヒラ 命がハラハラ 今宵もツレヅレ 思いはウタカタ  涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)除夜の鐘 五百羅漢の笛太鼓  いつまでたっても消えない 煩悩
あゝ東海よ今いずこ人間椅子人間椅子和嶋慎治鈴木研一波を遥けく東海の 瑞穂たなびく葦原(あしはら)の  美(うる)わしの 憧憬の御国  天を敬い人和して 分をわきまえ身を譲る  微笑みの 礼節の王土  あゝ東海よ あゝ東海よ あゝ東海よ 今いずこ あゝ東海よ あゝ東海よ あゝ東海よ 弥栄(いやさか)にあれ  胸に誠の益荒男(ますらお)の 忍ぶ意気地の潔さ  武士(もののふ)の 堪忍の矜持  己(おの)がことより人のこと 義理に仕える志  古えの 忠孝の教え  あゝ東海よ あゝ東海よ あゝ東海よ 今いずこ あゝ東海よ あゝ東海よ あゝ東海よ 弥栄(いやさか)にあれ  夢よいずこ 誠よいずこ 明日よいずこ 昔よいずこ  三千世界の 陽はいつ出やる  花も恥じらう撫子(なでしこ)の 凛(りん)と咲いたる艶(あで)やかさ  まほろばの 富士山(ふじやま)の姿  淋しき人には涙して 清らな朝には手を合わす  懐かしの 惻隠の心  あゝ東海よ あゝ東海よ あゝ東海よ 今いずこ あゝ東海よ あゝ東海よ あゝ東海よ 弥栄(いやさか)にあれ  夢よいずこ 誠よいずこ 明日よいずこ 昔よいずこ
光へワッショイ人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治君は日輪の眼を見たか はたと革命を待つ瞳  僕らが生まれてきたのは 光になるため  だから遠くへ はるか遠くへ 飛ぶんだ  光へ ワッショイ 明日へ ワッショイ 未来へ ワッショイ 彼方へ ワッショイ 光へ ワッショイ 朝日へ ワッショイ 夜空へ ワッショイ 虚空へ ワッショイ ワッショイ  君は銀河の歌を聴いたか 永遠に生命讃えるメロディ  僕らに形があるのは 力を貸すため  だから果てなく もっと果てなく 行くんだ  ワッショイ  君は大地の夢を知ってるか すべて黄金輝く世界  僕らに言葉があるのは 祝福するため  だから怖れず なにも怖れず 立つんだ  光へ ワッショイ 明日へ ワッショイ 未来へ ワッショイ 彼方へ ワッショイ 光へ ワッショイ 朝日へ ワッショイ 夜空へ ワッショイ 虚空へ ワッショイ ワッショイ
ギラギラした世界人間椅子人間椅子和嶋慎治鈴木研一第三次元の世界が そろそろ終わりに近づいたんだぜ DNAから聞こえる ぼちぼち体を脱ぎ捨てようかな  ほら 醜いものや卑しいものが蒸発するよ そう 恐ろしいものも無くなっちまう ほら 争いごとや疚(やま)しいことが消滅するよ そう おぞましいことも飛んでっちまう  ギラギラしてる 来たるべき世界 mc2の理論が とうとう馬脚を現わしたんだぜ 太古の珍獣怪獣 ぞろぞろ繰り出し常識蹴散らす  ほら 醜いものや卑しいものが蒸発するよ そう 恐ろしいものも無くなっちまう ほら 争いごとや疚(やま)しいことが消滅するよ そう おぞましいことも飛んでっちまう  ギラギラしてる 来たるべき世界  ホモサピエンスの歴史が ようようフィナーレ告げ出したんだぜ bye bye シンクロニシティだらけで おろおろしててもすべてがばれるぜ  ほら 醜いものや卑しいものが蒸発するよ そう 恐ろしいものも無くなっちまう ほら 争いごとや疚(やま)しいことが消滅するよ そう おぞましいことも飛んでっちまう
春の匂いは涅槃の薫り人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治春雷が僕を呼ぶよ 冬が過ぎ春は来やる 明け方に凍えるよに  苦しみは朝の徴(しるし)  春雨が舞を舞うよ 大空の広い舞台 野や山を祝福して 僕たちは生まれ変わる  晴れ上がった宙を飛ぶ のどやかなひばり 涙さえ誘うよな 懐かしい匂い  春の匂いは涅槃の薫り 夢の続きを運んで来るよ 愛の便りを届けに来るよ 嗚呼  春風が唄歌うよ どこまでも希望乗せて 山彦もうっとりして 口ずさむ永遠のハーモニー  澄み渡った空よぎる 流れ星ひとつ 時間さえ止まるよな かぐわしい薫り  春の匂いは涅槃の薫り 夢の続きを運んで来るよ 愛の便りを届けに来るよ 嗚呼  幽か 幽か 幽かに  りゅうりゅう りゅうりゅうりゅうりゅう  春の声  刹那は 永遠  そっと 静か 静か 静かに  りゅうりゅう りゅうりゅうりゅうりゅう  春の声  春の唄  春の匂いは涅槃の薫り 夢の続きを運んで来るよ 愛の便りを届けに来るよ 嗚呼  春の匂いは涅槃の薫り 夢の続きを運んで来るよ 愛の便りを届けに来るよ 嗚呼
悪魔と接吻人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治真っ黒な薔薇で 俺を打(ぶ)ってくれ 滴る血潮で 息もつけぬほど 不埒な言葉を 傷に塗りたくり 昨日の俺とは 他人にしてくれ  夢から醒めない 明日が見えない 悪魔と接吻  アブサンの酔いで 俺を抱いてくれ 堕落の匂いで 目も眩むほどに 極彩色した 酒場で与太って いつもの俺など 消えたっていいさ  夢から醒めない 出口が見えない 悪魔と接吻  どしゃぶりの雨で 俺を泣いてくれ どぶ泥の水で 溺れちまうほど 鉤爪を磨いで 鎌首もたげて どこかの誰とも 知れなくしてくれ  夢から醒めない 明日は知れない 悪魔と接吻
