LIVE REPORT

The Super Ball ライヴレポート ライブレポート

The Super Ball ライヴレポート

【The Super Ball ライヴレポート】『Yogo presents 「東名阪ワンマンツアー "RHB28"」』2019年4月2日 at 代官山LOOP

2019年04月02日@代官山LOOP

撮影:コザイリサ/取材:清水素子

2019.04.09

The Super Ballが行なった春の『東名阪ワンマンツアー "RHB28"』が、4月2日にファイナルを迎えた。会場は吉田理幹曰く、“一番やってるハコ。ほんとにホームじゃないかな”という代官山LOOP、しかも当日は彼の28歳の誕生日。吉田はもちろん、相方の佐々木陽吾も含めたメンバーへのサプライズ、そしてオーディエンスへのサプライズもあったステージは、“Riki Happy Birthday 28 years old”の頭文字を取って名付けたツアーの最終日に相応しく、祝福に満ちたものだった。

“盛り上がっていきましょう!”という吉田理幹のハイテンションな挨拶を皮切りに、佐々木陽吾がギターを掻き鳴らす「ヒカリグライダー」で幕開けたステージは、クラップとジャンプの中で勢い良く進行。かと思えば、ふたりの演奏と歌だけで綴られたラブソングパートでは温かなハーモニーがエモーショナルな切なさを呼び、結婚が決まった吉田の妹のために用意されたバラード「純白のドレスを着た君の隣で」でも、真摯な歌声が満員のフロアーから拍手を呼ぶ。

“スパボ、今年絶対やるから!って言い切れるんですよね。自分が作る音楽で人を幸せにしたいって本気で思って、絶対良い音楽を作るっていう気持ちは誰にも負けないから”。そう噛み締めた吉田のMCを裏付けるように、マイクレスで贈られた「君の夢は僕の夢」では、やさしいヴォーカルの中にも強い決意がじわり。デビュー前の曲が今も生々しいリアリティーを持って聴く者の胸を揺さ振る事実に、佐々木の“環境が変わってもふたりで絶対に夢を叶えるという芯の部分は変わってない”という言葉も納得だ。

アンコール前にはフジテレビ『ザ・ノンフィクション』のテーマソング歌唱アーティストに抜擢されたことも発表し、この日28歳の誕生日を迎えた吉田を会場の全員で祝うサプライズも。さらにラストの「弘前公園」では、フロアー中が合唱しながらサイリウムを掲げて、佐々木までをも“何それ、めっちゃきれいだよ!”と感激させる。ノスタルジー漂う楽曲と想いのこもった歌声、そしてサプライズの相乗効果は観る者の心を熱くして、終演後に告知された6th シングルへの期待を大きく膨らませた。

撮影:コザイリサ/取材:清水素子

The Super Ball

ザ・スーパーボール:青森県出身の佐々木陽吾と神奈川県出身の吉田理幹によるツインヴォーカルユニット。都内のライヴハウスや路上ライヴ活動を2015年から本格化。カバー曲を歌った動画をWebで毎日アップし始めて以降、ファンが急増し要注目の新人として知られることになる。数社による争奪戦が行なわれ、徳間ジャパンコミュニケーションズから16年7月20日にアニメ『不機嫌なモノノケ庵』主題歌となったデビューシングル「トモダチメートル」を発売した。

SET LIST 曲名をクリックすると歌詞が表示されます。試聴はライブ音源ではありません。

  1. 2

    2.キラキラ

  2. 5

    5.笑顔のカバー

  3. 6

    6.純白のドレスを着た君の隣で

  4. 9

    9.are you ready ?

  5. 11

    11.スーパーボール

  6. 12

    12.君の夢は僕の夢

  7. 14

    <ENCORE>

  8. 16

    2.Good Night

関連ライブレポート