LIVE REPORT

コレサワ ライヴレポート ライブレポート

コレサワ ライヴレポート

【コレサワ ライヴレポート】 『ワンマンツアー2018「コレでショー」 ~ファイナルはここでしょ~』 2018年12月23日 at マイナビBLITZ赤坂

2018年12月23日@マイナビBLITZ赤坂

撮影:小坂茂雄/取材:高良美咲

2018.12.30

コレサワが9月にリリースした2ndアルバム『コレでしょ』を携えて、11月より弾き語りの“~ぼっち編~”、バンド編成の“~仲間編~”の2編に渡って開催したツアー『コレサワ ワンマンツアー2018「コレでショー」』が12月23日にマイナビBLITZ赤坂でファイナルを迎えた。

超満員で賑わう観客の前に大振りのフリルが愛らしいワンピース姿で登場したコレサワ。早速、最新アルバム『コレでしょ』から甘酸っぱい乙女心を歌う「君と満員電車」を届けると“今日は楽しい1日にします!”と定番の楽曲を連発し、コール&レスポンスでもフロアーを沸かせた。ここからはアルバムの楽曲を惜しみなく披露していくのだが、複雑な乙女心を描いた「彼氏はいません今夜だけ」、温かさで寄り添う「泣く門には福きたる」、もの憂げな「悪いユメ」「夜にして」という幅の広い楽曲を並べていくところが彼女の喜怒哀楽の豊かさを表現しているようで面白い。さらにはサポートメンバーと5人でハンドベルを手に「ジングルベル」を奏でると、今の季節にぴったりの「お願いサンタクロース」へ。お手製のコロッケの被り物をして登場した「東京コロッケ」では合いの手が書かれた看板を最前列の観客に持たせ、拳を掲げて一緒に歌い、「プラネタリウムに憧れた」ではキラキラと輝く星球がドラマチックに彩るなど、楽曲の世界観に合わせた演出も観どころだった。そんな彼女は音楽活動の中で“コレサワの夢は間違ってないなと思えた”と語って「最後の有給」を演奏し、本編の最後を《そうよあたしはシンガーソングライター》と力強く歌う「SSW」で締め括ったのだが、最初はひとりで始めたはずの音楽が、今では多くの味方を付けている光景にグッとくるものがあった。アンコールを終えてもなお、客席に降りて“ありがとう!”と伝えるコレサワ。“おめかしツアー”と題したドレスコードありの特別編成で臨む次のツアーにも期待が高まる。

撮影:小坂茂雄/取材:高良美咲

コレサワ

コレサワ:大阪府摂津市出身のシンガーソングライター。2015年4月に初の全国流通盤EP『君のバンド』、12月に2nd EP『女子、ジョーキョー。』、16年9月に3rd EP『ジエイポップ』をリリース。17年2月に渋谷WWW Xで行なったワンマンライヴ『コレサワワンマンショー コレシアター03』にてメジャーデビューすることを発表。同年8月に1stフルアルバム『コレカラー』で日本クラウンよりメジャーデビューを果たす。