泣げば山がらもっこ来る人間椅子人間椅子和嶋慎治鈴木研一おらは山出し田舎者(いながもん)だ 字だって知らねじゃ だども話コしかせでやる 一つ聞いでけ  山さカラスが帰るのだば おめも分がるべ 人も夜には寝ねばまいね 寝ねんでいれば  山がらもっこ来るぞ 起ぎでばりいで 泣いでばしだば 逃げるがってもだめだ おめどそっくりの 顔したやづ来る  やづの正体分がんねけど まんずおっかね  屋敷入へられだどごろは皆 潰れでまたじゃ  いづもいいごどしてる家(え)さは もっこは行がね  悪の薫(かま)りコ好ぎだんだべ おめもそんだのが  山がらもっこ来るぞ 起ぎでばりいで 泣いでばしだば 逃げるがってもだめだ おめどそっくりの 顔したやづ来る  人さ泥んこぶつけでみろ 手ハァ泥だらけ 人さ笑って喋ってみろ 笑みコ返るっきゃ  おめのなすごど黙ってでも おめさ来るはんで そせば話コとっちぱれだ そろそろ寝ねば  山がらもっこ来るぞ 起ぎでばりいで 泣いでばしだば 逃げるがってもだめだ おめどそっくりの 顔したやづ来る  泣げば山がらもっこ来る 寝ねば山がらもっこ来る おめの顔したもっこ来る おめの振りしたもっこ来る  泣げば山がらもっこ来る 寝ねば山がらもっこ来る おめの顔したもっこ来る おめの振りしたもっこ来る  泣ぐな
胡蝶蘭人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治朝靄(あさもや)と語り 夕立と歌う 健やかにただ咲いた 愛しい花よ  静けさを愛し 偽りは知らず 喜びにただ満ちる つましい花よ  たなびく白い雲は  あなたの腕(かいな) そよ吹く東風は あなたの調べ すべてがあなた  ああ わたしの形が亡びようと ああ あなたの心は咲きつづく  永遠(とわ)に  木洩れ日とはしゃぎ 陽炎(かげろう)と睦む 麗(うら)らかにただ開く 優しい花よ  微笑みを抱いて 疑いは持たず 清らかにただ眠る さかしい花よ  流れる空の星は あなたの涙 たゆたう揚羽蝶は あなたの夢見 すべてがあなた  ああ わたしの形が亡びようと ああ あなたの心は咲きつづく  永遠に  はためく青い木々は あなたの明日 羽ばたく巣立ち鳥は あなたの希望 生きとし生けるものは あなたの言葉 すべてがあなた  ああ わたしの形が亡びようと ああ あなたの心は咲きつづく  ああ わたしの体が消え去ろうと ああ あなたの言葉は生きつづく  永遠に  胡蝶蘭
地底への逃亡人間椅子人間椅子和嶋慎治鈴木研一この世の終わりに 地の底への扉が開く 有史の前から 隠されたる神秘の岩戸  巨人と 賢者と 火星の叡知(えいち)のものした世界  骸(むくろ)を乗り越え 死をうらやみ迷路を下りる 地軸は傾き 刈り取られる子羊の群れ  嵐と 地鳴りと 死の灰の止むことのない地上  文明の香りは 栄光から泥土に落ちる 時空は消え去り 聞こえるのは神の声だけ  遥かな地底へ 新たな次元へ 果てなき試練へ 次なる頁へ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
愚者の楽園人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治何も持たないことって きっと素敵なことさ 家や車や財産 たぶん愛もそうだろう 金の亡者たちなら ここにうじゃうじゃいるぜ いつも損しちゃないかと 人を呪ってばかり  持てば持った分だけ カルマだけが増える そうさ 騙し合い 憎み合い まるで地獄じゃないか  愚者の楽園は きっと来る 貧者の花園は やがて来る ハレルヤ  すべて捨てちまえれば もっと楽しいはずさ 夢を見ている赤子 眠る老人のように 針の目処をらくだが 通り抜けるっていうぜ 欲に眩んでいたら それも見えないだろが  欲しい欲しいでくたばり 輪廻一つ増える そうさ 逃げられず どこも行けず まるで奴隷じゃないか  愚者の楽園は きっと来る 貧者の花園は やがて来る ハレルヤ  心だけが知っている 心だけが覚えている 永遠へと至る道  苦しみのない 日の沈まない ニルヴァーナ  愚者の楽園は きっと来る 貧者の花園は やがて来る ハレルヤ  ハレルヤ
今昔聖人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治今は昔の荒れ野で 聖は泣いている 聴く人もない祈りを  ひたすら誦(よ)んでいる  暗闇で眠り続ける皆様方よ 光明を怖がらないで目を開くのじゃ  進め 進め 雄牛のように進め 進め 進め 血反吐はいても進め  闇の向こうで神は待つ  無明の風が吹く度 聖はやって来る 誰でも行ける菩提を ひねもす説いている  苦しみを見ないふりする皆々様よ 安らぎは試練からしか学べないのじゃ  笑え 笑え 雄獅子のように笑え 笑え 笑え 打たれようとも笑え  どこに行こうと神はいる  暗夜の果てから 朝日が昇る 荒野をあまねく 仏が照らす  運命に任せたままの皆様たちよ 幸福は誰も運んで来はしないのじゃ  走れ 走れ 駿馬(しゅんめ)のように走れ 走れ 走れ 道がなくとも走れ  神も仏も胸のうち  進め 進め 進め 進め
