LIVE REPORT

魔法少女になり隊 ライヴレポート ライブレポート

魔法少女になり隊 ライヴレポート

【魔法少女になり隊 ライヴレポート】 『魔法少女になりな祭 vol.4 ~トイスと叫び隊~& vol.5 ~長崎が産んだ三人隊~』 2018年6月22日、23日 at 代官山UNIT

2018年06月22日@代官山UNIT

撮影:yusuke saatou/取材:帆苅智之

2018.07.03

ほぼ1年振りとなった魔法少女になり隊(以下、ましょ隊)自身が企画するツーマンライヴイベント、その東京公演。昨年より会場は広くなったが、フロアー密度はまったく変わらない様子で、むしろ場内の温度が増していた感じ(外が生憎の雨模様だった23日は特に湿度が高かった)。でも、祭りってヤツはこうじゃなきゃいけねぇ。若衆が押し合いへし合って床に薄っすら水が溜まるくらいのほうが景気はいいし、ライヴハウスは本来そういうものだと思う。場内で販売していた“わたあめ”の甘い匂いが場内に広がってるのもこのイベントならでは、会場入りした時点で何だかこちらもアガッてきた。

それにしても両日ともに強力な対バンを迎えたものだ。まず、22日のPOLYSICS。さすがに結成20周年を超えた世界を股にかけるベテランバンドである。眼前で行なわれてる演奏、パフォーマンスは、もはや“すげぇ”としか形容できないものであった。テクノ、ニューウェイブにハードコアパンクを注入したかのようなサウンドと、シュールかつシアトリカルなステージングで、ステージを不思議な空間に作り上げる。“バンドをやる前からPOLYSICSが大好きだった”とgari(VJ&Vo)がMCで述懐していたが、メンバーも感慨はひとしおだったであろう。ロックバンドはこういうこともできるんだ!という可能性を考えても、今のましょ隊がリスペクトを公言するPOLYSICSと競演したことは意義深いことだったのではと思う。

一方、23日の対バンのSHANKも“すげぇ”バンドであることは疑う余地がない。3ピースというシンプルなバンド形態で、サウンドの基本はスカパンクであるものの、楽曲の端々にそこに止まらない拡張性の広さようなものが垣間見える。ポテンシャルの高さは間違いなくロックシーン屈指と言えるであろう。“なぜ、僕らを呼んでくれたのかよく分からないんですけど(苦笑)”と庵原将平(Vo&Ba)は言っていたが、本来、面識のない人たちから誘われても対バンしないというSHANKが、ましょ隊と顔を合わせたというのはなかなか興味深いところ。もしかすると、この日の対バンはのちに歴史的な邂逅だったと言われるようなものになるかもしれない。

さて、迎え撃ったましょ隊。正直言うと、両日とも“こんなすげぇバンドのあとで、ましょ隊は大丈夫か!?”なんて、ほんのちょっと思ったりもしたのだが、そんな心配は御無用。ホストとして見事にテンションの高いステージを展開し、オーディエンスもしっかりとそれに応えていた。昨年1stフルアルバム『魔法少女になり隊~まだ知らぬ勇者たちへ~』を発表して全国ワンマンツアーを行なったことはもちろん、このイベントの数日前にリリースされたニューシングル「▶START」の効果も確実に出ていたと思う。童謡「アルプス一万尺」のメロディーを取り込んだ「▶START」。ソカのリズムでサビはみんなでタオル回しの「シェキナゴン」。ブギー~スカビートのメンバー曰く“ホラー系”ナンバー「ミッドナイトシンドローム」(23日のみ)。gariがシャウトではなくラップに挑んだ「変幻自在のスパーキングZ」(22日のみ)。最新作で見せた楽曲の緩急がライヴステージでも活きた。

これまでアップチューンが続くとやや一本調子になりがちだったが、新曲が加わることで勢いを殺すことなく、バリエーションを見せることに成功していたと思う。また、それを余裕という言葉で説明していいのかどうか分からないけれども、ステージ上のメンバー全員、いい意味で自然体だったような気がする。火寺バジル(Vo)の時折見せるドSチックな眼差しや、明治(Gu)の無表情だからこその凛とした感じも、それはそれでましょ隊の特徴でもあるのだが、今回は両日とも彼女たちの笑顔が多く見られたのはよかった。汗びっしょりでギターをかき鳴らすウイ・ビトン(Gu)はいつも以上に活き活きしていた印象だったし、VJに加えてシャウト&MC担当と、このバンドで最も休みなく動き回っているgariも元気いっぱいの様子だった。このイベントでもまた、彼女たちが多くの経験値を獲得したことは間違いない。

撮影:yusuke saatou/取材:帆苅智之

魔法少女になり隊

マホウショウジョニナリタイ:2014年結成。ヴォーカルの火寺バジルが魔女にかけられた呪いを解くために冒険している女2&男2のパーティー。ラウドでポップでファンタジー。全ての針が振り切れたRPG系プロジェクト。8bit映像を使い、モッシュ、ダイブ、ヘドバン、ヲタ芸、パラパラが巻き起こるカオスなショーを繰り広げる。ジャパンカルチャーの美味しいところてんこ盛りな彼らにUSA・台湾公演など海外も夢中。16年9月メジャーデビュー。彼らの冒険は始まったばかり。※バンドです。

SET LIST 曲名をクリックすると歌詞が表示されます。試聴はライブ音源ではありません。

  1. 1

    『vol.4 ~トイスと叫び隊~』

  2. 2

    【POLYSICS】

  3. 7

    5. Tei! Tei! Tei!

  4. 17

    【魔法少女になり隊】

  5. 18

    1.KIRARI

  6. 22

    5.▶START

  7. 25

    8.BA・BA・BAばけ~ーしょん

  8. 28

    <ENCORE>

  9. 30

    『vol.5 ~長崎が産んだ三人隊~』

  10. 31

    【SHANK】

  11. 33

    2.submarine

  12. 34

    3.Monkey Fuck

  13. 39

    8.Good Night Darling

  14. 40

    9.620

  15. 41

    10.Departure

  16. 42

    11.Weather is Beautiful

  17. 46

    15.It's not a game

  18. 47

    16.My sweet universe

  19. 48

    17.Set the fire

  20. 49

    18.Long for the Blue moon

  21. 50

    19.Restart

  22. 51

    【魔法少女になり隊】

  23. 53

    2.my!show!time!

  24. 57

    6.▶START

  25. 62

    <ENCORE>

関連ライブレポート

twitter Facebok google+