LIVE REPORT

VANIRU ライヴレポート ライブレポート

VANIRU ライヴレポート

【VANIRU ライヴレポート】 『COSMIC ROMANCY』 2017年12月29日 at 表参道WALL&WALL

2017年12月29日@表参道WALL&WALL

撮影:Zuhn Choi/取材:池田スカオ和宏

2018.01.09

VANIRUが2017年12月29日に表参道WALL&WALLにてワンマンライヴを行なった。以前、楽曲のリアレンジも手がけたGARIのYOW-ROWをサウンドプロデューサーに迎え敢行した、この日。双者の融合や化学変化、クラブ仕様の会場ならではの特別性も手伝い、VANIRUの新発信と新解釈、フレキシブルさも含め、今後の方向性や可能性を多分にうかがえた一夜であった。

サウンドプロデューサーのYOW-ROWのLEONEILへの新解釈と、新たな扉が開かれたVANIRUへの多大な可能性を確信した本公演。フロアーではKO KIMURAのDJが高揚感を煽り、ピークが作り出されていく。突如、ふたりが登場。YOW-ROWはラップトップ・スタイルだ。ユーロビートの入った低く妖艶な歌が印象的な「LOVE AGAIN」を皮切りに、高揚感あふれるダンサブルな楽曲の連射から入った、この日。そこを抜けると、ミディアムテンポを中心に、悪の華を狂い咲かせた「月詠ミ」、凪のような穏やかさと大らかさを持って伝えられた「Dreaming Crystal」が会場各人の歌物語を広げていく。

近未来的なダブステなインスト「COSMIC ROMANCY」(新曲)を折り返しに、後半もダークサイケさとドライブ感あふれる「Cosmic Night」(英語詞Ver.)、ニューウェイブディスコ「Harlequin」を始め、会場を曲ごとにここではない何処かへと誘った彼ら。LEONEILがこの日のコラボの刹那と今後をうかがわせたMCを伝え、よりEDM化したふたりの出会いの曲「ISOLΛTION」が本編を締めた。そして、アンコールではKO KIMURAとの共演も実現。「Merry Christmas Mr.Lawrence」のダブステバージョンに乗せ呪術性と感情を込めて歌う場面では、神秘的な空間の広がりを見た。よりミッドとローを強調したサウンドメイクとメリハリやピーク感を重視したサウンドビルド。また、トラックのみならず歌やコーラス面、歌ネタでも自身の解釈を交えたYOW-ROWと、そこへの順応ぶりや果てしない表現の可能性を感じさせてくれたLEONEIL。次はVANIRU名義の作品でのふたりの共演も見てみたくなった一夜でもあった。

撮影:Zuhn Choi/取材:池田スカオ和宏

VANIRU

ヴァニル:天性の妖艶、近年稀なるカリスマ性を放つLEONEIL、エッジィなポップセンスを持つYUTO。洗練されたエレクトロ・サウンドに、ニューウェイヴ、ポストパンク、インダストリアル、ゴス...時代を超え、さまざまな要素の絡み合う“神秘的ダンスロック”を発信。彼らが世界に問いかける精神宇宙は、ミステリアスなビジュアルとは対照的に生々しく魂を揺さぶる。テーマは、エロス、生死観、華美・陰影なるロマンス。心の深淵から湧き出る美と毒を、まるで魔導師のように操り、幻想的でドラマチックな“VANIRU FANTASY”へ人々を吸い込む。ドイツで結成され、EU各地でのフェスに突如出現、崇拝者を増やし続けている。

SET LIST 曲名をクリックすると歌詞が表示されます。試聴はライブ音源ではありません。

  1. 1

    1.LOVE AGAIN

  2. 2

    2.DEAD OR DANCE

  3. 3

    3.L’Abime

  4. 4

    4.月詠ミ

  5. 5

    5.Who am I, Picture of Ghost...

  6. 6

    6.柘榴

  7. 7

    7.Dreaming Crystal

  8. 8

    8.COSMIC ROMANCY

  9. 9

    9.Cosmic Night

  10. 10

    10.Harlequin

  11. 11

    11.Memory of Mayfly

  12. 12

    12.JUST YOUR DREAM

  13. 13

    13.ISOLΛTION

  14. 14

    <ENCORE>

  15. 15

    Forbidden colours

関連ライブレポート

twitter Facebok google+