赤と黒ナカジマノブ(人間椅子)ナカジマノブ(人間椅子)和嶋慎治和嶋慎治幾億千もの 神々の睦言(むつごと) 雷鳴と潮(うしお)が 永えの愛を語る  僕という形は たまゆらの蜉蝣(かげろう) 君という奇跡は 八月の燃える太陽  真紅の薔薇(ばら)は 情熱の花 湧き上がる生きる喜び それよりも芳(かぐわ)しい なによりも麗しい あなたの笑顔 涙 心  赤と黒が 混じるように 君と僕が 一つになる 赤と黒が 溶けるように 君と僕が 一つになる 永遠の君  孤独の鎧(よろい)と 憂鬱の兜(かぶと) 手負いの戦士は 純潔の胸で眠る  僕という事象は 自然のみなしご 君という天使が 揺籠(ゆりかご)に星を吊るす  漆黒の海は 沈黙の色 謎めいて時と微睡(まどろ)む それよりも厳かな なによりもたおやかな あなたの瞳 吐息 仕草  赤と黒が 混じるように 君と僕が 一つになる 赤と黒が 溶けるように 君と僕が 一つになる 永遠の君  愛のない風景は きっと灰色 愛こそが彩る 清く 深く  赤と黒が 混じるように 君と僕が 一つになる 赤と黒が 溶けるように 君と僕が 一つになる 永遠の君  君の笑顔 涙 心 すべて 君の瞳 吐息 仕草 すべて 永遠の君
太陽の没落人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治太陽は今 己れの炎に喘ぐ 巨大な器 余るほど熟れた果実  貧しき者へ 悲しむ者へ 洞窟潜む者へと 階(きざはし)を 下らん  空の太陽が 落ちるように 彼もひとり 落ちてくるだろう  太陽を背に 雲海見下ろす男 焼けつく叡智 肌焦がす恵み浴びて  賢しらたちへ 憐れむ人へ 幕屋で眠る驢馬(ろば)へと 松明を かざさん  空の太陽が 落ちるように 彼もひとり 落ちてゆくだろう  千尋(せんじん)の谷 急峻な崖 牙むく獣 のたうつ大地  嘲りの声 蔑む眼(まなこ) 罵る唾(つばき) 頬打つ礫(つぶて)  太陽の没落 栄光の没落 太陽の没落 天上の没落  太陽の没落 栄光の没落 太陽の没落 天上の没落  太陽の目は 道化師にも似て暗い 善と悪との 彼岸を見てきたゆえに  痴れ者なのか 物乞いなのか 咎人(とがにん)こそは 我が輩(ともがら)と 笑わん  空の太陽が 沈むように 彼もひとり 下りてゆくだろう  車輪の輪は 止まりはしない 紅蓮の火は 消されはしない  車輪の輪は 止まりはしない 紅蓮の火は 消されはしない  没落する 没落する 没落する 没落する
輝ける意志人間椅子人間椅子和嶋慎治鈴木研一生まれた時は皆 汚れのない心 甘い水を飲んで やがてくすんでゆく  生をつかんだ人は 自分を超えるだろう  鉄の鋼(はがね)は打たれて ますます強く輝く 君よ鋼の意志を胸に秘めろ 路傍の草は踏まれて ますます青く芽を吹く 君よ荊(いばら)の道をあえて歩け  寂しい時は皆 慰めを求める 一瞬のよろめきが 自由を遠ざける  愛に気付いた人は 自分を捨てるだろう  鉄の鋼(はがね)は打たれて ますます強く輝く 君よ鋼の意志を胸に秘めろ 路傍の草は踏まれて ますます青く芽を吹く 君よ荊(いばら)の道をあえて歩け  報われないからって けっして憎むんじゃない 救われないからって けっして泣くんじゃない  その苦しさと悲しさ越えてこそ 君は勇気と誇りを手に入れる 鋼の輝きを  鉄の鋼(はがね)は打たれて ますます強く輝く 君よ鋼の意志を胸に秘めろ 路傍の草は踏まれて ますます青く芽を吹く 君よ荊(いばら)の道をあえて歩け
浪漫派宣言人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治夜が 更ける 木立が ざわめく 闇が 咽(むせ)ぶ 栄光を 偲んで  古代ギリシャにローマの哲人 徳のあった時代  朝が 嘆く 乾燥の 大地を  ソクラテスのように プラトンのように 真実を語るのだ ともに ルネッサンスを始めよう  思い出すんだ 気高いものを 心の奥から 見つけ出すんだ 貴いものを 世界の果てから ロマンティックに行こうぜ  愛が ぞめく 後ろ髪 引くよに 恋が 歌う 安穏の さえずり  サムライだったら肚をくくって 振り返りはしない  森が 囃す 若武者の 門出を  剣豪のように 豪傑のように 勇気試すのだ 行かば ヒロイズムが待ってる  思い出すんだ 気高いものを 心の奥から 見つけ出すんだ 貴いものを 世界の果てから ロマンティックに行こうぜ  ベートーヴェンのように ワーグナーのように 感動抱くのだ もはや ペシミズムも ニヒリズムも メランコリーも終わった  思い出すんだ 気高いものを 心の奥から 見つけ出すんだ 貴いものを 世界の果てから ロマンティックに行こうぜ  思い出すんだ 気高いものを 見つけ出すんだ 貴いものを ロマンティックに行くのさ
至福のロックンロール人間椅子人間椅子和嶋慎治鈴木研一生きていることにくよくよしたなら こいつを聴いてごらんよ 破れちまった恋心だって たちどころにふさがるよ  放浪(さすらい)の 人々の新発明 悲しみを 喜びに変える そうさ 魔法のミュージック  ロックンロール! ロックンロール! 至福のロックンロール ロックンロール! ロックンロール! 至福のロックンロール!  二千年前三千年前 賢い時が続いた 時代は巡りどんどん世の中 悪くなるばかりだけど  これだけは 最高の発明品 苦しみを 幸せに変える さよう 魔法のミュージック  ロックンロール! ロックンロール! 至福のロックンロール ロックンロール! ロックンロール! 至福のロックンロール!  ロックンロール! ロックンロール! 至福のロックンロール ロックンロール! ロックンロール! 至福のロックンロール!  ロックンロール! ロックンロール! 至福のロックンロール ロックンロール! ロックンロール! 至福のロックンロール!  素晴らしい 神様のおくりもの 最高の 神様のおくりもの
