青葉市子作曲の歌詞一覧リスト  21曲中 1-21曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
21曲中 1-21曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
テリフリアメ青葉市子青葉市子青葉市子青葉市子殻を破るとそこは みたことない景色 ことばもいらない いまは テリフリアメに 抱かれて眩暈 光が影を産み 色解きの風が道をあけ 天使がとおる 透きとおる翅と 乾いた踵 伸びたままの髪で手繰り寄せる 走馬燈 身籠りませ
月の丘青葉市子青葉市子青葉市子青葉市子呼ばれた人は たやすく登れてしまう 月の丘 あの子はまだ わたしたち 幾つも約束をしたまま  嵐の夜に吹く風 頬は濡れて 涙雨 あの子のeyes 永遠に逆らいながら 生きてきたの  空をさいて 輝く影 星に誓い 消えてゆく 微笑みは 丸い月になって 丘に潜んだの
みなしごの雨青葉市子青葉市子青葉市子青葉市子星屑のさざ波が 孤児たちを濡らしてく 雪が夜に積もるのと 涙が瞳に落ちるのと 同じ音色がこだまして  人々の祭壇に テトラポッドの雨が降る 祈る掌に砕け 見上げた空に舞い上がる ひかり 七色の銃弾  窓の外には もう逢えぬ人 下を向けば 渡り鳥の群れ
誰かの世界青葉市子青葉市子青葉市子青葉市子鳴り止まない罵声 白いお城には 似合わない 放たれた炎の矢は 誰に向けて 投げられたの  見渡せば 仮面だらけ 誰一人素顔見せないで 静まるなら 悲しい雨を降らして  取り残された 楽園は 真っ暗闇で 舞踏会 誰にも気づかれないように 誰にも見つからないように  見渡せば 花園 目を閉じたはずなのに 見知らぬ人と 夢を語ってる  消えちゃう前に この世界を変えたい どうにか ちっぽけな手で  消えちゃう前に この世界を変えたい どうにか ちっぽけな魔法で ちっぽけな魔法で
卯月の朧唄青葉市子青葉市子青葉市子青葉市子蝶蝶耳で羽羽たくほど 鱗粉は鼓膜に抱き 唄は朧げになってゆくばかり  卯月の微睡みと 海に溺れやう
水辺の妖精青葉市子青葉市子青葉市子青葉市子僕の森の水辺に 妖精が棲んでいた 愛を欲しがる草木に 花の蜜を運んだ  やがて時は過ぎ 咲きみだれては散り いくつもの迷いが 僕を大人にした  僕が歩き始めたら 悲しみばかりが増えた  やがて時は過ぎ 迷い歩き眠り いくつもの手のひらが 僕をみちびいてくれた  僕が言葉を覚えたら 誰もが皆傷ついた 水辺の妖精達は どこへ消えてしまったの  僕の森の水辺に 妖精が棲んでいた
妖精の手招き青葉市子青葉市子青葉市子青葉市子23℃の冷房から たくさんの妖精が でてきて 羽毛のあたりから 滴る汗を ころころ 丸めて もってった  静かに撓む 天井から たくさんの果実が 墜っこちて ひたいに 沈み込む 夢の続きを 分け合い 景色がにじむ  また逢いましょう わたしの幻 どんな魔法も効かない 煌めきをただ
海辺の葬列青葉市子青葉市子青葉市子青葉市子都会の歌は海に消えた 大きな龍が一飲みした 鳥たちがさかなをとって その海辺でつぎつぎに人は渇いた  眠りの前に目と目があった その爪で夢は天井に打ち付けた 小さなおうちの外で 嵐を泳ぐ音がする  たましいを売ったこの町の人は かつての花の園に揺らいで  風を歌った人は とりの羽毛にくるまり とおくへ運ばれた
ANGELNOIR青葉市子青葉市子青葉市子青葉市子detune.天使の輪 ドーナツに クリームソーダに溶ける 恋占い 天気予報 どれにしようかな  かがみのなかの螺旋階段 アイシング浴びて 夢の中 パステルの世界  ほんとうは ほんとうが ほんとうかわからないよ ハートにひびく温度だけ わたしのみちしるべ  天使の輪 ドーナツに 万華鏡にうつる 星占い 花言葉 誰か呼んでいるの  とりとめないオトメゴコロ 着せ替えして 夢の中 ビビッドな世界  ほんとうは ほんとうが ほんとうかわからないよ ハートにひびく温度なら わたしのみちしるべ
ゆさぎ青葉市子青葉市子青葉市子青葉市子貴方は知っているか この厚い雲の上には 満天の星空と双子座が 温かい闇を泳いでいること  いつか同じ場所から 堕ちてきたのココロ うさぎの耳が孤独に触れ 柚子色の泪になった
マホロボシヤ青葉市子青葉市子青葉市子青葉市子マホロボシヤ 空に馳せる幻の鳥 マホロボシヤ 羽ばたかぬつばさよ 四方八方 光の塵は 再会を待ついつしかの声 ぷつりぷつり途切れた夢は 見上げた人々の憧れか 幻の答えは同じ 命駆ける しっ尾を引いて 雲海にたゆたう眠りびと 神のこころは砂糖菓子 ザラメを踏んで 足切った わた飴抱いて母泣いた こんぺいとうの星が降る らくがん色の恋をする  マホロボシヤ わたしをとおくに連れておゆき 見知らぬ 都市へ 墜としておゆき マホロボシヤ  背中に小さな羽根のひびき
おめでとうの唄青葉市子青葉市子青葉市子青葉市子おめでとう あなたが生まれた日 はじめまして たくさんの唄を呼び込んで どうか健やかな日々を どうか 夢あふれた日々を