愛の法則人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治黄昏の街に佇んだ 自然と涙が溢れ出た 今日という日には もう再び出遭えない  行き交う人の微笑みは 寂しさをたたえ美しい 家路の先には 愛も孤独もあるだろう  恋に 恋に 恋に落ちたら 泣き濡れる 世界が 泣き濡れる いっそ恋など知らねば 悲しくないものを  初恋の色は淡きもの 重ねる毎(ごと)に深きもの やがては緋色の 熱き血潮がほとばしる  恋人たちの語らいは 色褪せもせずに新しい 嬰児(みどりご)のように 身も心も捧ぐから  一目 一目 一目会いたくて 彷徨う 夜風と 彷徨う いっそあなたを知らねば 切なくないものを  実らぬものが恋なのか 実らないから恋なのか  嵐が 吹き荒れる 心に 吹き荒れる いっそひとりのままなら 苦しくないものを  愛の嵐が 吹き荒れる 愛の嵐が 吹き荒ぶ 愛の炎が 燃え上がる 愛の炎が 燃え盛る  恋に 恋に 恋に落ちたら
塔の中の男人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治風が吹きつける 荒れ果てた古城 鉄柵の窓に 人影が揺らぐ  旅人が告げる 彼は詩人だった 神と闘って ここにいるのだと  塔の中の男 忘られし人よ 塔の中の男 早過ぎた人よ 光の子どもよ  春の訪(おとな)いも 立ち止まるところ 薄明の霧が 重く垂れ込める  牧人は語る 彼は偉大だった 神に敗れ去り ここに来たのだと  塔の中の男 忘られし人よ 塔の中の男 早過ぎた人よ 無垢なる童(わらべ)よ  鉄の窓 開け放ち 憧憬の涙をこぼす 愛に満ちた 楽園の遠い記憶  むく鳥は歌う 青空 飛び魚は駆ける 海原 しゃくなげは眠る そよ風 カモシカは踊る 山かげ  夢に微睡(まどろ)んでいる 愛を育んでいる ユートピア  乳呑み子は微笑む 太陽 少年は学ぶ 月光 英雄は挑む 雷鳴 手弱女(たおやめ)は額ずく 流星  夢に微睡(まどろ)んでいる 愛を育んでいる ユートピア  時の移ろいに 見捨てられた城 ひび割れた窓に 蝋燭が灯る  人は聞くだろう 彼は誰なのか 神も祈らずに ここにいるのかと  塔の中の男 忘られし人よ 塔の中の男 早過ぎた人よ 至誠の僕(しもべ)よ 光の子どもよ  愁いを抱きしめて 世界を待っている 慈愛を抱きしめて 世界を讃えている 今も
月下に捧ぐ舞踏曲人間椅子人間椅子和嶋慎治鈴木研一満月に似合うものなぁに ひとりぼっちの狼さ 月の光は誰のもの 親を知らない子らのもの  さあさ 踊れ 月の下 アイアイアー 夜明けまで  三日月欠けりゃなんとなる 夜空が夢を見なくなる 月の衣は誰のため 恋に患う人のため  さあさ 集え 月のもと アイアイアー 夜明けまで  星は五芒(ごぼう)で月は丸 丸くなりたや胸の内 月の宿りは誰を待つ 昨日帰らぬわが子待つ  さあさ 歌え 月の影 アイアイアー 夜明けまで アイアイアー 月の下  月が回る オホホーオンロロロ 星が踊る オホホーオンロロロ 月が咽(むせ)ぶ オホホーオンロロロ 夜が歌う オホホーオンロロロ
ヤマさん人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治ヤマさんはヤマさん あとは知らない 女に学問 なにも知らない たいそう働き たいそう笑った ひとりで暮らして ひとりで泣いた  苦しまなくていいよ 素朴に生きることなんて 誰にもできない 今はただ おやすみ  ヤマさん あばよ ヤマさん あばよ  ヤマさんはヤマさん ひとつの宝石 幼子みたいな きれいな心 騙すぐらいなら 騙されよう 馬鹿にするなら 馬鹿にされよう  悲しまなくていいよ 傷つけず生きることなんて 君しかできない さあゆっくり おねむり  ヤマさん あばよ ヤマさん あばよ  しんしんとした部屋 一日の夢を見る 溺れていた仔猫 捨てられていた仔犬 とめどもない涙 助けられるだろうか 明日は  何も言わなくていいよ 嘘つかず生きた人なんて 君ぐらいだろう もう時間だ さようなら  ヤマさん あばよ ヤマさん あばよ  ヤマさん あばよ ヤマさん あばよ
秋の夜長のミステリー人間椅子人間椅子和嶋慎治人間椅子コーヒーカップに 眼球がぷかり スプーンですくって 花瓶に生けた  まつ毛の長さ まゆ毛の形 どんなんだろう とりとめもなく お喋りひとつ してみたいけど あゝ 口がない  モンシロチョウが 夜空を渡る 捕えてみたら 左手だった  白くて細い 名無し指には 指輪もないから 胸にしまった 身の上話し 聞いてほしいけど あゝ 耳がない  恋人になってくれるかな 友だちにならなれるかな 秋の夜の 長い夜の ミステリー  隣の猫が じゃれているのは ペディキュアつけた おしゃまな素足  お化けだったら 足はないから お化けじゃないね 寒いでしょうと 部屋に招いて 抱きしめたいけど あゝ 背(せな)がない  恋人になってくれるかな 友だちにならなれるかな 秋の夜の 長い夜の ミステリー  リンゴをむいたら ほっぺが出てきた ブドウの房は 黒髪だった  恋人になってくれるかな 友だちにならなれるかな 秋の夜の 長い夜の ミステリー  トゥルルルル…  いやまし更ける 秋の夜の 長い夜の ミステリー
ばっちりいきたい子守唄人間椅子人間椅子和嶋慎治鈴木研一すっきり本日 日本晴れ たっぷりご飯をいただいて ゆっくり原宿職探し やっぱり駄目だよまたおいで  さっと寝たなら明日もハレルヤ ぐっと我慢の男の子 ぱっと布団に入ればOK ばっちグーグー子守唄  どっきりするよな恋をした ぱっちりおめめの可愛い娘 すっかり夢中のボクだけど はっきりしないよ恋模様  さっと寝たなら明日もハレルヤ ぐっと我慢の男の子 ぱっと布団に入ればOK ばっちグーグー子守唄  うっかりしてるといわれます しっかりしろともいわれます てっきりよかれとしたことが がっかりわかっちゃくれないよ  さっと寝たなら明日もハレルヤ ぐっと我慢の男の子 ぱっと布団に入ればOK ばっちグーグー子守唄  ばっちりいきたい子守唄
深淵人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治天をつんざき稲妻が降ってくる 眠ったままの魂を醒ますため 光の腕は心臓をわし掴み 容赦などせず滝壺(たきつぼ)へ投げ入れる  落ちてゆく落ちてゆく 戦慄へ 降りてゆく降りてゆく 戦慄へ 落ちてゆく落ちてゆく 深淵へ 降りてゆく降りてゆく 深淵へ  苦悩と名乗る御使いが待っている お前はいつも孤独のみ友とした 悩んだ深さ苦しみの重さだけ 底の知れない断崖を覗けよう  落ちてゆく落ちてゆく 戦慄へ 降りてゆく降りてゆく 戦慄へ 落ちてゆく落ちてゆく 深淵へ 降りてゆく降りてゆく 深淵へ  真っ暗闇を 手探りまさぐり こわごわ進む 曲がりくねり 洞穴(ほらあな)そこらに 木霊が返る  なんて静かな世界だ なんて大きな世界だ  岩の壁の あちこちそちこち 偉大な教え 大回廊 果てなく連なる 古代の叡智  なんて美しい景色だ なんて懐かしい景色だ  あゝ 私が 生きているのは 喜びのため あゝ 私が 喜びあるのは 苦しさのゆえに  あゝ 私が 生きているのは 喜びのため あゝ 私が 喜びあるのは 苦しさのゆえ あゝ 私が 泣いているのは 幸せのため あゝ 私が 幸せにあるのは 苦しみのゆえに  空の青さは生命を愛でている 世界はけして解体をしてはない 喜び咽(むせ)ぶ官能が続くまで 私はさらに苦しみを求めよう  落ちてゆく落ちてゆく 戦慄へ 降りてゆく降りてゆく 戦慄へ 落ちてゆく落ちてゆく 深淵へ 降りてゆく降りてゆく 深淵へ
陰獣人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治・鈴木研一海のまにまにドンブラコ ウネウネ終日(ひねもす)のたのたり 海月(くらげ)の宴で吹く笛は 破瓜の涙と血の音色  盲(めし)いた獣を呼び出せ 邪教の儀式に狂えるまま 陰獣  堕胎の狂女がアッパッパァ エベエベ笑ってまた孕む へその緒ちぎった錆びた鎌 真昼の戦慄草いきれ  盲(めし)いた獣を呼び出せ 邪教の儀式に狂えるまま 陰獣  太古の眠りを貪り倦(う)みて 今や屍骸に宿るらむ 示申を忘れし似非(えせ)詩人をして 百鬼夜行と呼ばせしむ  宇宙の歪みから……… 墓場の澱(よど)みから………  禁忌の咆哮衆愚を喰らいて げに物の怪の恐るべし 久遠を閲(けみ)しし地底の示申殿 異形像には觸れるまじ  宇宙の歪みから……… 墓場の澱(よど)みから………  屋根裏部屋からオドロドロ ズリズリ蠢く魑魅魍魎 月下に禁書が紐解かれ 腐臭に夜鷹もほくそ笑む  盲(めし)いた獣を呼び出せ 邪教の儀式に狂えるまま 陰獣
どっとはらい人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治人間椅子空は青いな書き割りの 夕べに蛙の雨が降る 破れかぶれの地平線 結膜炎が覗き込む  捻子(ねじ)の壊れた時計台 虚無を刻んでチイパッパ  瘧(おこり)の狛犬ひり出した でんでん太鼓蓄音機 墓掘り人夫の餞別は 屠(ほふ)る吾(あ)が子の三杯酢  君麗しの死刑台 滴る血潮高砂や 狐の嫁入り通り魔の 錆びた刃が香ばしい  どっとはらい どっとはらい 正気の沙汰はおしまい どっとはらい どっとはらい 狂気の沙汰の始まり  端午の節句の沖合で バタフライなぞするピアノ 溺れてみたのはいつの日か あれは去年の謝肉祭  楡(にれ)の木陰で処女が泣く 恨みざらまし番頭さん  黄昏偲ぶ一輪車 きりもみしては交尾する 鹿鳴館の天辺で 酌婦のアジる阿呆陀羅経  猫の尿(いばり)の檜風呂 浮かぶスメグマ有り難や 上の姉様身を投げし セーヌの畔(ほとり)に小判湧く  どっとはらい どっとはらい 正気の沙汰はおしまい どっとはらい どっとはらい 狂気の沙汰の始まり  曇天つんざく朱印船 沈む夕陽の浅ましさ 朧月夜は生き別れ きのこ雲だよおっかさん  巡る因果の平方根 唐竹割りのかぐや姫 おぼこ娘もお歯黒の 髷の島田が恐ろしい  どっとはらい どっとはらい 正気の沙汰はおしまい どっとはらい どっとはらい 狂気の沙汰の始まり  どっとはらい どっとはらい 正気の沙汰はおしまい どっとはらい どっとはらい 狂気の沙汰の始まり  どっとはらい
品川心中人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治人間椅子飯盛(めしもり)の宿品川の 朝は衣々(きぬぎぬ) 山は富士  ええこちゃエー ええこちゃエー  お染太夫の巻き紙の 添います主(ぬし)とあらかしこ  有り難や 有り難や  年季(ねん)が明けたらご新造に 夫婦善哉 デデレコデン  芝の本屋の金蔵は 身上軽けりゃ身も軽い  ええこちゃエー ええこちゃエー  沖つ白波見目に皺(しわ) 回る金子(きんす)もお茶を挽く  往生や 往生や  生きて浮き名が立つじゃなし おその六三か ナンマイダ  春の海に小舟がぷかり 人は生まるる時はひとり 手に手 取り合うならばふたり  さあ 海へ 海へ 参りまほう  西の空に奴凧(やっこ)がふわり 人は死にゆく時もひとり 目と目 互いに瞑(つぶ)るふたり  さあ 海へ 海へ 入りまほう  目出度目出度の白無垢は 死出の旅路の左前  堪忍や 堪忍や  世帯持ちたやあの世でも 蓮の台(うてな)で トテリンシャン