うみてんぐ青葉市子青葉市子青葉市子青葉市子背中に小さな羽根が生えている 思い出しては忘れ 繰り返し 生きてしまう  雨粒がきらきら光って チョウチョが透ける 鱗粉のカーテン  記憶の風向きを見ている朝日 現れては消え 漂い 繰り返し 惑わせる  正しさを失いながら 危うさに救われてゆく 気怠い午後に目覚め 影のような人々に話しかける  ね 時間は何処に流れつくのだろう
太陽さん青葉市子青葉市子青葉市子青葉市子ひかりの速さで誘い出すいたづらな貴方 どこにいても きっと見つけて さしあげるわ こころを盗んだ フレアな 笑顔に このまま 焼き尽くされていたい  夜に怯えて うずくまる 夕暮れの貴方 顔を上げれば 新しい朝に抱かれなさい 見渡せばいちめん 日向葵 貴方の行く先を照らし続けているでしょう
神様のたくらみ青葉市子青葉市子青葉市子青葉市子かみさまがしんで せかいがこおりに つつまれたなら ぼくたちきっと ゆめから さめて たいようをさがすんだろう てさぐりで えいえんを無視して  小さな島で むかしはなしたひみつを 覚えているかい それは果実よりも ぼくたちを誘惑したの おかげで このありさまさ  風がなつかしく 海鳴りは 空気のように すぐそこまできている  からだがうごいて すこしたかく飛んで そこはすでに 空だよ  くらやみのなか 繋いだ手から なくしてきたもの みえるよ
鬼ヶ島青葉市子青葉市子青葉市子青葉市子幻の答えは いつも同じ 鬼ヶ島に授けた赤子 殺しにくる肌艶のよき貴方 神様の遊ぶ ヨーヨーの中で 私たち溺れよう 吊られ叩かれ揺れ  水辺に映る 黄色の目 真ん中に嘘つきの太陽 こぼれたあかり もらいもの 拾っては投げ 波紋がうたう 鬼ヶ島から 轟く声よ
いきのこり●ぼくら青葉市子青葉市子青葉市子青葉市子雨雲の灯りで瞳をつないで ようやく辿り着いた ここは大きな日本家屋  長いトンネルを抜けるまで 怖かったよね ほっとして 座り込んだ  ひどく汚れた 足の裏 怪我してるのか 少し痛いけど どれが僕の血なのか わからないね  大きな山の頂で 貴重な生命 身を寄せ合って あたたかな 温度を抱きしめながら  大きな山の麓には 死者の国 僕らを見上げては 光の玉届けて  ボストンバッグには 3日分の服とあの子の写真 今頃どこかで 泣いてるかもね それとも 笑ってるかもね  新しい亡骸を 峡谷へ落とす 鳥たちがすかさず啄んで 空高く 運んでく  毎日の風景 ずっとつづくね 慣れなきゃ  いきのこりぼくら
i am POD (0%)青葉市子青葉市子青葉市子青葉市子あなたの忘れたいもの ぜんぶ平らげよう  わたしをつれてどこか遠くへ 水の綺麗なところへ 光が墜ちるところへ つれてって  i am pod あなたの傍で i'm pod 記憶を食べて 壊れるまで 覚え続けていたいの  あなたの好きなもの えびぐらたん ケチャップの色 うみのじかん  ギターの穴に詰めたら 夜が踊るところへ つれてって  i am pod あなたが電池 i'm pod 暗闇の甘さを いつも鳴らせるように  i'm pod あなたの傍で i'm pod 記憶を食べて 壊れるまで 覚え続けて いたいの
Mars 2027青葉市子青葉市子青葉市子青葉市子ベンガラ色の岩石 夢うつつな あずき色の空 誰かが歩いたあと 嵐のあと 地球が青白く光ってみえる  相変わらずの太陽は ここでもまだひかりつづけてる 大気を覆う粉塵は いつの日にか 燃えた お金のよう 懐かしい  明星よ どう思うかい  風呂敷のお米は底をついて 流星を数えるのも飽きて 腐れない身体は返したい 還す星は永遠(とわ)の彼方だ
うたのけはい青葉市子青葉市子青葉市子青葉市子ひかりよりも明確な朝に 葬られる ぼくら はばたくハネを つかむ迷いは うたのしっぽを 裂いて 裂いて  昨日みた虹色の 景色より いま滴る 温度に 触れて いたいの  夢は透明な ためいきに溶けて 雑踏の中で ひときわ輝く てさぐり かきわける うたのけはいを たよりに
四月の支度青葉市子青葉市子青葉市子青葉市子風に吹かれて あなたの髪 忍び込むの  自転車から 切り取る 新しい 景色に くさりをかけるように  腰に添えた あたたかさも あなたになら 奪われてもいい  静かな町 定食屋の懐かしさよ  あなたの隣で生きている 夢の ように  いずれ揺らぐ危うさも 春の光に 甘く 溶けて ゆく
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Subtitle
  2. 可愛くてごめん feat. ちゅーたん(早見沙織)
  3. KICK BACK
  4. 明日への扉
  5. 第ゼロ感

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. 女のはじまり
  3. New Day
  4. アイデン貞貞メルトダウン
  5. 恋

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照