洗礼人間椅子人間椅子和嶋慎治鈴木研一人間椅子真昼の天空に 鬱々と拡がる雲 蒼褪めた馬に乗り 死神はラッパを吹く  ギンギンギラギラ 大地は燃え立ち ザンザングラグラ 荒波沸き立つ  裁きの時が 近付いた 終わりの時が やって来た  夜更けの天涯に 忽然と現わる船 蒙昧な声目掛け 鉄槌が炸裂する  ドンドンパチパチ 戦のお便り オンオンドロドロ 病のお知らせ  裁きの時が 近付いた 終わりの時が やって来た  助けてほしいか 助かりたいのか 救ってほしいか 救われたいのか  まだ生きたいのか まだ分からないか まだ苦しむのか まだ見えないか  洗礼 …・生きるための 洗礼 …・死ぬるための 洗礼  夜明けの天上へ 粛々と消え行く人 千万(ちよろづ)の時を越え 煉獄の蓋が開く  カンカン踊りで 死人(しびと)が唄えば ガンニン坊主が 念仏唱える  裁きの時が 近付いた 終わりの時が やって来た  裁きの時が 近付いた 終わりの時が やって来た
相剋の家人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治慚愧の数だけ涙を零せば 呵責の鎖が切れるというのか 刹那の庵を股旅歩けば 菩提の地平が見えるというのか  青春とは不仕合わせの驕り 諦念とは高利貸しの夜逃げ  楡の花が咲いたよ  中絶の夜 絶食の月 童貞の道 相剋の家  自涜の汚泥にその日を窶せば 憤怒の仮面が笑うというのか 懶惰の墓標に誰かを刻めば 紅蓮の車輪が止まるというのか  情熱とはチンドン屋の悟り 追憶とは破傷風の家出  茱萸の実ひとつ弾けた  獄中の友 中傷の秋 月経の春 相剋の家  あぁ 淡い光 茜のさす森の中 あぁ 貴方の声 我が懐かしの埴生の宿  あぁ 甘い記憶 寄せては返す夢の中 あぁ 数多の恋 我忘れじの慟哭の歌 相剋の家  帰りたい帰りたくない 帰ろかな帰るのよそうかな  お前は逃げてるお前は逃げてる お前は逃げてるお前は逃げてる
死神の饗宴人間椅子人間椅子和嶋慎治鈴木研一まだお前は生くるのに 足踏みなどしているか 夏蝉でも死ぬるまで 声を限り鳴くいうに 俺は死を告げるもので 生の意味を諭すもの 枕元の卒塔婆持ち お前の名を書くのだ  さあ祭りの時 死の宴の時  無邪気な子のふりをして 明日(あす)を投げる奴もいる 早死にさと呟いて 今日を捨てる奴もいる 俺は容赦なぞしない 生の意義を悟るまで 目の前なる蝋燭を 吹き消すのだ何度も  さあ祭りの時 死の宴の時  丑三つ刻仏壇開けて 無間地獄を垣間見ろ 三途の川位牌を背負(しょ)って 先祖代々舞い踊れ  さあ祭りの時 死の宴の時  さあ祭りの時 死の宴の時  人は赤子に生まれて 夢のうちに一度死ぬ 死の影絵を踏みしめて 揺り籃(かご)から覚めるのだ 俺の名前は死神 我が双子の兄弟よ 盂蘭盆会(うらぼんえ)の墓場来て 櫓(やぐら)の上立つのだ  さあ祭りの時 死の宴の時  死にゆくまで 生きぬくのだ さあ 生きぬくのだ 死にゆくまで さあ
幽霊列車人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治汽車は走る 霧の町を 浮世の山の トンネル抜けて  ほろほろ鳥が 汽笛を鳴らす 悲しさの意味 教えてくれる町へ  汽車は走る 黄泉の国へ 三途の川の 懸け橋越えて  河原の鬼が 切符をもぎる 愛を失くした 人の眠れる国へ  幽霊列車がもうすぐ 誰そ彼の駅に着くから 懐かしの人を尋ねに行(ゆ)こうよ 幽霊列車がもうじき 彼は誰の駅を発つから 忘れじの人を捜しに行こうよ  汽車は走る 夢の中を いっぱい貨車に 思い出詰めて  宵待ち草が 発車を告げる 過去と未来の 葛(つづら)折りなす場所へ  幽霊列車がもうすぐ 誰そ彼の駅に着くから 懐かしの人を尋ねに行(ゆ)こうよ 幽霊列車がもうじき 彼は誰の駅を発つから 忘れじの人を捜しに行こうよ
黒猫人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治暗い 暗い恩讐(おんしゅう)の道の果て じっと 虚空見つめる双つの眼 黒い 黒い頁は開かれて 闇に さかしまの詩(うた) 木霊(こだま)する 影へ肢体(からだ)をすり寄せて 追いて来るのかどこまでも───黒猫!  深い 深い忘却のドロ沼に 重く 憂鬱の滓(おり)は淀みゆき 長い 長い悔恨の時経(ふ)れば 夜は 悪夢の濁醪(どぶろく) 醸(かも)すとか 嘘の膠(にかわ)で貼り付いた 笑い仮面の虚しさよ 罪の血糊の味しめて 咽(むせ)び泣くのかいつまでも───黒猫!  旋毛(つむじ)曲がりの稲妻が 脳天目掛け轟かば 笑い仮面の真っ二つ 呪詛の血が沸き肉踊る 修羅の剣山生けるのは 忘れじの君鬼薊(おにあざみ) 四五九町歩(じごくちょうぶ)の土塀には 処女の簪(かんざし)眠るとか  春の弥生の空に 気の触れ桜がひらひら 春のうららの風に 涅槃の薫(かお)りがそよそよ  老女の乳を啄(ついば)みし 赤子を真似た獄卒が 猫足立ちに囁ける 不協和音の数え唄 ひとつ人には悪業を ふたつ不幸は愛(め)でるもの みっつ淫らは美徳なり よっつ世迷(よま)いの言葉吐け  春の弥生の空に 気の触れ桜がひらひら 春のうららの風に 涅槃の薫(かお)りがそよそよ  暗く 暗く魂の紡ぎ出す 果てぬ 無為と頽廃の万華鏡 黒く 黒く逆毛立つ獣よ 何処か 懐かしく響く汝の名───黒猫!
賽の河原人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治・鈴木研一これはこの世のことならず 賽の河原の物語 親にはぐれた嬰児(みどりご)の 人のあはれと泣き止まぬ  現世(うつしよ)の唄を乗せて 廻向(えこう)の風が吹きつける  一つ積んでは父のため 二つ積んでは母のため 三つ積んでは人のため Om  それはあの世のことなれば 賽の河原に鬼ぞ住む 死出の山路は暮れなずみ 子取ろ子取ろと羽虫鳴く  現身(うつせみ)の涙で出来た 輪廻の河が打ち寄せる  一つ積んでは父のため 二つ積んでは母のため 三つ積んでは人のため Om  右も左も 分からぬ 霧と硫黄の 荒野を 鬼に追われて 子供は逃げる 石を蹴散らし どこに行くのだろう  遊び疲れた 子供は 石の蒲団に くるまり 水に呑まれて 湖の底 醒めることない 夢を見るのだろう  賽の河原に積んでは崩れる 賽の河原に積んでは崩れる
天国に結ぶ恋人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治君の和毛(にこげ)を壜に詰めて いつか空家の床下に埋めてみたい 君の写真にお香は焚かれ 日がな一日僕はうたた寝をしよう  愛から死への論理によって 恋の幻想は独占される  天国に結び 恋は花開く 天国に結び 恋は花開く  君の乳房のxxxxx して 愛の詩集の表紙を飾ってみたい 靴に満たした月経の血を 指にすくって頁の挿絵をなぞる  染色体の科学によって 肉の時間は凍結される  天国に結び 恋は花開く 天国に結び 恋は花開く  天国に結び 恋は花開く 天国に結び 恋は花開く  天国に結び 恋は花開く 天国に結び 恋は花開く
りんごの泪人間椅子人間椅子和嶋慎治鈴木研一・和嶋慎治山のかけすがあはれと啼(な)くたびに 村の娘はりんごを一つもぐ なぜ なぜ りんごは思う どうして独りになるのかな でも でも りんごは告げる 父(とと)さま母(かか)さまおさらばじゃ  りんごりんごりんご りんごの哀しみ籠の中 りんごりんごりんご りんごの哀しみ籠の中  ある夜お婆が炉端で言うことにゃ 人に買われてりんごは紅いとさ なぜ なぜ りんごは思う どうして売られてゆくのかな でも でも りんごは告げる 兄(あに)さま姉(あね)さまおさらばじゃ  りんごりんごりんご りんごの哀しみ籠の中 りんごりんごりんご りんごの哀しみ籠の中  十五時五十四分 青森発上野行急行津軽 りんごは今日も売られていく  お岩木山の麓(ふもと)では お猿の弥三郎(やさぶら)手を振って 齧(かじ)るりんごも目にしみて 汽車はじょんからじょんからと  流す泪(なみだ)の血の色は ついにりんごを紅く染め 月夜に蛍も淋しがり 汽車はじょんからじょんからと  りんごりんごりんご りんごの哀しみ籠の中 りんごりんごりんご りんごの哀しみ籠の中
針の山人間椅子人間椅子和嶋慎治Tony Bourge・Burke Shelley・Ray Phillips独り見知らぬ畦(あぜ)道行けども行けども行けども針の山 俺の穢(けが)れた臓腑を死んでる予定の母親貪(むさぼ)って 人を憎んだ数だけ犬死に猫死に無駄死に俺は死に そして針の山から血だるま火だるま俺は堕ちてゆく  誰か無間地獄から助けて助けて助けて針の山 俺の奢れる舌をヤットコどっこい閻魔は引っこ抜き 愛の言葉の数だけ犬死に猫死に無駄死に俺は死に そして針の山から血だるま火だるま俺は堕ちてゆく  もっと光を求めて戻れど戻れど戻れど針の山 俺の狂える額を冥土の使いの禿鷹(はげたか)ついばんで 刺さる針の数だけ犬死に猫死に無駄死に俺は死に そして針の山から血だるま火だるま俺は堕ちてゆく
無限の住人人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治広いみ空に浮世と消える 花も霞の千切れ雲 夢は現世(うつしよ)水面(みのも)の月よ 揺れて儚(はかな)く蓮になり 噫乎(ああ) どれだけ人を 噫乎(ああ) 見送るのだろうか  無窮の命と 無常の心で 無明の世界に 我は歩き出す  遠くはためく番(つがい)の千鳥 人は誰しも愛語り 噫乎 いつまで君を 噫乎 見守れるだろうか  無窮の命と 無常の心で 無明の世界に 我は歩き出す 我は歩み征く 無限の住人  月の都を剣太刀(つるぎたち) 身は三界の狩衣 肩も鯔背(いなせ)に闇切れば 飛び六法の卍舞い
蛮カラ一代記人間椅子人間椅子和嶋慎治鈴木研一・和嶋慎治花は桜木人は武士 見事散るのが冥利とて 抜かば刃文も馨(かぐわ)しく 咲いてみせよう男花 ソレ  寄せる荒波受けとめて 沖を睨まう岸壁よ 雨の穿(うが)てどへこたれず どんと構える男意気 ソレ  酒は盃実は器 色をめかすが習いとも 胸に刻みし志 ぐっと我慢の男振り サテ  右や左の檀那様 俺の話を聞いとくれ 生まれ奥州在郷の 山猿相手に相撲取り  蛮カラ一代記 蛮カラ一代記  国の親父の言うことにゃ 本懐曲ぐるは女子なり 末の娘は人買われ ほんにこの世は儘(まま)ならぬ  蛮カラ一代記 蛮カラ一代記  富士の裾野(すその)に降り積みし 雪の白さに似た人よ
莫迦酔狂ひ人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治柘榴(ざくろ)模様の太陽が 真っ赤に熟れて堕ちるのは 酔いどれ眼(まなこ)の生み出した 万有引力夢じゃない 退屈に煙(けぶる)る人生を 薔薇色に染める魔法水 暮らし倦みたる手の平に 注(つ)いでおくれよなみなみと 宿(ふつか)酔いの坂道に 髑髏(どくろ)の灯りの点(とも)るのは 厭世病者の見い出した エレキテルかも嘘じゃない 西洋無類の神様も 酒呑みうわばみ酌をして 語り疲れた頤(おとがい)に 注いでくれるよだくだくと  天井裏から 蟲がどしゃ降る  枕元では 大名行列  頭蓋が割れて 記憶はこぼれ  牙を剥(む)き出し ピンク色の象が走る  壁の穴から 眼玉はジロリ  窓の外では 有罪判決  一杯の勇気を 一瞬の陶酔を  羊水で割った 琥珀(こはく)色の海に沈む  酒は呑め呑め呑むならば 二度と戻れぬ呑むほどに  莫迦酔狂ひ 莫迦酔狂ひ
もっこの子守唄人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治村の鎮守(ちんじゅ)でてんてまり 鬼こ取られでころんだ 泣げば山がらもっこ来る ぼうやよい子だねんねこや  野良でお父さまえんこらや 家でお母さまとんからり さがしぐしてねばもっこ来て とって喰われるねんころり  裏の和尚さま鐘ついだ 山さからすも帰るべな 寝ねでぼごればもっこ来る ぼうやめんこいねんねしな
辻斬り小唄無宿編人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治御免! 内藤新宿武家屋敷 お犬様でも寝てござる 天下泰平江戸の世に 悪の徒花咲かせよか 骸(むくろ)影射す 朧(おぼろ)月夜に 唄を吟えば 詠!詠!詠!  ほら 寂しやな ほら 侘しやな ほら 切なや 修羅しゅしゅしゅ  武士は喰わねど高楊枝 傘を張る手もいとをかし 桜吹雪がこち吹かば 人にあらずの血が騒ぐ 脇に差したる 暴れ刀が 斬れよ呼ぶんだ 業!業!業!  ほら 寂しやな ほら 侘しやな ほら 切なや 修羅しゅしゅしゅ ほら 寂しやな ほら 侘しやな ほら 切なや 修羅しゅしゅしゅ  玉屋鍵屋と 隅田の花火か 夜空に散りぬる 命とて 神田明神 抜き身に構えて 気合いは十分  越すに越されぬ 大井が川なら 人の生まれも 越えられぬ 湯島天神 太刀筋妖しく 間合いは十分  押っ取り刀で縄のれん お代替わりに人の胆 愛(いと)し吉原名はお初 間夫(まぶ)と夢見る頃かいな 親に貰った 葵御紋も 背で泣いてる 懊!懊!懊!  ほら 寂しやな ほら 侘しやな ほら 切なや 修羅しゅしゅしゅ ほら 寂しやな ほら 侘しやな ほら 切なや 修羅しゅしゅしゅ
宇宙遊泳人間椅子人間椅子和嶋慎治鈴木研一誰も知らない丘の上 夜の帷(とばり)が降りてくる 何て真白なこの宇宙 何て独りなこの僕だ 夏の終わりの蜉蝣(かげろう)は 幼き日々の蒲団の匂い 一つ二つと流れ星 時の静寂(しじま)に語りかければ 遠く銀河の彼方から 妙(たえ)なる調べ転(ころ)び出し 音の波間の誘うまま そして始まる 宇宙遊泳  箒(ほうき)の尻尾またがって 遥(はるか)か眼下を眺めれば 恋人達のさんざめき 母は我が子を待ちわびる 月の兎も飛び廻り 馬頭星雲そこまで駆けっこ 有為の奥山けふ越えて 2億光年乙女座辺り 花も恥じらう手弱女(たおやめ)に 星の冠捧げよか 天の河では水を浴び 泳いで行ける どこまでも  名前も知れぬこの星は 名前もいらぬ人ぞ住む 服は鈍(にび)色身は黄金(こがね) 楽の音(ね)をもて会話する 争わず 疑わず 絶えることない頬笑と 愛し合い 歌い合い 変わることない平穏の 何て静かなこの宇宙 何て小さなこの僕だ 故郷(くに)じゃ今頃鬨(とき)の声 やがて降り立つ 丘の上
人面瘡人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治吉原もいつしか小夜(さよ)ふけて 戦慄の笛竹むせび泣く 菖蒲(あやめ)太夫に岡惚れ徒(あだ)情け ××〔こつじき〕男(を)の子(こ)の無念の調べかな  不忍の池には身投げせし 男の子の生首笑うとか 魂魄残りて菖蒲の恨めしや 女陰(みほと)の爛(ただ)れてあの世と舌を出す  だらだらどろどろ血みどろ人面瘡 だらだらどろどろ血みどろ人面瘡  横浜の波止場はぬばたまの 黒船が闇夜に消え失せる 洋妾(ラシャメン)お駒の首吊る床の間は メリケン憎しと散りぬる女郎花(おみなえし)  だらだらどろどろ血みどろ人面瘡 だらだらどろどろ血みどろ人面瘡  愛して 憎んで 恨んだ果てに 呪って 叫んで 狂って生える  七色の人面瘡 闇に咲く人面瘡  口から 鼻から 血膿を吐いて 乳から 臍(へそ)から 笑って生える  七色の人面瘡 闇に咲く人面瘡  七色の人面瘡 闇に咲く人面瘡
羅生門人間椅子人間椅子和嶋慎治和嶋慎治・鈴木研一朱雀大路の地平に 諸行無常の陽は落ち はるか艮(うしとら)の母よ 明日我は旅立ちぬ  この国は誰(たれ)も鬼の貌(かたち) それから 吹く風も胸を通り抜ける ここは 羅生門  あれは鳥辺山の僧 阿弥陀願い我身焼く  幸せは奪い掴むものか それとも ゆく河に身を任すことか ここは 羅生門  通りゃんせ通りゃんせ あの世とこの世の六道の 通りゃんせ通りゃんせ 帰りは難儀な辻なれど  東の方 青竜昇りて上弦の月なる 西の方 白虎の漲(みなぎ)る血潮を飲み干さん 南の方 朱雀(しゅじゃく)の囀(さえず)り音にも聞け我を 北の方 玄武に跨(またが)り暁(あかつき)へ駆けゆく
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 可愛くてごめん feat. ちゅーたん(早見沙織)
  2. Subtitle
  3. Romance
  4. この空がトリガー
  5. The Answer

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. この空がトリガー
  3. STARS
  4. 女のはじまり
  5. らしく

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照